MENU

HONDA

検索

デザイン

Photo:CB1100 EX

CB1100 EX

空冷直列4 気筒1100。
ただ、風の中を走りたくなるエンジンがここにある。

一枚一枚が、深く、薄く研ぎ澄まされた精巧なフィン。バフがけしたシリンダーヘッドカバー。さらに、脈動を生み出す位相バルブタイミングや、快適さを高めるアシストスリッパークラッチなど、オートバイを知り尽くした技の妙。受け継がれるHonda空冷直4のスピリットが、饒舌に五感に訴える。そこから生み出されるのは、スロットルを1°開けるごとに表情を変える、味わい深い官能フィール。心のままに、風の中へ。このエンジンは、乗る者をおおらかに刺激する。

CB1100 RS

その脚まわりに、佇まいに。
走りを愉しむ、というスタイルを貫く。

空冷直列4気筒1100ccエンジンのポテンシャルを存分に引き出したくなるような、走りの愉しさを追い求めて。CB1100 RSはその足元にワイドな前後17インチタイヤを選び、アルミキャストホイールを組み合わせると共にディメンションも変更。さらに、2ピースボトムケースフロントフォーク、リザーバータンク付きリアダンパー、新設計アルミスイングアームを採用し、軽快な旋回フィールと応答性の高いハンドリングを獲得している。また、運動性能とのマッチングを図るためにローハンドルを採用し、ライディングポジションはより前傾とした。

CB1100 RS

RSの走りの世界をより愉しむために。
存在感を深めるカラーへのこだわり。

走りの愉しさを追い求めるというCB1100 RSの意思。それを、より深くスタイリングに刻み込んだ、新色のヘビーグレーメタリック-Uを追加設定。フューエルタンクには、シートワディングまで続くスポーティーなセンターストライプを、シート表皮にはモノトーンの車体に映えるブラウンを採用。さらにタンクエンブレム、サスペンション、クランクケースカバーやシリンダーヘッドカバーなど各部のパーツをブラックアウト。迫力あるローコントラストなイメージにまとめ、CB1100 RS独自の魅力をさらに高めている。

CB1100

CB1100という価値をつないでいくもの。

2010年。速さではなく、あくまで走りの味わいを価値として生まれたCB1100。造形の美しさにもこだわり、あえて空冷直列4気筒エンジンを採用、さらに作り手の意思をパーツひとつひとつにまで注ぎ込み、クオリティーに徹底してこだわった。また端正なスタイリングを受け継ぎながら、存在感あるデュアルマフラーを採用し空冷らしい排気サウンドをさらに追求。CB1100シリーズの誕生と進化という変遷の間で、その変わらない価値を伝え続けている。

  • 写真のナンバープレートは撮影のために用意したものです。※ 写真は一部合成によるものです。