MENU

HONDA

検索

デザイン

Photo:CB1100 EX

CB1100 EX

空冷直列4気筒1100。
ただ、風の中を走りたくなるエンジンがここにある。

一枚一枚が深く、薄く研ぎ澄まされた精巧なフィン。エンジンの存在感を強調する、間隔の取られたカム配置。バフがけされ、有機的な曲面が美しく輝くシリンダーヘッドカバー。それらすべてはエンジンそのものの美しさを追求した、空冷直列4気筒というHondaの受け継がれる意志に宿された。そしてそこから生み出されるのは、低速域から高速域まで幅広く楽しめるトルクフルなエンジンフィール。スロットルを1°開けるごとに表情を変える、味わい深い官能フィールは乗る者をおおらかに刺激する。

CB1100 RS

その脚まわりに、佇まいに。
走りを愉しむ、というスタイルを貫く。

空冷直列4気筒1100ccエンジンのポテンシャルを存分に引き出したくなるような、走りの愉しさを追い求めて。CB1100 RSはその足元にワイドな前後17インチタイヤを選び、アルミキャストホイールを組み合わせている。さらに、2ピースボトムケースフロントフォーク、リザーバータンク付きリアダンパー、アルミスイングアームを採用し、軽快な旋回フィールと応答性の高いハンドリングを獲得している。また、運動性能とのマッチングを図るためにローハンドルを採用し、ライディングポジションはより前傾とした。

CB1100

唯一無二の存在が放つ、重厚な輝き。

2010年。速さではなく、あくまで走りの味わいを価値として生まれたCB1100。造形の美しさにもこだわり、あえて空冷直列4気筒エンジンを採用、さらに作り手の意思をパーツひとつひとつにまで注ぎ込み、クオリティーに徹底してこだわった。また端正なスタイリングを受け継ぎながら、存在感あるデュアルマフラーを採用し空冷らしい排気サウンドをさらに追求。CB1100シリーズの誕生と進化という変遷の間で、その変わらない価値を伝え続けている。また新たに、ブラックを基調としたカラーリングにより、金属の素材感とのコントラストが、さらに印象的なスタイルへ。艶のある重厚な輝きが、乗る者の感性を刺激する。

  • 写真のナンバープレートは撮影のために用意したものです。