MENU

HONDA

検索

走行性能

エンジン

ゆとりある走りを生む、
空冷4ストローク
125ccエンジン。

いつでも気持ちよく走れる、快適な乗り心地を目指して。空冷4ストローク125ccエンジンの採用により、パワフルでゆとりある走りを追求。さらにエンジンノイズを低減し、静粛性も向上しました。
また、電子制御で理想的な燃料供給を行うPGM-FIを採用し、排出ガスを抑制して環境に配慮するとともに、燃料消費率69.0km/Lを実現しています。

*燃料消費率(60km/h定地燃費値)。
※燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。

PGM-FI(Programmed Fuel Injection System)

電子制御による燃料噴射装置。大気の状態やエンジン回転数などから、コンピューターが常に理想的な燃料の使い方をコントロール。燃料を最適な量とタイミングで供給し、効率良くエンジンのパフォーマンスを引き出します。

シフトチェンジ

静かでスムーズなシフト
フィーリングを追求。

ペダルを踏み込むだけで変速できるスーパーカブ独自の自動遠心クラッチ&4段リターン式変速。ドラムベアリングやシフトアームラバーの追加などによりスムーズなシフトフィーリングを実現し、変速の際の振動や音も軽減しました。

ブレーキ

安心感を高める
フロントディスクブレーキ。

ゆとりある走りに対し、高い制動力も追求。フロントにディスクブレーキを採用することで、走行時の安心感を生み出します。