MENU
HONDA
検索

round 04

June 16 2013 British Superbike Championship Knockhill 第4戦 ノックヒル

SCHEDULE

清成が両レースで3位
ロウズは第1レースで転倒、第2レースを4位でフィニッシュ

2013年6月16日(日)・決勝  会場:ノックヒル・サーキット  天候:曇りときどき晴れ  気温:17℃

英国スーパーバイク選手権(BSB)の第4戦が、6月14日(金)から16日(日)までの3日間、スコットランドのノックヒル・サーキット(2.04595km)で開催されました。エジンバラ近郊にあるノックヒル・サーキットは、アップダウンに富み、シンプルなコースレイアウトが特徴となっています。前戦オールトンパークから約1カ月半のインターバル。Samsung Hondaのアレックス・ロウズと清成龍一は、万全の状態で第4戦を迎えました。

  • 清成龍一清成龍一
  • 清成龍一清成龍一
  • 清成龍一清成龍一
  • アレックス・ロウズ(#22)、清成龍一(#23)アレックス・ロウズ(#22)、清成龍一(#23)
  • アレックス・ロウズアレックス・ロウズ
  • ダン・リンフットダン・リンフット
  • トミー・ブライドウェルトミー・ブライドウェル

PHOTO GALLERYへ

今季、好調なロウズは、開幕戦から3戦6レース連続で表彰台に立ち、前戦オールトンパークで総合首位に立ちました。開幕戦ブランズハッチでは2レース連続2位。第2戦スラックストンでは3位と2位。第3戦オールトンパークでは初優勝を達成して第2レースで3位。CBR1000RRのポテンシャルを存分に発揮してきました。前戦オールトンパークから約1カ月半、休養とトレーニングに努めてきたロウズは、初日から好調な走りをみせました。

今大会は26台が出場。ロウズは、金曜日のフリー走行では、1回目にトップタイムをマーク、2回目に2番手と好調を維持していました。2日目の予選は、不安定な天候の中で行われ、シェーン・バーン(カワサキ)、ジョシュ・ブルックス(スズキ)に続く僅差の3番手と、4戦連続でフロントローを獲得しました。

ロウズとは対象的に、開幕戦からやや調子の出ない清成は、このインターバルを利用して、日本で徹底的にトレーニングを行いました。開幕戦からエンジンブレーキのフィーリングなどに課題を抱えている清成は、CBR1000RRの状態をよくするために、チームスタッフと徹底的に話し合いを行い、問題点を洗い出すことにしました。

その結果、1回目のフリー走行では、ロウズに続いて2番手、2回目の走行でも6番手と、復活の兆しをみせていました。さらに、不安定なコンディションとなった2日目の予選では、大接戦の中で6番手。第2戦スラックストンで16位、第3戦オールトンパークで14位と低迷していましたが、今大会は、フリー走行、予選ともにトップグループの戦いに加わりました。

そして清成は、決勝でも上り調子をキープ。30周で行われた決勝第1レースでは、バーンとブルックスにはやや離されますが、快調にラップを刻んで3位でフィニッシュ。今季初めて表彰台を獲得しました。このレースで3番目のベストラップを刻んだ清成は、第2レースはフロントロー3番手から決勝レースに挑み、前半はバーン、ブルックス、そしてチームメートのロウズとともにトップグループを形成。後半になるとロウズとブルックスにややリードを広げられますが、清成はペースの上がらないロウズをパスして3位に浮上。2レース連続で表彰台獲得となりました。

総合首位で今大会を迎えたロウズは、第1レースはバーン、ブルックスとトップグループを形成しますが、痛恨の転倒でリタイア。第2レースもトップグループに加わりますが、セッティングの変更がうまくいかず4位に終わりました。

4戦を終えて総合首位はバーンで166点。第1レースの転倒リタイアが影響したロウズは、130点で3位にダウンしてしまい、次戦からの巻き返しに闘志を燃やしています。今大会、2レースで表彰台に立った清成は、12位から一気に7位に浮上しました。

その他のHonda勢は、ダン・リンフット(Lloyds British GBmoto Racing Honda)が第1レースで8位、第2レースで12位。ピーター・ヒックマン(Lloyds British GBmoto Racing Honda)が第1レース10位、第2レースで9位という結果でした。

コメント

清成龍一(3位/3位)「2レースともに表彰台を獲得できてとてもうれしいです。しかし、表彰台に立っただけでは喜んでいられませんし、次回は優勝を目指し、マシンの状態をよくしていきたいです。開幕戦から苦しんできたエンジンのフィーリングなど、少しだけ自分の望むものになってきました。しかし、まだまだの状態で、今回のレースのデータをしっかり分析して、次のレースにつなげたいと思います。今までは、なにが問題だったのかが分からないという厳しい状態でした。それから抜け出すことができましたし、スタッフも理解してくれました。次のレースでは、今季初優勝を目標にがんばります」

アレックス・ロウズ(リタイア/4位)「第1レースはいいペースで走れましたが、バーンやブルックスに比べると最終セクターで苦戦していました。第1レースの転倒は運がありませんでした。そのため、第2レースに向けて少しセッティングを変えましたが、それも思うようにいきませんでした。しかし、チャンピオンシップにおいてポイントを獲得することは重要です。特にこのサーキットは、過去に苦戦していた場所なので、表彰台に立てなくても、しっかりと4位でフィニッシュしました。ランキングが下がるのはうれしくありませんが、2レースで転倒するよりも、着実にポイントを稼ぐことにしました」

決勝

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
167S.バーンカワサキ3024:43.134
22J.ブルックススズキ30+1.069
323清成龍一Honda30+5.013
4303K.ファーマーカワサキ30+16.821
59C.ウォーカーカワサキ30+19.033
627J.ウェストモーランドBMW30+23.733
 
84ダン・リンフットHonda30+24.214
1060ピーター・ヒックマンHonda30+24.711
1146トミー・ブライドウェルHonda30+26.023
1211マイケル・ルターHonda30+32.797
1396ヤコブ・シュムルツHonda30+33.041
16127ロビン・ハームスHonda30+37.787
1820ジェニー・ティンマウスHonda29+1Lap
DNF22アレックス・ロウズHonda14+16Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
167S.バーンカワサキ3024:37.718
22J.ブルックススズキ30+0.814
323清成龍一Honda30+8.637
422アレックス・ロウズHonda30+12.723
59C.ウォーカーカワサキ30+15.620
627J.ウェストモーランドBMW30+19.802
 
960ピーター・ヒックマンHonda30+24.092
124ダン・リンフットHonda30+31.930
DNF127ロビン・ハームスHonda25+5Laps
DNF96ヤコブ・シュムルツHonda25+5Laps
DNF20ジェニー・ティンマウスHonda9+21Laps
DNF11マイケル・ルターHonda0-
DNF46トミー・ブライドウェルHonda0-

ポイントスタンディング

ライダー

順位 ライダー マシン ポイント
1S.バーンカワサキ166
2J.ブルックススズキ136
3アレックス・ロウズHonda130
4J.エリスンヤマハ80
5J.カーカムBMW76
6C.ウォーカーカワサキ65
 
7清成龍一Honda59
11ピーター・ヒックマンHonda41
12トミー・ブライドウェルHonda38
14ヤコブ・シュムルツHonda23
15マイケル・ルターHonda23
18ロビン・ハームスHonda13
19トリスタン・パーマーHonda13
20ダン・リンフットHonda12
26ジェニー・ティンマウスHonda0

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー ポイント
1カワサキ173
2Honda149
3スズキ136
4ヤマハ92
5BMW90
6ドゥカティ12
7アプリリア0