MENU
HONDA
検索

round 01

April 7 2013 British Superbike Championship Brands Hatch Indy 第1戦 ブランズハッチ

SCHEDULE

ロウズが両レースで2位。清成龍一は8位/4位で2年ぶりのBSB復帰戦を終える

2013年4月7日(日)・決勝  会場:ブランズハッチ・インディ・サーキット  天候:晴れ  気温:8℃
コースコンディション:ドライ

英国スーパーバイク選手権(BSB)第1戦の決勝が、4月7日、ブランズハッチのインディ・サーキット(ショートコース)で開催されました。今年のSamsung Hondaは、若手のアレックス・ロウズと、ベテランの清成龍一のコンビでシーズンを戦います。ロウズは昨年、プライベートチームのTeam WFRでBSB初優勝を達成するなど、大きな成長を遂げて総合4位の成績を残し、今年はSamsung Hondaに抜てきされました。過去3度のBSBタイトルを獲得している清成は、昨年アジアロードレース選手権にスイッチし、スーパースポーツ600ccクラスでチャンピオンを獲得。今季は2年ぶりにBSBに復帰しました。

  • アレックス・ロウズアレックス・ロウズ(左)
  • アレックス・ロウズアレックス・ロウズ
  • アレックス・ロウズアレックス・ロウズ
  • 清成龍一清成龍一
  • トミー・ブライドウェルトミー・ブライドウェル
  • ヤコブ・シュムルツヤコブ・シュムルツ
  • マイケル・ルターマイケル・ルター

PHOTO GALLERYへ

Samsung Hondaは、開幕に向けてチームの本拠地であるキャドウェルパーク・サーキット、ドニントンパーク・サーキットなどでテストを実施、開幕戦のブランズハッチに向けて準備を進めました。しかし、ウインターテストは天候に恵まれず、今年の開幕戦は、マシンのセットアップを続行しながらのシーズンインとなりました。

開幕戦の行われるブランズハッチ・インディ・サーキットは、一周1.944kmのショートコースで、パッシングポイントが少ないために予選グリッドがとても重要です。そのため、フリー走行から熱気あふれる走りとなりました。Hondaのオフィシャルチームに加入して気合満点のロウズは、フリー走行、予選ともに2番手。ディフェンディングチャンピオンのシェーン・バーン(カワサキ)に僅差で続きました。一方の清成は、2年ぶりのBSBということでセットアップに多くの時間を割き、予選は26台中7番手。スロースターターを自認する清成だけに、本番での巻き返しに注目が集まりました。

迎えた決勝レースは、ウインターテストとは対照的に好天の中で行われました。第1レースは、バーンが好スタートを切り、それに、ロウズ、ジョシュ・ブルックス(スズキ)が続きます。ロウズは、逃げるバーンを激しく追撃しましたが、1.376秒届かず、2位でフィニッシュしました。3位に入ったのはブルックスでした。

一方、2列目7番グリッドから決勝に挑んだ清成は、スタートに失敗。さらに、フロントローのジェームス・エリスン(ヤマハ)がスタートに失敗したのを避けるために大きく順位を落とし、オープニングラップ19番手と厳しいポジションとなりました。そこから猛列な追い上げをみせましたが、8番手まで順位を上げたところで多重クラッシュが発生し、30周の決勝レースは29周で赤旗中断となり、この時点の順位が最終結果となりました。清成の2年ぶりのBSB復帰戦は、悔しい8位となりました。その後、ほかのライダーのスタートを妨害したとして、エリスンにはライドスルーのペナルティーが科されました。

第2レースは、第1レースのスタートでミスをしたエリスン、第1レースで優勝のバーンがトップグループを形成し、この2人をロウズと清成が追いかける展開となりました。その後、エリスンとバーン、ロウズがトップグループを形成。レースは、好走をみせたエリスンが逃げきり、レース終盤にバーンがオーバーランしたところをロウズがかわして2位でフィニッシュ。思うようにペースを上げられず、トップグループから離された清成は、4位でフィニッシュしました。

この結果、開幕戦を終えた時点でのポイントランキングは、バーンが41点を獲得して総合首位。1点差の40点でロウズが2位。以下、ブルックス、エリスン、ジョン・カーカム(BMW)と続き、清成は21点で総合6位として開幕戦を終えました。

コメント

アレックス・ロウズ(2位/2位)「今回のラウンドでは、昨シーズンの安定したフォームをキープするのが目標でした。ですから、とても満足しています。第1レースではいいスタートができました。昨年はスタートに苦労していましたので、うれしいです。そのあとはいいペースを維持でき、バーンにしっかりついていきました。彼はいつもここではすばらしい走りをします。第2レースでも2位を獲得しました。2度表彰台に上がることができて、本当にうれしいです。始めは、これほどまでのいいペースは期待していませんでした。でも、一生懸命走りましたので、なるべく前にいきたいと思いました。最後にバーンがはらんだので、前に出ることができましたが、それでも表彰台に立ててうれしかったです。だからこそレースを続けたいです」

清成龍一(8位/4位)「今回の結果は少し残念です。テストの時間が足りなかったので、レースウイークに入っても、セッティングやパーツのテストにたくさんの時間を費やしました。決勝前のウォームアップセッションのタイムは、それほど悪くありませんでした。そのセッション中もいろいろ試していたので、それほどプッシュはしませんでした。第1レースはスタートに失敗してしまいました。昨年アジアロードレース選手権でスーパースポーツ600ccに参戦していましたが、そのあとスーパーバイクのスタート練習をしていなかったのが原因でした。でも、第2レースではいいスタートができました。グリップがもう少し欲しかったので、次のスラックストンに向けては、その点に取り組みたいです。今回はたくさんのことを得ましたので、次のレースに生かしたいです」

決勝

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
167S.バーンカワサキ2922:30.877
222アレックス・ロウズHonda29+1.376
32J.ブルックススズキ29+6.207
410J.カーカムBMW29+9.009
546トミー・ブライドウェルHonda29+9.326
6303K.ファーマーカワサキ29+13.351
 
823清成龍一Honda29+13.814
11127 ロビン・ハームスHonda29+21.341
1260ピーター・ヒックマンHonda29+23.538
1396ヤコブ・シュムルツHonda29+24.301
DNF4ダン・リンフットHonda29+13.281
DNF11マイケル・ルターHonda21+8Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
177J.エリスンヤマハ3023:07.409
222アレックス・ロウズHonda30+1.997
367S.バーンカワサキ30+5.904
423清成龍一Honda30+11.507
52J.ブルックススズキ30+15.974
610J.カーカムBMW30+21.280
 
11127ロビン・ハームスHonda30+31.555
1360ピーター・ヒックマンHonda30+32.352
1896ヤコブ・シュムルツHonda30+40.406
DNF46トミー・ブライドウェルHonda7+23Laps
DNF11マイケル・ルターHonda5+25Laps

ポイントスタンディング

ライダー

順位 ライダー マシン ポイント
1S.バーンカワサキ41
2アレックス・ロウズHonda40
3J.ブルックススズキ27
4J.エリスンヤマハ25
5J.カーカムBMW23
6清成龍一Honda21
 
9トミー・ブライドウェルHonda11
11ロビン・ハームスHonda10
14ピーター・ヒックマンHonda7
16ヤコブ・シュムルツHonda3
19ダン・リンフットHonda0
26マイケル・ルターHonda0

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー ポイント
1カワサキ41
2Honda40
3ヤマハ31
4スズキ27
5BMW23
6ドゥカティ3
7アプリリア0