MENU

HONDA

検索

Round01カタールカタール

2018年3月17日(土)~18日(日)

会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット

天候:17日/36.1ºC、18日/27ºC

路面温度:17日/34ºC、18日36ºC

湿度:17日/21%、18日/34%

コンディション:17日/ドライ、18日/ドライ

 

埜口がシーズン最初のレースで勝利
レース2ではオーストラリア人初のウイナーが誕生

埜口がアジとの一騎打ちを制す

イデミツ・アジア・タレント・カップの18年シーズンがついにその幕を開けました。カタールで行われた開幕戦を制したのはチャンピオン候補の一角である埜口でしたが、その勝利は決して簡単なものではありませんでした。レースでは、インドネシア人ライダーのマリオ・アジとし烈な一騎打ちを展開、最終的にわずか0.034秒の差での勝利となりました。

ポールポジションを獲得したのはアグン・ファクルールでしたが、ウォームアップ・ラップ中のトラブルにより、後方からのスタートを余儀なくされます。結果、フロントローでは埜口とアジによるトップ争いが展開されました。レースの中盤でアジがリードを奪うも、埜口は懸命にしがみついていきます。2人は後方を徐々に引き離し始め、レースは次第に先頭をひた走る2人のライダーによる一騎打ちの様相を呈していきます。その後方では、西村硝が表彰台を射程に入れて走行を続けていました。

ポジションを何度か入れ替えたあと、最終コーナーに先に突入したのは埜口でした。アジも負けじとアウト側からゴールを目指し、両者がなだれ込むようにしてフィニッシュラインを通過。ほとんど同着にも見えましたが、わずかな差で埜口が18年シーズン最初のレースを制しました。この結果により、ポイントランキングでもリードを築きます。

西村が3位表彰台を獲得、千田俊樹はインドネシア人ライダーのアデナンタ・プトラ、アフリザ・ムナンダルとの三つ巴の戦いから抜け出し、4位に入賞しました。オーストラリア人のルーキーライダーであるビル・ヴァン・エールデは、金曜日に大クラッシュを起こすも、予選ではセカンドローを獲得。後方からポジションをばん回してきたファクルールを下し、7位でチェッカーを受けました。

マレーシア人ライダーのダニエル・シャリルが9位、タイ人ライダーのタットチャコーン・ブアラシが10位となり、ここまでがトップ10フィニッシュ。開幕戦のレース2は、明日の12時50分に行われます。

 

見事な快走を見せたヴァン・エールデが初勝利

開幕戦カタール大会のレース2は、記念すべき日となりました。金曜日の大クラッシュから見事な復活を遂げたビル・ヴァン・エールデが、埜口遥希を下して、同クラスでオーストラリア人ライダーとしての初勝利を成し遂げたからです。今回もレース1と同じく激しい戦いが展開され、1位と2位がほとんど同着でのチェッカーに。埜口が2位に入り、連続での表彰台獲得、レース1からポジションを一つ上げた千田俊樹が3位表彰台となりました。

土曜日のレース1に比べ、レース2はより多くのライダーがフロントにひしめき合う混戦に。埜口とアジは今回も、先頭ポジションを奪い合う熱戦を展開しましたが、最終的にポジションを守りきったヴァン・エールデが初勝利となりました。最後の最後までライダーたちが激しくプッシュし合う、アジア・タレント・カップらしい展開となった今回のレース。最終ラップでは、ヴァン・エールデと埜口が後方とのギャップを築き、一騎打ちを展開。最終コーナーでは、ヴァン・エールデが先頭に立っていましたが、埜口も最後のストレートでスパートをかけ、背後に迫るも、最後はタッチの差でヴァン・エールデが勝利を決めました。

千田はインドネシア人ライダーのアジからポジションを守りきり、レース1に続いてトップ5フィニッシュを達成。5位にはアフリザ・ムナンダルが入りました。オーストラリア人ライダーのセナ・アギアスも好走を見せ、レース1で表彰台を獲得した西村を下し、6位に入賞しました。アグン・ファクルールは8位、タイ人ライダーのタットチャコーン・ブアラシが9位、マレーシア人ライダーのダニエル・シャリルが10位でフィニッシュとなりました。

イデミツ・アジア・タレント・カップの第2戦はスーパーバイク世界選手権との併催で、タイ・ブリーラムにて3月25日(日)に決勝レースが行われます。

コメント

アルベルト・プーチ タレント・プロモーション監督
「非常に面白いレース展開になりましたね。昨日のレース1と比べて、今日の方が多くのライダーがトップ集団に加わっていたので、その点はよかったと思います。アジア・タレント・カップ初のオーストラリア人ウイナーが誕生する瞬間を見られてうれしかったです。いいレースでした。埜口はおそらく、このカテゴリ内において最も経験豊富なライダーですが、昨日からラップタイムを伸ばしてきていたのはすばらしいですね。今日は多くのライダーがフロントで戦うのを見られてうれしかったです。次戦は、タイ・ブリーラムでの第2戦です」

リザルト

レース1

順位 No. ライダー タイム/差
19埜口遥希日本31'32.416
27マリオ・アジインドネシア+0.034
33西村硝日本+4.948
410千田俊樹日本+7.334
516アデナンタ・プトラインドネシア+7.377
64アフリザ・ムナンダルインドネシア+7.427
719ビル・ヴァン・エールデオーストラリア+7.456
822アグン・ファクルールインドネシア+7.600
921ダニエル・シャリルマレーシア+21.200
105タットチャコーン・ブアラシタイ+22.282
1123コップチャイ・セイリゥタイ+24.525
1220イブラヒム・パウィマレーシア+24.562
1312セナ・アギアスオーストラリア+26.370
1414山田尚樹日本+27.383
1518トロイ・アルバートフィリピン+40.228
162木内尚汰日本+40.302
1713ラッキー・ヘンドリアンシャーインドネシア+57.934

レース2

順位 No. ライダー タイム/差
119ビル・ヴァン・エールデオーストラリア31'28.461
29埜口遥希日本+0.013
310千田俊樹日本+1.282
47マリオ・アジインドネシア+1.579
54アフリザ・ムナンダルインドネシア+1.774
612セナ・アギアスオーストラリア+4.234
73西村硝日本+4.766
822アグン・ファクルールインドネシア+5.187
95タットチャコーン・ブアラシタイ+11.797
1021ダニエル・シャリルマレーシア+12.121
1123コップチャイ・セイリゥタイ+22.054
1216アデナンタ・プトラインドネシア+22.101
1320イブラヒム・パウィマレーシア+22.177
142木内尚汰日本+22.216
1517ニティポン・セインサワンタイ+24.189
NC13ラッキー・ヘンドリアンシャーインドネシア
NC15ベンジャミン・ベイカーオーストラリア
NC14山田尚樹日本
NC18トロイ・アルバートフィリピン

ポイントランキング

順位 No. ライダー 総合ポイント
19埜口遥希日本45
219ビル・ヴァン・エールデオーストラリア34
37マリオ・アジインドネシア33
410千田俊樹日本29
53西村硝日本25
64アフリザ・ムナンダルインドネシア21
722アグン・ファクルールインドネシア16
816アデナンタ・プトラインドネシア15
912セナ・アギアスオーストラリア13
105タットチャコーン・ブアラシタイ13
1121ダニエル・シャリルマレーシア13
1223コップチャイ・セイリゥタイ10
1320イブラヒム・パウィマレーシア7
142木内尚汰日本2
1514山田尚樹日本2
1618トロイ・アルバートフィリピン1
1717ニティポン・セインサワンタイ1
1813ラッキー・ヘンドリアンシャーインドネシア0

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース