MENU

HONDA

検索

Round04アメリカグレンデール

2020年1月25日(土)・決勝

会場 : ステートファーム・スタジアム

第4戦 グレンデール

トリプルクラウンでパーフェクトを達成したロクスンが今季2勝目

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSS/FIM世界選手権第4戦が、アリゾナ州フェニックス近郊のグレンデールにある、ステートファーム・スタジアムで行われました。天然芝のフットボールフィールドを出し入れする仕組みを備えたこの競技場には、レイアウトの際にフロア面積の広さを活かせるメリットがあり、今年もスタートから1コーナーまで100m以上あるストレートなど、長めのハイスピードコースが造成されていました。

おととしから採用されている「トリプルクラウン」という名の決勝3レース制が継続され、今季は第4戦グレンデール(フェニックス)、第8戦アーリントン(ダラス)、第16戦ラスベガスの3大会限定で実施されます。450SXクラスは12分+1周のスプリントが3レース行われますが、今大会ではケン・ロクスン(Team Honda HRC)が全勝し、パーフェクトで総合優勝を飾りました。

前戦終了時にポイントリーダーとなったロクスンは、今大会から赤地に白数字のレッドナンバープレートに換装されたCRF450Rで参戦。レース1では2周目にトップに立つと、イーライ・トーマック(カワサキ)の追撃を僅差で振り切り、ロクスンがウイナーとなりました。

レース2ではスタート直後のクラッシュ発生を受け、1周で赤旗が提示されました。ロクスンは2番手につけていましたが、再スタート後はホールショットを奪いトップに立ちました。追っ手はクーパー・ウェブ(KTM)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、トーマックと入れ替わりましたが、ロクスンは約6秒差で逃げきりチェッカーを受けました。

レース3でも2周目に赤旗中断があり、スタート8番手と出遅れたロクスンにとっては恵みのリスタートとなりました。ホールショットを取ったロクスンはウェブに対するリードを着々と広げ、序盤にして独走態勢を固めました。後半になるとジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が2番手に上がりましたが、ロクスンは大差を保ったままフィニッシュ。スプリント3本を完全制覇したロクスンが、今大会の「トリプルクラウン」総合ウイナーとなりました。

僚友のジャスティン・ブレイトン(Team Honda HRC)は、3レースとも後方から追い上げる走りをみせました。7位/7位/9位でチェッカーを受け、オーバーオール6位に入賞。今シーズンのベストリザルトを更新しています。

今大会は2度の赤旗提示により、スタートが5回実施されましたが、ロクスンはそのうち4回成功しています。ブレイトンにとってはスタートダッシュがそろわないラウンドとなりましたが、練習とセッティングの煮詰めによって改善されるはずです。

コメント

ケン・ロクスン(1位/1位/1位 総合1位)
ケン・ロクスン 「決勝3レースを完全制覇できるとは、とても信じられません。まさに我々が目指してきた目標であり、チームとメカニックの間には毎レースに向けた努力と不変の段取りがありました。特にスターティングゲートが倒れる瞬間には、常に最大限のコンセントレーションを注ぎ込んでいます。スタートで前に出て優位に立つことは、のちのレース運びを楽にするためのカギですから。レース1ではイーライ・トーマックと激しいバトルになりましたが、最終的に振りきることができたので、うれしくて興奮しました。レース2では悪くないスタートを切れたのですが、残念ながらレッドフラッグにより再スタートとなりました。そこではホールショットから独走することができました。レース3ではスタートがあまりうまく決まらず、トーマックと8番手付近の争いをしていたのですが、またしてもレッドフラッグが振られて、再スタートではホールショットを取って圧勝できました。とてもいい大会でしたし、チームがマシンセッティングを向上させてくれたことに非常に満足しています。我々の作業はとても順調なので、チームの意気も上がっています。私は今とても興奮していますが、喜ぶのはせいぜい今日明日あたりにとどめ、また練習に100%集中していきたいと思います」

ジャスティン・ブレイトン(7位/7位/9位 総合6位)
ジャスティン・ブレイトン 「今夜はまずまずでしたが、どういう訳かスタート失敗を繰り返しました。3レースとも序盤から後方集団に飲み込まれ、そこから這い上がるというパターンでした。自分のラップタイムに表れているように、トップ5に入れるスピードがあったのにスタートで出遅れたのが少々残念です。とはいえ、(総合)6位になれたことを恥じる必要はありません。チームスタッフの努力がうまく噛み合って、ケニー(ロクスン)の優勝につながっていますし、とてもすばらしい夜でした。各々がいい仕事をしていますし、自分も毎週向上しています。この勢いを保って、来週は5位をゲットしたいと思います」

エリック・キーホー(Team Honda HRC監督)
「非常に内容の濃い一夜でした。ケニーは安定感のある好スタートを連発していましたが、相当な自信をつけたことでしょう。思い通りのレース運びができるほど、乗りに乗っています。ブレイトンにも収穫がありました。走り自体はいいので、もう少し好スタートをそろえて上位につけることができれば、自信になるはずです。彼もその点は把握しています」

450SX リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン タイム/差
194ケン・ロクスンHonda13'06.669
23E.トーマックカワサキ+01.975
39A.シアンサルーロカワサキ+05.624
427マルコム・スチュワートHonda+09.787
521J.アンダーソンハスクバーナ+11.680
651J.バーシアヤマハ+12.569
710ジャスティン・ブレイトンHonda+25.632
         
946ジャスティン・ヒルHonda+29.913
1364ビンス・フリージーHonda+36.441
1749クリス・ブローズHonda+50.281
1822チャド・リードHonda+53.642
2167ジェリー・ロビンHonda +1Lap

レース2

順位 No. ライダー マシン タイム/差
194ケン・ロクスンHonda 13'10.314
23E.トーマックカワサキ+06.865
321J.アンダーソンハスクバーナ+10.846
44B.バゲットKTM+13.319
51C.ウェブKTM+15.007
69A.シアンサルーロカワサキ+15.729
710ジャスティン・ブレイトンHonda+17.013
         
1264ビンス・フリージーHonda+32.343
1346ジャスティン・ヒルHonda+33.360
1427マルコム・スチュワートHonda+39.735
1749クリス・ブローズHonda+51.764
1922チャド・リードHonda+56.203
2167ジェリー・ロビンHonda +1Lap

レース3

順位 No. ライダー マシン タイム/差
194ケン・ロクスンHonda 13'15.064
221J.アンダーソンハスクバーナ+05.699
33E.トーマックカワサキ+07.410
41C.ウェブKTM+08.515
537M.ダバロスKTM+08.873
627マルコム・スチュワートHonda+10.388
         
910ジャスティン・ブレイトンHonda+19.023
1046ジャスティン・ヒルHonda+25.652
1264ビンス・フリージーHonda+38.925
1849クリス・ブローズHonda DNF
1922チャド・リードHondaDNF
2067ジェリー・ロビンHondaDNF

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
194ケン・ロクスンHonda92
23E.トーマックカワサキ84
351J.バーシアヤマハ81
421J.アンダーソンハスクバーナ78
51C.ウェブKTM72
69A.シアンサルーロカワサキ71
710ジャスティン・ブレイトンHonda63
827マルコム・スチュワートHonda62
         
1246ジャスティン・ヒルHonda46
1364ビンス・フリージーHonda43
1849クリス・ブローズHonda18
1922チャド・リードHonda15
2767ジェリー・ロビンHonda1

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2020 第4戦 グレンデール 決勝

ニュース