MENU

HONDA

検索

Round17アメリカラスベガス

2019年5月4日(土)・決勝

会場 : Sam Boyd Stadium

第17戦 ラスベガス

ロクスン4位、シーリー6位でチェッカー。
総合順位はロクスン4位、シーリー7位でシーズンを終える

FIM AMAスーパークロス世界選手権第17戦が、ラスベガスで開催されました。今シーズンは開幕当初の豪雨、中盤戦の低気温など、異常気象に襲われる大会が多くありましたが、最終戦は好天に恵まれました。ラスベガス郊外にあるサム・ボイド・スタジアムは、日中30℃を超える暑さとなり、パドックにはミストを噴霧する設備が必要となるほどでした。

当地では狭いインフィールド内にとどまらず、スコアボードの外側までコースを延長したレイアウトが特徴となっていますが、今年はラップタイムが1分前後に設定されました。正午過ぎから行われたプラクティスでは、ケン・ロクスン(Team Honda HRC)が58秒992で3番手、チームメートのコール・シーリーが1分00秒173で11番手につけていました。

メインレースは、ロクスンがオープニングラップ7番手、シーリーが11番手でスタートしました。序盤から果敢に攻めるロクスンは、6周目に4番手まで浮上。前を行くイーライ・トーマック(カワサキ)、マービン・ムスキャン(KTM)、クーパー・ウェブ(KTM)を追いました。ポイントリーダーのウェブに対しては、常に1秒ほどの差でチャンスをうかがっていましたが、最後まで攻略には至らず、ロクスンは4位でフィニッシュ。一方シーリーは、終盤になってブレイク・バゲット(KTM)とデッドヒートを演じ、ラスト3周で6位のポジションを確保。そのままチェッカーを受けました。

今大会で17戦の全日程を終了し、ロクスンがシリーズランキング4位、シーリーは7位を得ています。当地でのプレスカンファレンスで発表された通り、ロクスンはTeam Honda HRCとの契約を3年延長しています。

なお、併催された250SXクラスのイースト&ウエスト・ショーダウンでは、チェイス・セクストン(Geico Honda)が4位(イースト地区最上位)でフィニッシュした結果、シリーズチャンピオンに輝きました。

コメント

ケン・ロクスン(4位)
ケン・ロクスン「今夜の成り行きにはとても満足しています。セッティングを変えて臨んだヒートレースで少々もたつきましたが、メインレースでは元のセッティングに戻したので、うまくいきました。スタートがまだ完ぺきではありませんが、素早いパッシングをして4位をゲットしました。最初から最後まで乗れていました。今シーズンはレース後半にペースが乱れる問題がありましたが、今日はそのようなことはありませんでした。本当の原因はなんだったのか、今でも分かっていないのですが、以前よりも気分よく走れたような気がします。スーパークロスのシーズンを振り返ってみると、あちこちでいいスピードとライディングを見せることができましたし、最も重要なのは負傷せずに17戦を全うできたことだと思っています。あと足りないのは優勝だけですが、1勝すればすべてが好転するはずです。スーパークロスのシーズンを終えた今、アウトドアモトクロス(AMAモトクロス全米選手権)の開幕を楽しみにしています」

コール・シーリー(6位)
コール・シーリー、ケン・ロクスン「ラスベガスではすべてが順調でした。プラクティスはベストとは言えませんが、悪くないタイムでした。ラスベガスではいつもコースを攻略するのに時間がかかり、あまりいいタイムを出せないことが多いので、こんなものだろうということは自覚していました。ヒートレースでは好調でした。序盤から2番手を走行し、3位でフィニッシュした自分の走りに満足しています。メインレースではスタートさえ決まれば、好成績でシーズンを締めくくれる自信があったのですが、残念ながらスタートで10番手以降になってしまいました。それでも走り自体は流れがよかったので、このままペースを維持すればポジションをばん回できそうな感触がありました。後方から抜きまくるときに全精力を注ぎ込み、いつもより長くハイペースを保つことができたので、自分の走りと6位という結果に満足しています」

エリック・キーホー(Team Honda HRC監督)
「メインレースではスタートの出遅れが響きました。ケンもコールもゲートからの飛び出しがベストではなかったので、そのあたりが我々の課題だと認識しています。スタートで前に出られなければ、トップ争いやポディウム争いに加わることは困難です。しかしながら、彼らの走りにはずっと激しさがありましたし、最後に先細りすることもありませんでした。今シーズンはアップダウンの繰り返しでしたが、最後までケガもなく乗りきれたことに安堵しています」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
13E.トーマックカワサキ21'51.788
225M.ムスキャンKTM+12.061
32C.ウェブKTM+17.466
494ケン・ロクスンHonda+18.216
516Z.オズボーンハスクバーナ+29.872
614コール・シーリーHonda+42.680
1110ジャスティン・ブレイトンHonda+1Lap
1241ベン・ラメイHonda+1Lap
17805カーレン・ガードナーHonda+2Laps
2199オースティン・ポリテッリHonda+7Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
12C.ウェブKTM379
23E.トーマックカワサキ361
325M.ムスキャンKTM350
494ケン・ロクスンHonda319
54B.バゲットKTM290
615D.ウィルソンハスクバーナ223
714コール・シーリーHonda211
1010ジャスティン・ブレイトンHonda163
1841ベン・ラメイHonda113
2042ビンス・フリージーHonda65
21805カーレン・ガードナーHonda53
25800マイク・アレッシHonda37
2899オースティン・ポリテッリHonda24
3027マルコム・スチュワートHonda17
3863ジョン・ショートHonda6
42941アンジェロ・ペレグリーニHonda4
47412ジャレド・レッシャーHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2019 第17戦 ラスベガス 決勝

ニュース