MENU

HONDA

検索

Round01アメリカアナハイム 1

2018.01.06(土)・決勝

会場:Angel Stadium

ロクスンが1年ぶりにカムバックを果たし4位
シーリーは6位に入賞

Monster Energy AMA Supercross/FIM世界選手権が、例年通りカリフォルニア州のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで開幕しました。近年はレース方式などが徐々に見直されてきましたが、今シーズンからは大きな改革がいくつか実施されます。付与されるポイントの変更、セミファイナルの廃止、決勝3レース制の導入(第3戦アナハイム、第9戦アトランタ、第14戦ミネアポリスのみ)などです。

今シーズンのTeam Honda HRCは昨年同様、ケン・ロクスン、コール・シーリーの2名体制で、CRF450RをベースにしたAMA仕様のワークスマシンを走らせます。また開幕から第3戦までは、GEICO Hondaのジェレミー・マーティンが450SXクラスにスポット参戦。第7戦アーリントン(250SXイースト開幕戦)からは、フルモデルチェンジしたCRF250Rで出場する予定です。

ロクスンは昨シーズン、ニューモデルのCRF450Rで開幕2連勝を飾り、センセーションを巻き起こしましたが、第3戦アナハイムで左腕を負傷して以来、手術とリハビリに専念してきました。今大会はほぼ1年ぶりのカムバックということもあり、最も注目されるライダーの一人となりました。

昼過ぎから行われた計時予選では、52秒406を記録したロクスンがポールポジションを獲得。長い間実戦から遠ざかっていたライダーとは思えないタイムアタックで、スタジアムを沸かせました。

メインレースではスタートに失敗し、12番手からばん回を開始したロクスンでしたが、9周目にはシーリーをかわして5番手を確保。終盤にはウェストン・パイク(スズキ)を攻略し、ポディウム登壇の可能性も見えてきましたが、堅実に4位フィニッシュで復帰戦をまとめました。

シーリーはスタート7番手から、ロクスンを相手に接戦を繰り広げました。序盤はロクスンが転倒寸前のミスをするなど、シーリーの方が優勢でしたが、先行されてからは6番手に定着。ジャスティン・ブレイトン(Smartop Motoconcepts Honda)の追撃を振り切り、シーリーは6位でチェッカーを受けました。

コメント

ケン・ロクスン(4位)ケン・ロクスン
「おとといの記者会見では、『リザルトにこだわりはなく、優勝でも3位でも5位でもいいから、とにかく走りきれたらうれしい』とコメントしたんですが、実際にレースを終えたら全然違いました。やっぱり勝ちたかったし、中盤にミスをするまでは上位争いに接近するほどのスピードがありました。失速したのはスクラブしたときにブーツを地面に引きずったためで、あわや転倒というミスでした。ちょっと硬くなっていたので、なんとかリラックスして抜け出したかったんですが、終盤になると考えが変わりました。ここで無理をしてシーズンを棒に振るようなことがあってはならないと…。そう考えれば考えるほど、4位は悪くないと思えるようになりました。もっと下位で終わることだってあり得たわけですからね。でも、あのミスがなければ、表彰台に立つことができただろうと思っています。やはり久しぶりの実戦で、大勢のライダーと走ることに緊張していました。ヒートでもメインでも、クラッチのつなぎ方が雑になり、スタートを失敗してしまいました。出遅れて中団グループに飲み込まれたので、ずいぶん慌てました。スタートが決まればもっと好成績だったはずですが、とにかく負傷からカムバックできて、レースを続けられることがなによりです」

コール・シーリー(6位)コール・シーリー
「アナハイム1のコメントとしてはワンパターンなんですが、とにかく開幕戦が終わってホッとしています。やっぱり緊張すると実力をすべて発揮することはできないし、自分の乗り方に夢中になることもできませんでした。今回は土質が良好で、石が少なかったおかげか、フープスなども思ったほどかたちが崩れなくてよかったと思います。それからスターティングゲートのメタルプラットフォームも、歓迎すべき変更点でした。ゲートの手前が土ではなく金網なので、公平が保たれることは確かなのですが、ゲートを越えた先の土は掘れ方がひどかった。多分、従来とはホイールスピンが違うのか、なにか理由があるのでしょうね。マシンの感触もよかったんですが、自分が硬くなってしまったようです。周りのライダーに自分のペースを押し付けてしまったようなところがあるので、ちょっとがっかりしています。でも、これはさっきも言ったように、緊張に満ちた開幕戦ですし、すべてを受け入れて学習しながら次戦に臨むつもりです」

エリック・キーホー | Team Honda HRC監督
「開幕戦を無事に乗り切ることができて、非常に満足しています。2人とも負傷などなく、堅実なリザルトを残してくれました。開幕戦はだれにとってもなにが起こるか分からず、不安を抱えながら臨むものです。特に、負傷による長期欠場から復帰したケンの場合、そういうハンディがあったはずですが、とても印象的な走りをしてくれました。4位という成績は、さらに向上する余地を残しつつ、今後のレースに対して自信を与えてくれることでしょう。コールにはいくつか課題が見つかりました。彼のフィジカルコンディションは、昨年と違うレベルにあります。そのため、パワフルなスピードがあるのですが、それでもレース中盤から終盤にかけて、もう少しアグレッシブになってほしいと思います」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
125M.ムスキャンKTM21'20.367
221J.アンダーソンハスクバーナ+02.579
351J.バーシアヤマハ+04.629
494ケン・ロクスンHonda+12.826
534W.パイクスズキ+15.694
614コール・シーリーHonda+18.772
710ジャスティン・ブレイトンHonda+26.580
 
116ジェレミー・マーティンHonda+31.199
1355ビンス・フリージーHonda+55.230
17907ベン・ラメイHonda+1Lap
21722アダム・エンティクナップHonda+2Laps

ポイントランキング

ライダー

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1M.ムスキャンKTM 26
2J.アンダーソンハスクバーナ 23
3J.バーシアヤマハ 21
4ケン・ロクスンHonda 19
5W.パイクスズキ 18
6コール・シーリーHonda 17
7ジャスティン・ブレイトンHonda 16
 
11ジェレミー・マーティンHonda 12
13ビンス・フリージーHonda 10
17ベン・ラメイHonda 6
21アダム・エンティクナップHonda 2

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2018 開幕戦 アナハイム 1 決勝

ニュース