MENU

HONDA

検索

CRF450R

2002年に導入されて以来、CRF450RシリーズはすばらしいレーシングマシンとしてのDNAを引き継いできました。最適なパワーとマスの集中化によってコンセプトである「アブソルートホールショット」を体現するマシンとなりました。2018年は軽量リチウム電池を搭載しセルフスターターを標準装備とし、キックスターターを廃止して軽量化を追求しています。また、シャシー感と全体的なアクションの改善を目的とした最新のサスペンション設定と、より使いやすい電力供給のための新しいECU設定も含まれています。

スペック

モデル CRF450R
エンジンタイプ 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
内径×行程(mm) 96.0 x 62.1
圧縮比 13.5
ユニカムバルブトレイン ユニカムOHC 4バルブ吸気側10mm、排気側8.8mm
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置PGM-FI(スロットルボアφ46mm)
点火装置形式 DC-CDI式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
ファイナルドライブ #520チェーン;13T/49T
フロントサスペンション テレスコピック式(倒立サス)クッションストローク268mm
リアサスペンション スイングアーム式(プロリンク)アクスルトラベル314mm
フロントブレーキ 260mm油圧式ディスク
リアブレーキ 240mm油圧式ディスク
フロントタイヤ 80/100-21 51M
リアタイヤ 120/80-19 63M
軸距(mm) 1,482
キャスター角(度) 27°22′
トレール量(mm) 116.0
シート高(mm) 960
最低地上高(mm) 328
燃料タンク容量(L) 6.3
車体色 エクストリームレッド
車両重量(kg) 110

CRF450R

CRF450R

CRF450R

ライダー・マシン一覧へ

ニュース