MENU
HONDA
検索

ROUND 16

アメリカニュージャージー MetLife Stadium 2017.04.29(土)・決勝

第16戦 ニュージャージー

復帰したシーリーがセミファイナルでトップフィニッシュ
メインレースではDNF

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSS第16戦が開催される、ニュージャージー州イーストラザフォードは、Hondaが高い勝率を誇るラウンドの一つです。そのウイニングヒストリーの内訳は、8戦中6勝(リック・ジョンソン2勝、ジェフ・スタントン2勝、ジャン・ミシェル・バイル1勝、イーライ・トーマック1勝)。ニューヨークから程近いこの会場は、コール・シーリー(Team Honda HRC)にとっても相性がよく、2年連続(2015、2016)で3位のポディウムに登壇しています。

前戦ソルトレイクシティでは、大腿内転筋の肉離れを癒やすために出走を見合わせ、代役のクリスチャン・クレイグ(Geico Honda)にCRF450Rを委ねたシーリーでしたが、今大会はカムバックが実現しました。

メットライフ・スタジアムはオープンエアの競技場なので、前夜の雨でソフトな路面になりましたが、フリープラクティスがキャンセルされたにもかかわらず、シーリーはタイムアタックで52秒313を記録し、6番手につけました(1番手=51秒687)。セミファイナルではトップでチェッカーを受け、決勝への期待が高まる走りを披露しました。

メインレースでは、スタート12番手と出遅れましたが、シーリーはワダチの多い路面に対する適性を発揮し、ポジションを上げていきました。13周目には6番手までばん回し、さらに上位進出を狙っていたシーリーですが、17周目を走行中に負傷していた左脚の付け根を再び痛め、DNFとなりました。なお、Hondaサポートチームのジャスティン・ブレイトンが、今季ベストリザルトである6位に入賞を果たしました。

次週はシリーズ最終戦ですが、シーリーはポイントランキング5位を保っています。

コメント

コール・シーリー(21位)
コール・シーリー 「今日の自分の走りに対して、フラストレーションを感じています。ケガをするまでの走りに対してもそうです。そしてまたしても同じところを痛めて、元の状況に戻ってしまったことが、残念でなりません。メインレースではスタートに失敗した上、あまり乗れている感触がなかったにもかかわらず、なんとか6番手までばん回しました。そこから先はもっと速いラインを探さないといけないと考え、ジャンプが連続するリズムセクションの最後で、山を3個まとめてクリアする飛び方を試みたんです。ところがそこで失敗して、飛距離が足らずに山の頂点に着地した際に、足がフットペグから外れてしまい、マシンに乗って踏ん張ることができませんでした。最初にセントルイスでケガをしたときと同じような状況です。左脚の付け根ですが、痛めたところが飛び出していないので、肉離れの再発ではなさそうです。そんなに重傷でなかったらいいなと思います」

ダン・ベトリー|Team Honda HRC監督
「今日のコースはとても難しいコンディションでしたが、スタートに失敗したことを踏まえれば、コールはとても乗れていました。ただ、ケガのことを思うと、本当に残念です。今は彼のケガが悪化しないことを祈るばかりです。マシンに乗り始めるまで、日々ケガの状況を見極めながら待たなければなりません」

リッチ・シモンズ|コール・シーリー担当メカニック
「今日のコールの走りを振り返ってみると、いい瞬間がかなりありました。ヒートレースとセミファイナルでは少々おとなしかったものの、バトルしていたことは確かでした。メインレースではスタートに失敗しましたが、その割には非常に乗れていました。ジャスティン・バーシアを抜いたときなどは、ラップタイムが54秒台まで速くなっていましたし、悪くないペースでした。残念ながら、彼自身が好感触を得ていなかったのと、ピットサインが見づらかったせいで、走りが向上していることを客観的にも判断できなかったんです。次戦ラスベガスに出場できればいいのですが、コールにはハングタウン(サクラメント・5月20日・AMAナショナルモトクロス開幕戦)に向けたテストも控えています。コールはあまりテストができていないので、アンドリュー・ショートが代行して進めています」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
11R.ダンジーKTM21'43.529
225M.ムスキャンKTM+01.633
321J.アンダーソンハスクバーナ+16.288
418D.ミルサップスKTM+20.154
54B.バゲットKTM+22.832
610ジャスティン・ブレイトンHonda+40.028
733J.グラントカワサキ+42.496
83E.トーマックカワサキ+49.243
951J.バーシアスズキ+1Lap
1015D.ウィルソンハスクバーナ+1Lap
 
1680カデ・クラソンHonda+3Laps
2114コール・シーリーHonda+7Laps
22240ブライス・スチュワートHonda +8Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11R.ダンジーKTM341
23E.トーマックカワサキ332
325M.ムスキャンKTM292
421J.アンダーソンハスクバーナ248
514コール・シーリーHonda212
618D.ミルサップスKTM208
74B.バゲットKTM206
815D.ウィルソンハスクバーナ169
922C.リードヤマハ167
1020B.ティックルスズキ167
1210ジャスティン・ブレイトンHonda135
1761ビンス・フリージーHonda78
19800マイク・アレッシHonda59
2094ケン・ロクスンHonda51
2580カデ・クラソンHonda15
2911カイル・チゾムHonda11
3048クリスティアン・クレイグHonda10
32722アダム・エンティクナップHonda7
3940フレデリック・ノレンHonda2
43240ブライス・スチュワートHonda1
44291カイル・ホワイトHonda1

ランキング詳細

フォトギャラリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

ニュース

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2017 第16戦 ニュージャージー