MENU
HONDA
検索

ROUND 12

アメリカデトロイト Ford Field 2017.03.25(土)・決勝

第12戦 デトロイト

多重クラッシュに巻き込まれながらも、シーリーがトップ10フィニッシュ

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSでは、コースデザインの際に開催地にちなんだセクションを採用することで、ラウンドごとに特徴を持たせています。前戦インディアナポリスではショートスタートが定着していましたが、今回のデトロイトも、当地ならではのユニークなコース設定となりました。

デトロイトの定番は、観客席の一部を利用して設けたアップダウンです。郊外のポンティアック・シルバードームで開催されていた頃(1976~2005年)の名物セクションで、スタンドをまっすぐに駆け上がり、ヘアピンで折り返すのが基本型でした。

会場がダウンタウンにあるフォード・フィールドに移された今でも、このレガシーが踏襲されています。昨年から観客席に設ける部分を半径の大きなコーナーにアレンジし、タラデガ・スーパースピードウェイのバンクを思わせるデザインになりました。今年はこの「タラデガ」を1コーナーに設定し、角度のついたホールショット争いが見ものになる予定でしたが、1周目だけは観客席の手前でショートカットするように変更されました。

これまでスタートを課題としていたコール・シーリー(Team Honda HRC)ですが、予選ヒートでは見事なホールショットを決めてトップに立つと、そのままチェッカーフラッグまで独走。セミファイナルやラストチャンスを経ることなく、決勝行きの切符をゲットしました。カリフォルニア出身のシーリーにとっては、今回の硬質路面のコースがライディングスタイルによくマッチしていて、加速時のトラクションのかけ方に長所が表れていました。

メインレースでもホールショットが期待されたシーリーは、スターティングゲート中央にあるボックスの内側にグリッドを定めました。右隣のライダーが遠いことや、1コーナーへの進入角度を考えると、最もイン側のグリッドよりもさらに有利な位置でした。好スタートを切ったシーリーでしたが、1コーナーで追突され、不運にも多重クラッシュに巻き込まれてしまいます。

再スタートしたシーリーは、17番手からキャッチアップを開始。10周目には10番手までばん回しましたが、その後のペースアップはなりませんでした。上位のイーライ・トーマック(カワサキ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ライアン・ダンジー(KTM)という顔ぶれは前戦同様。シーリーは10位でチェッカーを受けました。

コメント

コール・シーリー(10位)
コール・シーリー 「今日はずっと乗れていただけに、この結果にはがっかりしています。コースレイアウトはとてもシンプルで、スムーズに走れたので気に入っていました。これまでのどのラウンドよりもハイスピードな設定で、いいレースになるはずでした。プラクティスでは8番手でしたが、トップから0.4秒差のタイムだったので、手応えは十分ありました。予選ヒートレースではスタートから飛び出して、らくにトップでフィニッシュしました。それほどミスもなかったし、レースを完ぺきに掌握できていたと思います。ところが残念なことに、メインレースでは1コーナーで追突され、転倒してしまいました。自分としてはどうにもならないクラッシュでした。マシンを起こして20番手辺りから追い上げるのは、とてもたいへんなことです。10番手までポジションをばん回したときには、まるで無人地帯にいるようでした。前との間隔が開きすぎており、さらにペース上げて追い詰めることができませんでした。本当にがっかりしています。今日は好成績を残せそうな手応えを感じていただけに、残念でなりません」

ダン・ベトリー | Team Honda HRC監督
「コールの状態は先週よりもはるかによかったです。終始熱心な走りで、これまで見たことがないほどの激しさがありました。プラクティスの段階からいつもよりコースを攻めていたし、予選ヒートレースではホールショットを取り、ハイペースを維持して、トップ通過を果たしました。メインレースのスタートであのような不運に見舞われなければ、コールはもっといい成績を残せていたでしょう。ただ、レース後半にペースが落ちて、そこから巻き返せなかったようなので、最後まで集中力を切らさないようにアドバイスしていきたいと思います」

リッチ・シモンズ | コール・シーリー担当メカニック
「1コーナーでの転倒がなければ、コールのリザルトは全く違ったものになっていたと思うので、この結果にはとてもがっかりしています。後ろにいただれかが連鎖の発端になり、コールは複数のマシンに押し倒されました。すぐに立ち上がったんですが、ほぼ最後尾という状況でした。追い上げる途中で何度かミスもありましたが、ペースがあまりよくなかったので、ばん回も10位止まりでした。とても受け入れ難い成績ですが、少しでもポイントを加算できたことがせめてもの救いです」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
13E.トーマックカワサキ21'25.745
225M.ムスキャンKTM+08.459
31R.ダンジーKTM+10.324
44B.バゲットKTM+12.361
518D.ミルサップスKTM+15.016
621J.アンダーソンハスクバーナ+26.399
720B.ティックルスズキ+29.577
833J.グラントカワサキ+31.472
915D.ウィルソンハスクバーナ+33.192
1014コール・シーリーHonda+46.623
1410ジャスティン・ブレイトンHonda+1Lap
1661ビンス・フリージーHonda+1Lap
1911カイル・チゾムHonda+2Laps
20800マイク・アレッシHonda+2Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11R.ダンジーKTM254
23E.トーマックカワサキ247
325M.ムスキャンKTM207
414コール・シーリーHonda196
521J.アンダーソンハスクバーナ170
618D.ミルサップスKTM152
74B.バゲットKTM149
822C.リードヤマハ131
920B.ティックルスズキ130
1015D.ウィルソンハスクバーナ127
1210ジャスティン・ブレイトンHonda95
1561ビンス・フリージーHonda66
17800マイク・アレッシHonda59
1994ケン・ロクスンHonda51
236ジェレミー・マーティンHonda22
2811カイル・チゾムHonda9
3080カデ・クラソンHonda6
31722アダム・エンティクナップHonda5
3440フレデリック・ノレンHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

ニュース