MENU

HONDA

検索

ROUND 11

アメリカインディアナポリス Lucas Oil Stadium 2017.03.18(土)・決勝

第11戦 インディアナポリス

今シーズン最多の27ラップを走りきりシーリーが5位フィニッシュ

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSシリーズ第11戦に臨むコール・シーリー(Team Honda HRC)は、通常よりも早く現地に入りました。レース前日の金曜午後は、インディアナポリスのルーカス・オイル・スタジアムで、プレスカンファレンスとデモンストレーション走行に参加し、このスタジアムとの縁の深さを語っていました。

「インディにはいい思い出がたくさんあります。初めて450に乗ったのがここ(2011年第10戦/9位)だったし、初めてトップ5をゲットしたのもここ(2012年第11戦/5位)、そして初ポディウムもここ(2014年第9戦/3位)でした」

このリザルトは当時250SXウエストにTroy Lee Designs Hondaから参戦していたシーリーが、450SXにTeam Hondaでスポット出場した際のものですが、15年にファクトリーライダー(Team Honda HRC)になった後も、インディアポリスでは2位と好結果を残しています。

「ただ、インディにはやり残したことがあって…。そう、優勝あるのみです」とシーリーは今大会への思いを語りました。

前戦デイトナでは、スポット参戦したジェレミー・マーティン(Geico Honda)が2位入賞と、Hondaファンを喜ばせてくれましたが、このインディアナポリスからは、シーリーがまた孤軍奮闘しなければなりません。相性のよさをアドバンテージとして、今季初優勝を目指したシーリーでしたが、今回のテーマはスタートの成否にありました。

インディアナポリスは、スタート地点から1コーナーまでのストレートを短く設定したレイアウトが多用される伝統がありますが、これは「ショートスタート」を得意としていた地元インディアナ出身ライダーのマイク・ラロッコ(現Geico Honda監督)に対するオマージュだと言われています。

ショートスタートではライダーがあまり散らばらないため、1コーナーにおけるアクシデント発生率が高くなりがちですが、シーリーは難なくすり抜けてヒート1を2番手でフィニッシュ。メインレースではオープニングラップ8番手から追い上げを開始しました。7周目には5番手までポジションアップし、さらに上位を狙いましたが、徐々に荒れる路面や周回遅れの出現によってハイペースを維持できなくなりました。

1周46~47秒台という短めのコース設定だったため、20分+1周のメインレースは今季最多の27周になりました。イーライ・トーマック(カワサキ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ライアン・ダンジー(KTM)、ブレイク・バゲット(KTM)の順にチェッカー。後半になると単独走行を続けたシーリーは、5位でフィニッシュとなりました。

コメント

コール・シーリー(5位)
コール・シーリー「ものすごくフラストレーションを感じています。また5位ですから。決して悪くないリザルトだということは確かですが、なんだか5位の上に壁があって、突き破れないような感じです。常に攻め続けているんですが、なかなか前に進めない現実があります。ポディウムに立ちたいし、それだけの速さがあることは分かっているので、あとはすべてをうまくかみ合わせるだけなんです。スタートで前に出られないと、その後の展開が苦しくなりますが、今回のメインレースではまさにそうなってしまいました。早めのパッシングができず、5番手まで上がったときには前の4人は遠くまで逃げていました。マシンの調子は最高なので、もう一度自分を磨き、来週のデトロイトでがんばりたいです」

ダン・ベトリー | Team Honda HRC監督
「我々の目標は毎戦でポディウムに登壇することですが、最近はあと少しのところで届いていません。コールにそのスピードがあることは確かなので、あと少しが難しいところなんです。今日はタイムアタックが12番手と低調でしたが、予選ヒートではスタートが決まったこともあり乗れていたと思います。ただメインレースでは同じような好スタートが切れず、5位で終わってしまいました。デイトナからインディアナポリスにかけて、コールはテストやプレス対応でてんてこまいでしたが、この週明けからは通常のルーティンに戻れるので、しっかり集中して巻き返してくれることでしょう」

リッチ・シモンズ | コール・シーリー担当メカニック
「みんながもどかしい思いを抱えています。なぜならなにが足りないのかよく分からないからです。コールが勝ちたがっていることは分かるし、勝てる実力があることも分かっています。マシンに対してはなんの不満もないのに、4位や5位から抜け出せない。スタートがうまく決まらないと、イライラしてミスが出て、早めに前に出られなくなるのが悪いパターンです。今回はヒートレースが2番手だったのでゲートピックも悪くなかったんですが、どうやら倒れるタイミングがいつもよりも遅かったようです。呼吸が合わずにゲートが倒れる前に動きだして、一瞬止まってしまったことが出遅れた原因です」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
13E.トーマックカワサキ21'26.086
225M.ムスキャンKTM+05.850
31R.ダンジーKTM+11.491
44B.バゲットKTM+29.504
514コール・シーリーHonda+37.775
618D.ミルサップスKTM+40.449
722C.リードヤマハ+41.735
820B.ティックルスズキ+42.889
921J.アンダーソンハスクバーナ+1Lap
1051J.バーシアヤマハ+1Lap
1210ジャスティン・ブレイトンHonda+1Lap
1761ビンス・フリージーHonda+1Lap
19800マイク・アレッシHonda+2Laps
2011カイル・チゾムHonda+3Laps
22722アダム・エンティクナップHonda+4Laps

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11R.ダンジーKTM234
23E.トーマックカワサキ222
325M.ムスキャンKTM185
414コール・シーリーHonda185
521J.アンダーソンハスクバーナ155
618D.ミルサップスKTM136
74B.バゲットKTM131
822C.リードヤマハ130
920B.ティックルスズキ116
1015D.ウィルソンハスクバーナ115
1210ジャスティン・ブレイトンHonda88
1561ビンス・フリージーHonda61
16800マイク・アレッシHonda58
1994ケン・ロクスンHonda51
236ジェレミー・マーティンHonda22
2811カイル・チゾムHonda7
3080カデ・クラソンHonda6
31722アダム・エンティクナップHonda5
3440フレデリック・ノレンHonda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー、アレクサンダー・ロッシ

アレクサンダー・ロッシ、コール・シーリー

コール・シーリー

コール・シーリー

アレクサンダー・ロッシ、コール・シーリー

ニュース

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2017 第11戦 インディアナポリス