MENU
HONDA
検索
リザルト ポイント
第10戦 ロードアトランタ 第10戦 ロードアトランタview

ド・フェラン・モータースポーツがLMP2クラス5位でフィニッシュ

2008年10月4日(土)
決勝
開催地:ジョージア州ブラセルトン
サーキット:ロードアトランタ
コース全長:4.0km

アメリカン・ルマン・シリーズ第10戦が10月4日(土)にロードアトランタで開催され、アキュラ勢が不運に見舞われた中、#66 パナソニックELSサラウンド・アキュラ(ド・フェラン・モータースポーツ)を駆るジル・ド・フェラン/サイモン・ペジノ/スコット・ディクソン組が、LMP2クラス5位でフィニッシュした。

今季のLMP2クラスタイトルをかけた1000マイルに及ぶ耐久レースは、クラッシュが頻発するレースとなった。ペンスキーチームの3台のマシンに対してチャレンジした4台のアキュラは、12のコーナーを配す一周2.54マイルのタイトなロードコースで10時間を戦う準備ができていたが、度重なるトラブルに苦戦を強いられることとなった。

ド・フェラン・モータースポーツは、オーバーステアの強いボディ、イグニッションの故障、レース序盤にはスピンに見舞われながらも、5位でフィニッシュ。ド・フェランが最初の3時間20分を走り、その後、マシンを託された今年のIndy500覇者で、IRL IndyCarシリーズ・チャンピオンのディクソンとペジノは、ともに3時間以上を走りきった。

#9 パトロン・ハイクロフト・アキュラ(パトロン・ハイクロフト・レーシング)を駆るデイビッド・ブラバム/スコット・シャープ/ダリオ・フランキッティ組は、開始後1時間の時点でシャープが第11コーナーでインサイドの壁に衝突したダメージでリタイアを余儀なくされた。

また、#15 ロウズ・アキュラ(ロウズ・フェルナンデス・レーシング)を駆るエイドリアン・フェルナンデス/ルイス・ディアス/ミシェル・ジョルダインJr.組は、トップ5で6時間を走るレースを展開したが、ディアスが第3コーナーで周回遅れのGTマシンに接触され、リアサスペンションにダメージを負い、レース中盤にリタイア。

そして、#26 XMサテライトラジオ・アキュラ(アンドレッティ・グリーン・レーシング)を駆るフランク・モンタニー/マルコ・アンドレッティ/トニー・カナーン組は、モンタニーが4番手から2番手に順位を上げ、自身の最後のピットストップ直前にはレースをリードし、クラス優勝を狙えるポジションにつけていた。しかし、レース終盤に第12コーナーでインタースポーツ・レーシングのクラッシュに巻き込まれ、リタイアを喫した。

最終的に、ライアン・ブリスコー/エリオ・カストロネベス組(ペンスキー・ポルシェ)が伝統のプチ・ルマンを制した。

先月のデトロイトでのすばらしい1-2-3フィニッシュから一転、アキュラはLMP2クラスのマニュファクチャラータイトル獲得のチャンスを逸した。アキュラは4ポイントをリードしてプチ・ルマンに臨んだが、10月18日(土)に開催されるラグナセカでの最終戦は、8ポイント差でポルシェを追う展開となった。

コメント

サイモン・ペジノ〔LMP2クラス5位(総合8位)、ド・フェラン・モータースポーツ〕

「スコットとチームを組めて楽しかった。彼の存在がチームにもたらしてくれたものは大きい。ナイトレースも楽しむことができた。最後のタイヤセッティングがとてもよかった。数回ピットから無線がありクラッシュは回避したが、マシンの残骸を走り抜けた際にタイヤがパンクしたと思った。しかし結局、チームにとっていい結果となった。初めての耐久レースで多くのことを学んだ。セブリングと来年に向けたいい機会となった」

ジル・ド・フェラン〔LMP2クラス5位(総合8位)、ド・フェラン・モータースポーツ〕

「最初のスティントは難しかった。十分なダウンフォースがない状態でスタートし、バランスに影響するダメージにも耐えなければならず、序盤はとても難しいレースを強いられた。オーバーステアが強く、最終的にスピンして2周遅れとなった。マシンを直し、ダウンフォースを加えたことにより、マシンのハンドリングは改善された。数周遅れたことが残念だ」

スコット・ディクソン〔LMP2クラス5位(総合8位)、ド・フェラン・モータースポーツ〕

「チーム、ジル、サイモンと充実した時間を過ごせた。アキュラはすばらしいマシンだ。またセブリングでチームに呼ばれることを期待している。Indyとデイトナで優勝したことがあるので、次はセブリングでも勝ちたい。ピットでイグニッションにトラブルがあったが、その後はマシンの調子はよかった。ド・フェランチームの一員としてレースができたことをジルに感謝したい。とても楽しかった」

フランク・モンタニー〔LMP2クラス7位(総合16位)、アンドレッティ・グリーン・レーシング〕

「左右両側でマシンがスピンし、接触を避けるためにその2台の間を抜こうとしたが、破損したパーツの破片の衝突を受けてフロントサスペンションが壊れてしまい、どうすることもできなかった。終盤でLMP2クラスの優勝争いができるチャンスがあっただけに、不運としか言いようがない。週末を通してチームはよく働いてくれた。土曜日の朝、マシンにトラブルが発生したが、予選に向けて修復し、トニーとマルコと私にすばらしいマシンを準備してくれた」

トニー・カナーン〔LMP2クラス7位(総合16位)、アンドレッティ・グリーン・レーシング〕

「簡単なレースではなかった。ジムで何時間も費やしたことが報われた。楽しめたレースだったが、タフなレースだった。レースがスタートしたときには、『これは20周のレースなのか、10時間のレースなのか?』などと考えてしまった。ポルシェのマシンといい戦いができた。直線では彼らの方が少し速かったが、コーナーでは我々が勝った。混戦を強みにして、終盤で戦術を生かすことが課題だ。ポルシェのマシンはピットストップで毎回タイヤ交換をしなければならないが、我々は必要なく、ピットストップ時に時間を稼げるはずだ」

マルコ・アンドレッティ〔LMP2クラス7位(総合16位)、アンドレッティ・グリーン・レーシング〕

「マシンはとてもよかっただけに不運なレースだった。我々にはレース終盤にベストポジションで走ることができる戦術がある。優勝できるマシンだったが難しいレースだった」

エイドリアン・フェルナンデス〔LMP2クラス8位(総合26位)、ロウズ・フェルナンデス・レーシング〕

「ルイスのアクシデントは不運だった。混戦はとても難しかった。我々ドライバーはマシンの調子を保つことに苦戦していて、かろうじてリードラップを刻んでいただけに、暗くなってからマシンがベストの状態であることを望んでいた。多くのドライバーがリタイアを余儀なくされ、マシンに多くのダメージを受けたレースだった。混戦での対処がこのシリーズでは最も難しい。今日はその混戦に悩まされた。今季はタフなシーズンとなっている。残り今季1戦となったが、来季に向けて勝たなければならない」

ルイス・ディアス〔LMP2クラス8位(総合26位)、ロウズ・フェルナンデス・レーシング〕

「個人的にとても不運なレースだった。力強いマシンを準備してくれたチームに申し訳なく思う。タイミングが悪くフェラーリと接触してしまった。とても残念だ。次戦ではいいレースをしたい」

ミシェル・ジョルダインJr.〔LMP2クラス8位(総合26位)、ロウズ・フェルナンデス・レーシング〕

「だれにでも起こり得ただけに、ルイスの接触は不運だった。混戦を走るのに今までで最も難しいコースだった。自分のスティントの序盤の混戦で守りに入ってしまい、タイムをロスした。ほかのマシンとの混戦が続くと思ったが、後れをとった。初優勝を期待していたが、エイドリアンがコメントしたように、今日のマシンにはスピードがなく、混戦をいっそう難しくした。数週間後のラグナセカでチームがうまく機能してほしい。今日のレースを終えて、来年のセブリングに向け、いい課題ができたと思う」

デイビッド・ブラバム〔LMP2クラス9位(総合37位)、パトロン・ハイクロフト・レーシング〕

「チームがマシンの修理に全力を尽くしてくれただけに、結果がとても残念だ。スコットの走りはすばらしく、すべてがうまくいきそうだった。今、チーム関係者はみんな落胆しているが、今季最終戦の勝利に向けてマシンを修復し、より強いチームにならなければならない」

スコット・シャープ〔LMP2クラス9位(総合37位)、パトロン・ハイクロフト・レーシング〕

「マシンの調子はよかった。落ち着いて混戦を回避しようとしていたが、第10Aコーナーで減速した。難しいコーナーではなかったが、マシンがスピンしてインサイドの壁に衝突した。何かが壊れたか、タイヤの空気が抜けたか分からないが、とても奇妙で経験のない感覚だった。チームにとってタフな一日となった。木曜日のクラッシュ後、チームはマシンの修復に尽力してくれたが、このレースでの故障でさらに課題ができた」

ダリオ・フランキッティ〔LMP2クラス9位(総合37位)、パトロン・ハイクロフト・レーシング〕

「パトロン・ハイクロフト・アキュラで走ることをとても楽しみにしていたので、レース序盤でのリタイアは残念だが、アメリカン・ルマン・シリーズに戻ってこられたことをうれしく思う。初めて弟のマリノと戦えることを楽しみにしていたが、今日は機会を逃した」

決勝リザルト

順位 No. クラス ドライバー マシン 周回数
1 1 LMP1 D.カペッロ / A.マクニッシュ / E.ピロ アウディ 394
2 07 LMP1 N.ミナシアン / S.サラジン / C.クリエン ラディカル 394
3 2 LMP1 L.ルーハー / M.ワーナー アウディ 394
4 5 LMP2 R.ブリスコー / H.カストロネベス ポルシェ 394
5 7 LMP2 T.バーンハード / R.デュマ ポルシェ 394
6 6 LMP2 P.ロング / S.マーセン / E.コテード ポルシェ 392
8 66 LMP2 G.ド・フェラン / S.ペジノ / S.ディクソン Acura 388
16 26 LMP2 F.モンタニー / M.アンドレッティ / T.カナーン Acura 347
26 15 LMP2 A.フェルナンデス / L.ディアス / M.ジョルダイン Acura 281
37 9 LMP2 D.ブラバム / S.シャープ / D.フランキッティ Acura 16

ポイントスタンディング

ドライバー:LMP2クラス

順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 R.デュマ ポルシェ 185
  T.バーンハード ポルシェ 185
2 S.シャープ Acura 155
  D.ブラバム Acura 155
3 P.ロング ポルシェ 121
4 S.マーセン ポルシェ 113
5 B.ライジンガー ポルシェ 102
  M.フランキッティ ポルシェ 102
6 C.ダイソン ポルシェ 88
  G.スミス ポルシェ 88
7 A.フェルナンデス Acura 79
  L.ディアス Acura 79
8 F.モンタニー Acura 65
9 G.ド・フェラン Acura 64
  S.ペジノ Acura 64
12 J.ロシター Acura 39
13 B.ハータ Acura 38
  C.フィッティパルディ Acura 38
  M.アンドレッティ Acura 38
16 S.ヨハンソン Acura 20
17 S.ディクソン Acura 18
18 T.カナーン Acura 14
19 M.ジョルダイン Acura 13

シャシー:LMP2クラス

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 ポルシェ 196
2 Acura 188
3 ローラ 34
4 ラディカル 3

エンジン:LMP2クラス

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 ポルシェ 196
2 Acura 188
3 マツダ 34
4 AER 3

フォトギャラリー

  • 第10戦 ロードアトランタ
  • 第10戦 ロードアトランタ
  • 第10戦 ロードアトランタ
  • 第10戦 ロードアトランタ
  • 第10戦 ロードアトランタ
  • 第10戦 ロードアトランタ