MENU

HONDA

検索
モータースポーツ > ニュース > アキュラがアメリカン・ルマン・シリーズのLMP1クラスに2009年シーズンより参戦

ALMS

ニュース

アキュラがアメリカン・ルマン・シリーズのLMP1クラスに2009年シーズンより参戦

2008年8月29日(金)

アキュラは、来季のアメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS) LMP1クラスへの参戦を決定した。

最もパワフルかつハイレベルな技術力を要するLMP1クラスには、ド・フェラン・モータースポーツとパトロン・ハイクロフト・レーシングが参戦する。ニューマシンは、ワース・リサーチ社の協力によってデザイン開発が進められ、11月にテスト走行が予定されている。また、来季のLMP2クラスには、引き続きロウズ・フェルナンデス・レーシングが参戦する。

アキュラは、昨シーズンよりアメリカン・ルマン・シリーズ LMP2クラスに参戦し、アンドレッティ・グリーン・レーシング、ハイクロフト・レーシングとロウズ・フェルナンデス・レーシングの3チームとともにスポーツカーレースの世界に参入を果たした。この3台のマシンの参戦は、アキュラの20年の歴史における、初めてのモータースポーツへの取り組みとなった。

その後、今シーズン途中からド・フェラン・モータースポーツがアキュラチームに加わり、3.4リッターV-8エンジンを搭載したアキュラは、これまで4度ポールポジションを獲得。デイビッド・ブラバム/スコット・シャープ組が総合初優勝を果たした今季第5戦ライムロック・パークを含み、LMP2クラスで5度の優勝を果たしている。

ジル・ド・フェランは今年、ドライバー兼チームオーナーとしてド・フェラン・モータースポーツを結成し、レースの世界に復帰を果たした。ド・フェランはALMS参戦前にHonda Racing F1 Teamのスポーティングディレクターとして活躍した経験がある。#66 パナソニックELSサラウンド・アキュラを駆るド・フェラン/サイモン・ペジノ組は今季5レースを戦っている。

ダンカン・デイトンをチームオーナーとするパトロン・ハイクロフト・レーシングは、ブラバム/シャープ組が7月のライムロック・パークでの総合優勝を始め、ロングビーチ、ロードアメリカ、モスポートでLMP2クラス優勝を果たし、今季のアキュラマシンの中で最高の成績を収めている。また、ALMSの4クラス全てで優勝経験のある唯一のドライバーであるブラバムは、昨季のヒューストンと今季のライムロック・パークでポールポジションを獲得している。

エイドリアン・フェルナンデスとモータースポーツのベテランであるトム・アンダーソンによって2000年秋に結成されたロウズ・フェルナンデス・レーシングはレース参戦から7年目を迎え、チャンプカー、IndyCarシリーズとGrand-Amシリーズにおいて勝利を経験している。

アキュラはホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)が主にデザインと開発を行った初めてのレーシングエンジンとシャシーを搭載している。HPDにとって、同時期に開催されている2つのレース(アメリカン・ルマン・シリーズとIndyCarシリーズ)にマシン供給を行うことは初めての試みであった。

レース参戦は、アキュラのパフォーマンスと技術力の高さを象徴しており、ALMSの耐久レースにおいて他社と競う機会が実現している。アキュラの四輪部門は1986年3月27日に発足し、1991年に発表した初の全アルミニウム製車(NSX)を始め、多くの四輪車を製造、販売してきた。アキュラは260を超える米国ディーラーから高パフォーマンス車を提供している。

1993年にカリフォルニア州で設立されたHPDは、Hondaとアキュラの高いパフォーマンスを誇るレースマシンの技術サポートを行ってきた。HPDはHondaのIndyCarシリーズとアキュラのALMSでの取り組みに協力している。

ジョン・メンデル|アメリカン・ホンダモーター 上級副社長

「2007年の参戦開始以来、我々のゴールは常に最高レベルのスポーツカーレースで競うことにある。アメリカン・ルマン・シリーズのLMP1クラスは、競争力、技術面の両方で米国のスポーツカーレースの最高峰に位置づけられ、クラス昇格に向けて準備を進める中で、アキュラがLMP1クラスに参戦することは自然な流れだと実感している」

エリック・バークマン|HPD社長

「アキュラのスポーツカーレースへの取り組みは、HPDのスタッフに活力を与え、参戦開始以来、多くの目標を達成してきた。我々は同時期に開催されている2つのレースに対し、十分に対応できている」

ジル・ド・フェラン|ド・フェラン・モータースポーツ

「我々のチームとアキュラ、および私の長年にわたるHondaとのつながりを大変うれしく思う。そして、この新たな発表は重要なステップを意味している。我々は若いチームだが、ド・フェラン・モータースポーツは豊富な経験と能力を備えており、アキュラのスポーツカーレースへの取り組みに貢献できるだろう。LMP1クラスに参戦し、アキュラを最高の栄誉に導くことを楽しみにしている」

ダンカン・デイトン|ハイクロフト・レーシング チームオーナー

「アキュラおよびHPDとのつながりはハイクロフト・レーシングチームにとって原動力となっており、2009年のLMP1クラス昇格チームに選ばれたことをとても誇りに思う。これまで我々は、アキュラとHPD、ワース・リサーチ社との強い協力関係を築き上げてきた。明確な計画とともにスタートし、ALMSを通じて競争力のあるチームになった。パトロンを主要スポンサーとして起用したことによってアキュラプログラムはさらに成長し、今季、成功を収めている。LMP1クラスに昇格して、今後も成長を遂げていきたい。2009年シーズンはアキュラとパトロン・ハイクロフト・レーシングチームにとってエキサイティングなシーズンになるだろう」

エイドリアン・フェルナンデス|ロウズ・フェルナンデス・レーシング

「2年間、アキュラとともにスポーツカーレースへの充実した取り組みができた。ローラシャシーからアキュラマシンへの変更によってチームは大きく進歩を遂げた。今季はLMP2クラスにおける優勝に向けてレースに集中していきたい。思い通りに運が味方するレースばかりではないが、アキュラのサポートを今後も得られることをとてもうれしく思う。2009年はLMP2クラスタイトルを目指したい」