衝突安全性能

新・安全性能総合評価※1
最高ランクの「5つ星」を獲得。

アコードは安全の追求を重ねた結果、平成25年度自動車アセスメントの 新・安全性能総合評価において平成25年度JNCAPファイブスター賞を受賞しました。

■試験車両:アコード ハイブリッド LX

JNCAPファイブスター賞

新・安全性能総合評価について

すべての基本は、強い骨格づくりから。

各所に軽量かつ高強度の鋼板を使用。また、衝突時の衝撃(G)を制御する独自の技術「G-CON」により、相手車両や歩行者に与えるダメージも軽減する骨格を実現しています。

衝突安全設計ボディー

すべての基本は、強い骨格づくりから。

骨格構造イメージ

運動性能や燃費、衝突安全性能の向上に寄与。

走行テストを徹底し、剛性を追求。旋回時のサスペンションのジオメトリー変化を抑制するなどにより、ハンドリングの応答性、リアタイヤの接地感、乗り心地を向上させています。さらに、骨格全体の55.8%※2に軽く高強度なハイテン材を使い、ボンネットやフロントサブフレームなどはアルミ製とすることで、軽量化を実現しています。

高剛性・軽量の骨格

※1 平成25年度自動車アセスメント:国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構による、自動車の安全性能の試験・評価

※2 Honda測定値。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。