軽量高剛性ボディーがもたらす、しなやかで軽快な走り。

軽量で強度の高い高張力鋼板をボディー骨格の48.6%に採用。優れた衝突安全性と質の高い走りに寄与する高剛性化を追求しました。しなやかな走行フィーリングを生む接着接合もボディー各部に施しました。効率的なボディー設計、および軽量サブフレーム、薄肉燃料タンク、エキゾーストサイレンサー等の採用により前モデルに対する大幅な軽量化も達成し、軽快なハンドリングも獲得しています。

*車両重量。前モデル HYBRID EX サンルーフ装着車との比較。

リアルタイムのセンシングで、瞬間毎に最適な乗り心地を提供。

リアルタイムのセンシングで、瞬間毎に最適な乗り心地を提供。

4つの車輪毎の回転速度や、車両挙動などをリアルタイムに検知。1/500秒単位で最適な減衰力を算出し、電子制御でダンパー内のオイル流量をコントロール。SPORT/NORMAL/COMFORTの3つのドライブモード毎に減衰力の可変領域も変化させ、常に車体の振動を一定の量に抑え込み、優れたパフォーマンスと乗り心地の良さの両立を実現します。

アダプティブ・ダンパー・システム

アクセルを踏んだ瞬間、ダイレクトかつスムーズな加速を実現。

エンジンは主に発電に徹し、幅広い領域をモーターで走る2モーターハイブリッドシステム「e:HEV
(イー エイチ イー ブイ)」を搭載。モーター本来の滑らかな走りと、鋭い加速をベースに、アクセルを踏んだ瞬間、ダイレクトかつスムーズな加速を実現するとともにHondaならではの制御技術で、街中から高速クルージングまで爽快な走りを追求。熱効率40%※1を超えるエンジンを搭載し、力強いパワーを高効率に提供します。

静かに走りたい時に。

ONにするとバッテリーからの電力を使い、モーターだけで走行※2。住宅街の走行でエンジン音を控えたい時などに便利です。

EVスイッチ

EVスイッチ

不快なロードノイズを低減するアルミホイールを採用。

中空構造の消音機能により、道路の継ぎ目を超える際などに起こる不快なロードノイズを低減、静粛性を高めます。

18インチ ノイズリデューシングアルミホイール

18インチ ノイズリデューシングアルミホイール

※1 Honda測定値。

※2 バッテリー残量やエアコンの作動状況などによってはEV走行ができない場合もございます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

■掲載の写真やイラストには、機能説明のためのイメージ図が含まれます。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。