予防安全性能

先進の安全運転支援システム、Honda SENSING。

対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダーと、対象の形や大きさの識別に強い単眼カメラを融合した高精度な検知機能で、安心・快適な運転を支援する「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備しています。

先進の安全運転システム、Honda SENSING。

Honda SENSING

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

ぶつからないために

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

誤発進抑制機能

飛び出さないために

誤発進抑制機能

後方誤発進抑制機能

不注意による後退を防ぐために

後方誤発進抑制機能

歩行者事故低減ステアリング

歩行者に配慮

歩行者事故低減ステアリング

路外逸脱抑制機能

はみ出さないために

路外逸脱抑制機能

渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

適切な車間距離を保つために

渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール〈ACC〉

LKAS〈車線維持支援システム〉

ふらつかないために

車線維持支援システム〈LKAS〉

先行車発進お知らせ機能

発進をお知らせ

先行車発進お知らせ機能

標識認識機能

みのがさないために

標識認識機能

オートハイビーム

ハイ/ロービームを自動で切り替え

オートハイビーム

■Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

■衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある先行車や歩行者、移動する自転車または対向車に対して衝突するおそれがあるとシステムが判断した場合に作動し、停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を支援します。対向車と歩行者、移動する自転車に対しては、自車が約100km/h以下で走行中の場合に作動します。

■誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に壁などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジンやモーターなどのパワーシステム出力を抑制し、急な発進を防止します。

■後方誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で後退しているとき、自車のほぼ真後ろの近距離に壁などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジンやモーターなどのパワーシステム出力を抑制し、急な後退を防止します。

■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h~約40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。

■路外逸脱抑制機能は、約60km/h~約120km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。

■渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール〈ACC〉は、0km/h以上で走行中に作動します。先行車に接近しすぎる場合には、ブレーキペダルを踏むなどして適切な車間距離を保ってください。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路を運転するときに使用してください。

■車線維持支援システム〈LKAS〉は、約65km/h以上で走行中に作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

■先行車発進お知らせ機能は、先行車との車間距離が約10m以内で、先行車の発進を検知しても自車が停止し続けたときに作動します。

■標識認識機能は、最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の道路標識を認識し、ヘッドアップディスプレーとマルチインフォメーション・ディスプレーに表示します。一時停止、車両進入禁止は約60km/h以下で走行中に作動します。

■オートハイビームは、約30km/h以上で走行中に作動します。ハイビームとロービームの自動切り替え制御には状況により限界があります。必要に応じて手動で切り替え操作を行ってください。

Honda SENSINGで
運転はもっと安心に、
もっと快適に。

衝突を予測してブレーキをかけたり、
前のクルマとちょうどいい距離でついていったり、多彩な安心・快適機能で、あらゆるシーンで運転をサポートしてくれる先進の安全運転支援システムHonda SENSINGで、もっと安心、快適なドライブを!

Honda SENSINGについて、
わかりやすく解説!

安全運転支援システム Honda SENSING

予防安全性能評価において
最高ランクの「ASV+++」を獲得。

ACCORDは安全の追求を重ねた結果、被害軽減ブレーキ[対歩行者]試験に夜間[街灯なし]条件が追加された2019年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+++」を獲得しました。

■試験車両:EX

予防安全性能評価について

セーフティ・サポートカーS
〈ワイド〉に該当。

セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動(衝突軽減)ブレーキなどの安全運転を支援する装置などを搭載し、ドライバーの安全運転を支援します。

■セーフティ・サポートカー S〈ワイド〉

EX

■安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

セーフティ・サポートカーについて

サポカー補助金〈10万円〉対象車。

サポカー補助金は、安全運転サポート車の普及促進を目的に導入されました。満65歳以上の運転者が、衝突軽減ブレーキ(CMBS)や誤発進抑制機能が搭載された安全運転サポート車を購入する際に交付されます。

該当タイプ:EX

サポカー補助金の交付には条件があります。詳しくはこちら

斜め後ろの車両を検知して、ドアミラーに表示。

走行中、斜め後ろに車両の存在を検知すると、その方向のドアミラー鏡面上にマークを点灯しお知らせします。

ブラインドスポットインフォメーション

ブラインドスポットインフォメーション

駐車・出庫時などでの安心感を向上。

ナビ画面上の表示と音などで障害物の接近を知らせ、駐車・出庫時などでの安心感を向上。

パーキングセンサーシステム

パーキングセンサーシステム

曲がろうとする方向の内側を照らし、歩行者などを見やすく。

ヘッドライト点灯時、ステアリングやウインカーを操作すると、曲がろうとする方向の内側の路面を照らし、右左折時の歩行者などをより見やすくします。

LEDアクティブコーナリングライト

LEDアクティブコーナリングライト

居眠り運転や不注意運転を検知。

走行時のステアリング操作から、居眠り運転や不注意運転を検知。マルチインフォメーション・ディスプレーの表示や音、ステアリング振動で注意喚起します。

ドライバー注意力モニター

ドライバー注意力モニター

※2019年度自動車アセスメント:国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構による、自動車の安全性能の試験・評価。

■ブラインドスポットインフォメーションは隣接する車線後方の検知エリア(見えにくい位置)に他の車両がいることを知らせるシステムです。二輪車等が検知範囲に入ったときなど、条件によっては正しく作動しない場合があります。車線変更や合流時には必ず目視やミラーなどで周囲の安全を直接確認して運転してください。

■ドライバー注意力モニターは、運転者の疲労や注意力を常時検知するものではありません。運転者注意力レベルの表示にかかわらず、疲労を感じたときは、安全な場所で十分に休憩をとってください。

■パーキングセンサーシステムは、車両や周囲の状況によりシステムが正しく作動しない場合があります。システム使用時も直接目視で周辺の安全確認を行いながら運転してください。

■掲載のイラストと写真には、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。