CIVIC SEDANのサイトはこちら

特別対談
テーラー × 純正用品デザイナー

「誂えの流儀」

テーラー × 純正用品デザイナー 特別対談「誂えの流儀」

「どんなに時代が変わっても、常に人間中心」。そのHondaの哲学は、カーアクセサリーの領域にも根付いているという。
「特別注文」という意味を持つ言葉【誂え】をキーワードに、奥深きアクセサリーデザインの道程を探るスペシャルトーク。
対峙したのは、NEW シビックのアクセサリーを開発したデザイナーと、独自のスタイルで1着ずつスーツを仕立てるビスポークカッター。
異なる職種のプロが、ものづくりの志を語り合った。

古川 順一朗

古川 順一朗(Jyunichiro Kogawa) Jyunichiro Kogawa

株式会社ホンダアクセス 商品企画部 プロダクトデザインブロック

2008年にHonda入社。車両デザイナーとしてACURA ILXや
Honda VEZELの外観デザインを担当。現在はホンダアクセスにて、
NEW シビックシリーズ向けアクセサリーデザインのプロジェクトリーダーを務める。
「アクセサリーのデザインはオーダーメイドに近い」という信念の下、
日々ものづくりに取り組んでいる。

有田 一成

有田 一成 (Kazunari Arita)Kazunari Arita

ビスポーク「テーラー&カッター」代表

英国スーツの聖地として知られるサヴィル・ロウに本店を置く
英国王室御用達テーラー『ギーブス&ホークス』でパターンと裁断を、
帰国後に国内のテーラーで縫製を学び、たった一人でスーツを誂える技術を習得。
2004年に東京・南青山で『テーラー&カッター』を開店した。

Vol.1 貫くべきセンス

お客さまを見た瞬間に、おすすめしたい生地が決まることが多い

古川 テーラーに来るのは今日が初めてです。しかも南青山のビルの地下だなんて、大人の隠れ家のようで緊張感が高まります。

有田 通りに面した場所に店があると落ち着かないんですよね。僕はお客さまとゆっくり話しながら提案したいので、人目につかないところのほうが合っているんです。

古川 スーツを仕立てるには、会話から始めるのですか?

有田 特に初めてのお客さまはそうですね。色や柄、どういうシチュエーションで着たいかという、スーツそのものに関わる情報を聞き出すのは当然として、その人が好む靴やバッグ、時計といった趣味嗜好を知るのがとても大事なんです。それに合うスーツを提案するのが僕の仕事なので。

古川 スーツを軸にアイデアを出すのではないんですね。

有田 ここまで足を運んでくれる方々は、僕がどんなものを誂える職人か事前に知っているはずですし、だからこそ僕の提案を聞きたいのだろうと思っています。常連になると何も決めずに来て、会話自体を楽しんでくれるようです。

古川 会話なくしてアイデアは生まれないということでしょうか。

有田 ところが実は、お客さまをパッと見た瞬間におすすめしたい生地が決まってしまうことが多いです。だから会話をしながら、どうやってその生地を選んでもらうか考えていたりします。いわゆる直感ですね。そのお客さまにとって何がベストかを見極めるのは。

今回のシビックは“断る”ところから始まった

有田 直感的なおすすめを提案するにしても、流行を押し付けることはしません。流行って、はやっているうちに売り切らなきゃいけないものでしょ。しかしスーツは流行にこだわらずともいろいろ選べますから。この店ができて13年になりますが、ベースの型紙は一切変えていません。基本的に1900年代の型をアレンジして使っていますが、今でも斬新です。

古川 有田さんのスーツで特徴的なディテールも、昔からあるものなのでしょうか。

有田 そうです。それらを再発見して、僕なりの個性を表現したに過ぎません。フレアの袖口やカッタウェイの前裾はこの店のトレードマークになっていますが、それを押し通すわけではありません。あくまでお客さまに合ったものを提供するだけです。古川さんのお仕事の進め方はどうですか?

古川 今回のシビックのケースでは、Honda内部からの様々なオーダーを断るところから始めました。一般的にアクセサリー開発においては、元の車両のイメージを拡張させるような、フロントグリルやエアロパーツといった明確な主張ができる部品が求められます。しかしシビックはHondaの中核を担う大事なクルマです。その顔を大きく変えることは本当に正しいのか?あるいはアクセサリーの追加によって複数の顔ができてしまっていいのか?新しいシビックは基本デザインが素晴らしかったこともあって、僕としては大いに悩みました。

有田 あるいは変えなくてもいいのではないかと考えた?

古川 そうです。しかもシビックの購買層として想定していたのは、趣味のいい大人たちでした。そんな人たちが、今さらアクセサリーの大きさや数を喜ぶだろうか?先に流行は売らないとおっしゃいましたが、クルマの開発はアクセサリーも含め、数年先を見越して行います。しかし現実的に数年後の流行を見極めるのは難しい。となると、Hondaとして提供できる本質的な価値を提供する、それに尽きるわけです。特にシビックはHondaを代表するクルマですから、流行に左右されない、骨太なコンセプトが必要なんですね。そして生まれた新しいシビックは、僕としては大好きなデザインになった。だからこそ、例えば顔が変わってしまうフロントグリルに手を加えるアクセサリーは、最後まで突っぱねました。

有田 それは大変だったでしょう?

古川 従来のアクセサリーの考え方とは正反対でしたからね。

有田 でも、やりすぎるのはオシャレじゃないですよね。僕自身、こんな見た目だから過激な提案をしがちに思われていますが、お客さまに最適な一着を仕立てるために意図的に引き算をすることもあります。例えば、表地はシンプルな印象の生地を選びつつ、裏地はアクセントカラーや柄で遊ぶというような。古川さんが貫いた抑えるセンスは、むしろ今の時代に合っていると思いますよ。

CIVIC HATCHBACK

「誂えの流儀」が息づく純正アクセサリーをまとった
シビック HATCHBACKの2つのスポーツスタイル

Excite Sporty HATCHBACK

Premium Sporty for HATCHBACK

CIVIC SEDAN

「誂えの流儀」が息づく純正アクセサリーをまとった
シビック SEDANの2つのスポーツスタイル

Premium Sporty SEDAN

Black Sporty for SEDAN

CIVIC SEDANのサイトはこちら