MENU
HONDA
検索

語り継ぎたいこと 〜チャレンジの50年〜

  1. 語り継ぎたいことトップ>
  2. Hondaのチャレンジングスピリット>
  3. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980

ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980

自動車王国アメリカに生産基地を築く

ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980

日本製以上のアコードをつくれ

1980年12月、HAM4輪車工場の建設工事が着工された。Hondaはアメリカ社会に根付いた工場をつくることを示すため、現地の生産設備を積極的に導入するとともに、アメリカの鋼板、プラスチック、塗料などの原材料を使用して、クルマを製造することを基本方針とした。このことは当時、日米の品質規格レベルの違いを考えると大きなリスクが想定され、チャレンジングなことであった。
現地では工事が本格化するに伴い、
——Hondaは本当に日本製に劣らないクルマをアメリカでつくれるのか——
と危惧する人も多かった。HAM製のアコードは、品質が劣っているというイメージを一度持たれてしまったら、それを拭い去ることは難しい。それだけに品質面での失敗は許されなかった。

4輪車の生産面でのフォロー体制としては、日本では埼玉製作所・狭山工場がマザー工場となり、日米どちらかの事業所で生産をカバーできる相互補完体制が敷かれるとともに、原材料や、部品の仕様などについては、技術研究所からも大幅な支援が行われたのである。
また、4輪車の立ち上げに向けて、アメリカサイドでは早野宏(HAM副社長)が4輪車工場の立ち上げを指揮し、日本サイドでは溝口健(埼玉製作所長)の指揮の下に立ち上げ支援が行われた。
「狭山からは、1番のエキスパートやベテラン勢300人くらいを優先して、HAMへ応援に行かせました」(溝口)。

現場では、量産確認も急ピッチで行われ、発生した不具合は納入先のメーカーの協力を得て修正が加えられた。日本からの駐在員は、使い慣れないアメリカ調達の設備を使って、品質を維持するために現地メーカーと協力し、量産に向けて支障となる生産技術上の課題を改善していった。
さらに、4輪車の立ち上げでは、2輪車生産を経験したアソシエイトの中から、多くの人が4輪車工場へ異動。新規採用のアソシエイトたちの中核となってリーダーシップを発揮し、スムーズな立ち上げにつなげていった。

1982年11月1日、アコードの第1号車がラインオフした。生産は品質最優先で行われ、徐々に生産台数を増加させ、本格生産への軌道に乗せていった。
4輪車生産は操業を開始して1年半後には、2直体制・日産600台のフル生産体制に入った。その後、4輪車工場には第2ラインが新設され、1986年4月より操業を開始。HAMの4輪車生産は年産30万台体制に移行。生産された製品は、日本をはじめ世界各地に輸出されるようになった。

Photo

1982年11月1日、アコードの第1号車がラインオフ。右はあいさつを行う河島。日本の自動車メーカー初の米国現地生産車である同車は、要請を受け、フォード自動車博物館内に展示されている

「『果たしてHondaはアメリカでいいクルマがつくれるのか』と、不安視する見方を、むしろバネにして、品質確保を最終目標に置き、明るく、安全で、働きやすい工場づくりを目指してきました。その過程では、多くの日本人駐在員や出張者が、アソシエイトたちにHondaの考えや技術を教え込むなど、素晴らしい力を発揮してくれました。ある時、日本で河島さんが『オハイオはHondaの生命線だ』と話されたと伝え聞きましたが、その言葉は、どんな困難や苦労があっても目的をやり遂げようとするわれわれの気持ちを、奮い立たせてくれる原動力となりましたね」(中川)。

「アメリカ市場で失敗したら、Hondaは最大の市場を失うことになり、大変なことになってしまう。そういう意味で、それはHondaの生命線であると思っていました」(河島)。

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991