MENU

HONDA

検索

ロードパル / 1976

ファミリーバイクの先駆け

ロードパル / 1976

目標達成までとことんやり合う

開発に当たっては、まず全体イメージとして、エンジンを感じさせないデザインにこだわり、エンジンを中央に持ってきて、一見、自転車に見えるシルエットにまとめた。重量は女性が持ち上げられる範囲の25kg、価格は自転車2台分の5万円を目標とした。エンジンは重量やトルクを考えて、シンプルな2サイクルを、あえて採用した。2サイクルを嫌っていたおやじさん(本田宗一郎のこと)には、内緒で進めてしまった。

問題は始動方法であった。キックは女性には絶対に受け入れられない。セルモーターを使いたくてもコスト面で当然、無理。そこで、圧縮空気の応用、シート着席時の体重移動の利用、さらには火薬カートリッジ方式など、さまざまな試みがなされた。最終的には、後輪の逆回転でゼンマイを巻き、それを解除する力でエンジンを回す、『ウッドペッカー方式』を採用した。バイクを後ろへ移動させて始動させる動作が、キツツキの動きと似ていることからの命名であった。

しかし、この方法は評価会(1974年1月)の際、たまたま雪が積もってスリップして巻き上がらず、失敗。結局、ペダルを踏み込んでゼンマイを巻き上げる方式に変更した。

1974年4月、試作車を使い研究所従業員の奥さんたち15人を集めての試乗会を試みた。スロットルを開け過ぎて垣根に突っ込んでしまうという出来事などがあったものの、評価は良好で
「面白い」
「これ、いいわよ」
といった興奮気味の反応が大勢を占めた。後藤たちは、
「自分の手で動かすという、2輪の素晴しさに対する感覚は女性も変わらない。ただ知らなかっただけなのだ」
という、確かな手応えを感じた。

時を同じくして、開発システムの見直しに基づいたS・E・Dフローシステムがスタートした。開発時点から営業(S)、生産(E)、開発(D)の各部門が加わって、三者一丸となっての推進が初めて実践された。このやり方について、神山は言う。
「データの裏付けと、評価者を納得させるだけの実証が必要なため、時間がかかって、初めは戸惑うこともあった」。

営業部門も初期段階から加わって、商品イメージの構築とともに販促活動に取り組んだ。効果を最大限に発揮するために、イタリアの大物女優であるソフィア・ローレンを使った画期的なコマーシャルを打つことにした。
D開発スタート時点での目標は、年間36万台(初年度12万台)を売ろうという
「半端じゃない」(神山)
数字だった。コストも5万から5万5000円の販売価格で、利益10%という厳しいものだった。この要件を満たすために、結局、4次にわたる量産設計のやり直しをすることになった。
目標達成のために、エンジン、車体の各部門を集め、部品ごとに目標を決めて、その目標達成まではOKを出さないことにした。
「練馬の旅館に幾日も泊り込んで、資材と工場と設計の担当者の間で、とことんやり合った」(神山)。

目標をクリアするには、部品点数を切り詰め、カブの重量の6割ぐらいで設計していかないと不可能という状況の中で、徹底的に部品点数を減らすことを目指した。キーポイントの一つはユニットスイング方式の採用。エンジン、リアフォーク、ホイールを一体化することで、シンプルな構造となった。フレーム構造も極限まで簡略化し、できるだけ少ない部品で構成した。

Photo

フレームの設計図は自転車を思わせるような設計レイアウトになっている

Photo

開発段階のスケッチ。右のスケッチで開発がスタートし、フレーム構想により左のスケッチに決定した

Photo

フレーム構想を採用したファーストモックアップ

Photo

自動巻機構図

これでも、まだまだ目標に届かず思い悩んでいた時、EGの生産技術部門が『炉中ろう付け方式』を提案した。これは、何百度という還元炉の中のコンベヤーにフレーム部品を乗せて流せば、全部、ろう付けされて出てくるというもので、サビも取れて、そのまま塗装に回せるといったアイデアであった。この方式で溶接コストの大幅な節減ができた。

この新しい方法はガソリンとオイルのタンクの一体化にも応用され、それはキャリアの下に収められた。電装部品も発泡スチロールを使い、シートの下に収納するなど、数々の徹底的な合理設計を実現した。

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991