MENU
HONDA
検索

S360・T360発表 / 1962

Hondaの4輪進出への道をつくったクルマ

S360・T360発表 / 1962

全製作所を巻き込んだ分散生産

4輪への進出は特振法案の動きによって、早期進出に踏み切らざるを得なかった。商品としての技術や品質面では期待に応えられたものの、生産技術や量産設備面では、基礎固めの不足を否定できなかった。

Hondaが、それまでに持っていた設備は2輪車用生産設備であり、4輪車への利用ができる設備は少なかった。既存部品メーカーをはじめとし、新規部品メーカーへのアプローチを行うとともに、社内設備の利用検討を行った。生産スペースも既存工場のレイアウトの見直しなどを行い、その捻出に当たった。

その結果、埼玉製作所(現、和光工場)がT360・S500のエンジン生産、およびT360の完成車生産をし、浜松製作所がS500の完成車生産を担当した。2機種の車台生産は鈴鹿製作所が担当し埼玉・浜松へ供給。デファレンシャルとトランスミッションの生産は、T360を埼玉製作所が、S500を浜松製作所が担当した。

本田は、1963年8月発行のホンダ社報93号で4輪車専用工場の建設に対する考えを次のように語っている。

「今、日本の経済は安定しているというけれど、アメリカ経済の影響を非常に強く受けている。その国の中で、4輪ができた、これは良いということで、工場を建ててしまうということは、非常に危険だ。
(中略)
現在、浜松でスポーツカー、埼玉でトラックをやっているけれども、鈴鹿だって工機(現、ホンダエンジニアリング)だって、もちろん、浜松も埼玉も、全力を挙げて、現在もうかっているオートバイを、より以上にしっかりした基盤につくり上げると同時に、遊休機械を徹頭徹尾稼働させて、部品でも、プレスでもこれを徹底的に一元化して、絞って、現在の設備でできるだけのことを、みんなして努力してもらう。そうして、なるほど、これなら大丈夫だというときに、工場をつくらないと、いけないと思う。
(中略)
世界で1番の2輪メーカーになったんだから、この元をつぶしちゃいかん。そして、じっくりみんなして知恵を出し合って、今の4輪を育てなきゃいけない。カブを育てたときのように、"4輪のカブ"をつくってもらいたい」。

全製作所での分散生産体制には多くの苦労があり、効率的ではなかったが、その反面、収穫もあった。全製作所で4輪車生産に携わった人が出たこと、しかも、自分たちの手で問題を一つひとつ解決しながらやってきただけに、そこで身に付けたものは、非常に貴重であった。
特に拡大期における経験が、その後の狭山製作所(現、埼玉製作所狭山工場)の立ち上げや、鈴鹿製作所での4輪車生産のスムーズな立ち上げにつながったとも言える。

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991