MENU
HONDA
検索

S360・T360発表 / 1962

Hondaの4輪進出への道をつくったクルマ

S360・T360発表 / 1962

無理難題を若さと体力で切り抜ける

法案成立までに4輪車の生産実績をつくる必要に迫られ、1962年1月に、急きょ、4輪車の製作指示が技術研究所に出された。
製作車両を、同年に開催される第11回全国ホンダ会総会(通称、ホンダ会)に4輪プロトタイプとして発表することとし、製作機種は、軽4輪スポーツカー2台・軽4輪トラック2台という内容であった。
完成目標は、当初、4月15日としたが、当時、建設途中であった鈴鹿サーキットのお披露目に合わせて、新製品の展示・試走会を行うことになり、6月5日に建設途中の鈴鹿サーキットで開催することが決定。

「第3研究課の設計部隊は、当初の7人から1961年ごろには、やっと15人ぐらいになっていたと思います。造形室の4輪担当は、私1人から3人になっていましたが、2機種を同時開発することとなり、急きょ、6人体制を採って、軽トラックチームを新設し、2グループに分けて推進しました」
と、当時のデザイン担当・河村雅夫は言う。車体は、試作研究をしていたXA190と3XA120を基に、発表に向けてプロトタイプとして仕上げていったが、本田の細部にまでわたる指示を反映しながらの製作となり、苦労の連続であった。

エンジンはそれまでテストしていた空冷方式に限界を感じ、水冷方式直列4気筒・DOHCエンジンXA250を進めていた。このエンジンを基盤として、2機種のボディー形状と使用用途の違いから、開発記号を軽スポーツカーはAS250、軽トラックはAK250と称し、2種類のエンジン製作が開始された。

河村は本田に、開発指令の出されるきっかけとなったスポーツカーのダミーモデルを見せるに当たり、赤に近いオレンジ色を塗って見せた。小さなクルマを、できるだけ目立たせるためであった。それを見た本田が、
「こんどのクルマは赤でいくぞ!もっと赤い方がいい」
と言った。そのため、後日、スカーレット(深紅色)に塗り替えて提示したところ、本田は非常に気に入って喜んだ。当時は、国内販売される自動車の車体色に、緊急自動車(消防車・救急車など)と紛らわしい赤や白を使うことが、法律で規制されていた。赤色の使用許可を受けるために、当時、技術研究所で開発管理課長をしていた秋田貢は、幾度となく運輸省へ通った。

「取り付く島もないといった感じで、担当官は『Hondaは知っているが、本田技術研究所などという会社は聞いたことがない』などとやられる始末でした。技術研究所に帰る足取りも重く、本田さんと顔を合わせるのがつらかった。しばらくそんな時期が続き、本田さんも朝日新聞のコラム欄などを通して、『赤はデザインの基本となるものだ。それを法律で禁止するとは。世界の一流国で国家が色を独占している例など聞いたことがない!』と、ご自分の考えをアピールしていました」(秋田)。

ようやく許可が下り、秋田が喜んで本田に報告に行くと、
「おう、そうか」
の一言だけであった。

「車体色としての赤色の許可については、Honda1社だけが孤軍奮闘しましたが、以降、他社の市販4輪車にも赤いクルマが多く見受けられるようになりました」(秋田)。

発表会前日まで、人海戦術での仕上げが研究所で行われ、最後のタッチアップを鈴鹿地区の倉庫の一角で行った。完成は6月4日の深夜となった。
実質4カ月半という、非常に短期間で厳しい日程であった。
「当時は、無理難題を若さと体力で切り抜けました」(河村)。

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991