MENU

HONDA

検索

語り継ぎたいこと 〜チャレンジの50年〜

  1. 語り継ぎたいことトップ>
  2. Hondaのチャレンジングスピリット>
  3. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群

先進性・独創性にあふれた技術・商品群

先進性・独創性にあふれた技術・商品群

本田宗一郎は、1953年6月に創刊されたホンダ社報の中で、「大衆の気持ちを察し、大衆が喜び、大衆が愛する製品をつくる会社だけが、大衆に愛され、繁栄するだろう」と述べている。
そして、「真にお客さまに対するサービスの精神、すなわち、従業員としての徳義心を持っているならば、どのように苦心をしてでも工夫をし、改善して、お客さまの満足を得るはずだ」と、仕事の根本を説いている。
Hondaが生み出す技術や商品が、常に先進的、かつ独創的であり続けてきたのは、この仕事の根本を、開発者たちが、そして従業員全員が自らの胸に持ち続けてきたからにほかならない。


1978年10月、朝霞研究所内でNR(ニューレーシング)プロジェクトがスタート。この時、2輪新技術の創造に向けた4サイクル・長円形ピストンエンジンの開発が始まった。同エンジンの開発には多くの困難があり、レースシーンでの勝利は、1981年6月の全日本選手権・鈴鹿200kmレースで木山賢悟の駆るNR500が挙げた1勝にとどまった。その後、同エンジンの開発は、1992年5月に発売されたNR750への搭載によって結実したのである。

1968年3月、軽自動車初の3速フルオートマチックである、ホンダマチック・トランスミッションをN360に搭載して発表。その後のAT車普及への原動力ともなった。
1981年8月、世界初の自動車用ナビゲーション装置であるHonda・エレクトロ・ジャイロケーターを発表。自動車用ナビゲーションシステムの先駆けとなった。
1986年春、運転席用エアバッグを装備したレジェンド4ドアを100台生産し、第2次フリートテストを開始した。Hondaが目指したエアバッグの信頼性は、シックスナイン、つまり99.9999%であった。
1986年10月、世界初の舵角応動型4輪操舵システム(4WS)を発表。これによって、クルマの運動性能は飛躍的な向上を遂げた。
1989年4月、VTECと呼ばれる可変バルブタイミングリフト機構のエンジンをインテグラに搭載して発表。VTEC技術はその後もHondaの戦略技術として進化を続けている。

1977年6月、MEエンジンシリーズのG150・200を発売。この開発には汎用事業をHondaの3本柱構想の確かな1本とするために、100万台売れるような、数多くのエンジンをつくろうという想いが込められていた。
1983年1月、ZEエンジンシリーズのGX110・140を発売。OHVプラス傾斜シリンダーという革新的なアイデアは、以後、全世界の汎用エンジンメーカーがこぞって採用するところとなった。

1968年10月下旬から開かれた第15回東京モーターショーで、DREAM CB750FOURを発表。同車は日本における大型バイクの先駆けとなり、"ナナハン"という言葉までをも生んだ。
1975年3月、発展途上国の市場調査を徹底的に行った上で開発されたCG110・125をタイ市場に投入。CG125は、ブラジルの2輪市場開拓にも大きな役割を果たした。
1976年2月、ロードパルを発売。TVコマーシャルで展開された"ラッタッター"の愛称とも相まって、ファミリーバイクの新市場を創出した。

1981年11月、シティを発売。若手開発メンバーたちの想いが搭載された同車は、マッドネスの繰り広げるムカデダンスとともに、日本中をニュースであふれさせた。
1989年2月、米国・シカゴオートショーでN-SXを先行発表。オールアルミボディーとした同車は、だれもが楽しめる高性能スポーツカーとして、Hondaファンの熱い注目を集めた。
1994年10月、オデッセイを発売。生活創造車と位置付けた同車は、乗用車の良さを生かしたRVとしてお客さまからの圧倒的な支持を得た。
1996年4月、日本とアメリカで電気自動車・HONDA EV PLUSの技術発表が同時に行われた。EV専用ボディーには、環境問題でも先進でありたいというHondaの企業姿勢が表れている。

1965年1月、携帯発電機・E300を発売。レジャー用に片手で持ち運びのできる発電機として、E300は新たな市場をつくり出した。
1978年8月、歩行型芝刈り機・HR21を北米・欧州を中心にして発売。これはHondaがローン&ガーデン分野への参入を果たすための期待の商品であった。
1980年3月、ミニ耕うん機・F200『こまめ』を発売。同機は農業用・家庭菜園用としてロングセラー商品となり、大手の農業機械メーカーのミニ耕うん機市場への参入をも促した。

Photo
Photo

〔ポスター提供 Hondaコレクションホール〕

  1. 1

Hondaのチャレンジングスピリット

エキスパートを生み出すシステム
  1. エキスパートを生み出すシステムエキスパートを生み出すシステム
  2. 技術研究所の分離・独立 / 1960技術研究所の分離・独立 / 1960
  3. 私の記録、資格制度の導入 / 1960私の記録、資格制度の導入 / 1960
ついに果たした四輪業界への進出
  1. ついに果たした4輪業界への進出ついに果たした4輪業界への進出
  2. S360・T360発表 / 1962S360・T360発表 / 1962
  3. 4輪車の販売体制づくり / 19664輪車の販売体制づくり / 1966
  4. N360発表 / 1967N360発表 / 1967
  5. Honda1300発表 / 1968Honda1300発表 / 1968
  6. CVCCエンジン発表 / 1972CVCCエンジン発表 / 1972
  7. シビック発表 / 1972シビック発表 / 1972
  8. アコード発表 / 1976アコード発表 / 1976
世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  1. 世界に市場を求め、需要のある所で生産する世界に市場を求め、需要のある所で生産する
  2. アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959アメリカン・ホンダ・モーター設立 / 1959
  3. ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963ベルギー・ホンダ・モーター設立 / 1963
  4. ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング設立 / 1980
展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  1. 展開期に向けての爽やかなバトンタッチ展開期に向けての爽やかなバトンタッチ
  2. 本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973本田・藤澤両トップ退任、河島社長就任 / 1973
先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  1. 先進性・独創性にあふれた技術・商品群先進性・独創性にあふれた技術・商品群
  2. 長円形ピストン・エンジン / 1979長円形ピストン・エンジン / 1979
  3. ホンダマチック・トランスミッション / 1968ホンダマチック・トランスミッション / 1968
  4. カーナビゲーションシステム / 1981カーナビゲーションシステム / 1981
  5. エアバッグ・システム / 1987エアバッグ・システム / 1987
  6. 舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987舵角応動型4輪操舵システム(4WS) / 1987
  7. VTECエンジン / 1989VTECエンジン / 1989
  8. MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977MEエンジン(G100・150・200・300・400)シリーズ / 1977
  9. ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983ZEエンジン(GX110・140・240・270・340)シリーズ / 1983
  10. DREAM CB750FOUR / 1969DREAM CB750FOUR / 1969
  11. CG125 / 1975CG125 / 1975
  12. ロードパル / 1976ロードパル / 1976
  13. シティ / 1981シティ / 1981
  14. NSX / 1990NSX / 1990
  15. オデッセイ / 1994オデッセイ / 1994
  16. 電気自動車・Honda EV PLUS / 1988電気自動車・Honda EV PLUS / 1988
  17. 携帯発電機・E300 / 1965携帯発電機・E300 / 1965
  18. 歩行型芝刈機・HR21 / 1978歩行型芝刈機・HR21 / 1978
  19. ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980ミニ耕うん機・F200『こまめ』 / 1980
ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  1. ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術ものづくりの本質を追求するHondaの生産技術
  2. ホンダエンジニアリング設立 / 1974ホンダエンジニアリング設立 / 1974
  3. 世界一コンパクトな溶接ライン / 1982世界一コンパクトな溶接ライン / 1982
  4. 箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981箱物部品のモジュールトランスファーライン / 1981
  5. 塗装自動化ライン / 1988塗装自動化ライン / 1988
レースへのあくなき情熱
  1. レースへのあくなき情熱レースへのあくなき情熱
  2. 鈴鹿サーキット完成 / 1962鈴鹿サーキット完成 / 1962
  3. 2輪世界GP参戦 / 19792輪世界GP参戦 / 1979
  4. F1参戦 - 第1期 - / 1964F1参戦 - 第1期 - / 1964
  5. F1参戦 - 第2期 - / 1983F1参戦 - 第2期 - / 1983
  6. インディカー・レース参戦 / 1994インディカー・レース参戦 / 1994
  7. ツインリンクもてぎ誕生 / 1997ツインリンクもてぎ誕生 / 1997
アイデアを出して大いに遊ぶ
  1. アイデアを出して大いに遊ぶアイデアを出して大いに遊ぶ
  2. 創立15周年を京都で祝う / 1963創立15周年を京都で祝う / 1963
  3. オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970オールホンダ・アイデアコンテスト開催 / 1970
自然と人々と社会との共生
  1. 自然と人々と社会との共生自然と人々と社会との共生
  2. 安全運転普及本部発足 / 1970安全運転普及本部発足 / 1970
  3. Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982Honda・フランツ・システム車の開発 / 1982
  4. ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992ホンダ太陽・希望の里ホンダ・ホンダR&D太陽設立 / 1992
  5. ふるさとの森づくりスタート / 1977ふるさとの森づくりスタート / 1977
  6. 『お礼の会』開催 / 1991『お礼の会』開催 / 1991