検索
『第19回 カフェカブミーティング in 青山』report
日時:2015年10月24日(土)、10月25日(日)

『第19回 カフェカブミーティング in 青山』

Hondaウエルカムプラザ青山では、今年で19回目の開催を迎える恒例のイベント「カフェカブミーティング in 青山」を開催しました。今年は、週末の土曜日、日曜日にわたって開催され、2日間のトータルで450台を超えるエントリーがありました。

イベント当日は、全国のカブオーナーをはじめ、カスタマイズされたカブを一目見ようとたくさんの方がご来場。会場にならんだマシンはどれも皆さまの個性が輝くもので、シートを切り”かぶ”にしたユニークなデザインや、サイドカーが装備されたものなど、オリジナリティあふれるカブが集いました。また、カボチャやコウモリのデザインがあしらわれたハロウィーン仕様のカブでは、タンデムシートにガイコツが乗り、ひときわ注目を集めていました。

『第19回 カフェカブミーティング in 青山』 『第19回 カフェカブミーティング in 青山』

コンテスト結果の発表を前には、本田技術研究所 二輪R&Dセンターデザイン開発室主任研究員の渡邉徳丸さんを招いてトークショー「バイクフォーラム」を行いました。内容は、渡邉さんが研究所に入社して、カブのデザインを手掛けるまでの経緯、そして、2015年東京モーターショーに出展されたカブの未来像を表現する「Super Cub Concept」、「EV CUB」のデザインについてお話いただくなど貴重な場となり、会場のカブファンの方々も興味津々に聞いていました。

『第19回 カフェカブミーティング in 青山』 『第19回 カフェカブミーティング in 青山』

そして、いよいよコンテスト結果の発表。コンテストは、来場者による人気投票のほかに、最も遠くから参加された方に贈られる”遠来賞”や、最も使い込んだ感のあるカブを表彰する”ヤレ感賞”など、バラエティー豊かなさまざまな賞を用意。本日のゲストである渡邉さんによる”ゲスト賞”では、自らがデザインを担当したSuper Cub 110から選び、「これだけオリジナルのデザインを守ってカスタマイズしたことに敬服します」と絶賛。受賞した方には渡邉さンのサインが入ったSuper Cub 110のファイナルスケッチ(デザイン画)という貴重な品が贈られました。

どの賞の発表も受賞したカブとオーナーさまに納得の声と大きな拍手が送られ、大盛り上がりの中、ついに人気投票で1位となったカブの発表に。会場はどのカブが受賞するか独特な緊張感に包まれました。そして、1位に輝いたのは、クロスカブでアドベンチャー仕様で出たらこうなるだろうと、自ら制作したパーツで仕立てたオリジナルカブでした。オーナーさまは「選ばれてすごいびっくり!」と驚きの表情。初参加のウエルカムプラザ青山のカフェカブで見事1位を勝ち取りました。イベントについては「会場がとても盛り上がっていて、このイベントが続いている理由がわかりました」とお聞かせくださいました。

『第19回 カフェカブミーティング in 青山』 『第19回 カフェカブミーティング in 青山』

結果発表の後は、来場者の方も含めてじゃんけん大会を開催。Hondaグッズなど豪華プレゼントをかけて真剣勝負が繰り広げられ、今年も大盛況の中でイベントは幕を閉じました。

『第19回 カフェカブミーティング in 青山』

 

今年のイベントは、2日間でたくさんのオリジナルカブがウエルカムプラザ青山に集まり、イベントを盛り上げてくれました。来年はどんなカブが見れるのか楽しみです!

このページの先頭へ