検索
McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting
report
日時:2015年2月10日(火) 17:00~

McLaren‐Honda F1™ Kick-Off Meeting

Hondaウエルカムプラザ青山では、2015年のFIA フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)に参戦するMcLaren-Hondaのドライバーを招いたファンイベント、「McLaren‐Honda F1 Kick-Off Meeting」を開催しました。

McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting

このイベントでは、ともにチャンピオン獲得経験を持つ、フェルナンド・アロンソ選手とジェンソン・バトン選手を迎え、トークショーを実施。現役F1ドライバーの生の声を聞くことができる、またとない機会になりました。また、会場には、2015年型マシン「McLaren‐Honda MP4-30」を特別展示。事前抽選でお招きした皆さまはドライバーの登場が待ちきれない様子で、イベント開始前から場内は熱気であふれていました。

そんな中、いよいよ両選手が登場。拍手と歓声が沸き起こる熱烈な歓迎ぶりに、アロンソ選手、バトン選手ともに満面の笑みを浮かべて手を振ってくれました。

トークショーでは、約1週間前にスペインでの初テストを終えたばかりの両選手が、さまざまな話題を披露。アロンソ選手が「マシンのドライブはエキサイティングで感動的でした」と語れば、バトン選手も「McLaren‐Hondaは、僕が子供のときの80年代に見ていた伝説。そのパッケージで走れることを誇りに思います」と話すなど、新たな挑戦にドライバー自身も期待している様子がうかがえました。

両選手はファンからの質問にも回答。チームを移籍してきたアロンソ選手に心境を尋ねると「レースを始めた少年時代、McLaren-Hondaカラーのカートに乗っていましたから、今は一周まわってスタート地点にいるような気持ちです。このプロジェクトにすべてを捧げます」と熱いコメントが飛び出しました。そして、新婚のバトン選手に「結婚してレースに臨む気持ちは変わりましたか?」と大胆な質問をぶつけると、「僕にとってはいい風。F1は世界中を転戦するので、そばに理解者がいることが、必ずいい方向に導いてくれます」と素直な気持ちを聞くことができました。

McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting

イベントの終盤では、会場の皆さまがメッセージを書き込んだ応援フラッグを両ドライバーにプレゼント。バトン選手からは「日本のファンからの応援が、必ず僕たちを表彰台の頂点へ持ち上げてくれます」と、うれしい感想が。さらに、アロンソ選手が「自分の部屋に飾ろうと思うけど、みんな変なことは書いていないよね?」とジョークで返すと、会場は笑いに包まれました。

さらに、ドライバーからのプレゼントが当たる抽選会も開催。Tシャツや写真パネルに、2人がそれぞれその場でサインを書き込んでプレゼントしてくれました。アロンソ選手のサイン入りTシャツを手にされた方は「ずっとMcLaren-Hondaのファンだったので、すごくうれしいです。番号を呼ばれたときには、頭が真っ白になりました。赤白カラーのセナプロ時代から、BAR Hondaなど、HondaのF1活動をずっと見てきたので、今日は歴史的な瞬間に立ち会えて感動しています」と喜びのコメントを寄せてくださいました。

最後はドライバーと会場の皆さま全員で記念写真を撮影し、今シーズンの健闘を誓い合いました。まさに特別な時間となった本イベントは、こうして幕を閉じました。

McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting McLaren Honda F1 Kick‐Off Meeting

※今回撮影した記念写真は、下のリンクよりダウンロードしていただけます。

フェルナンド・アロンソ選手とジェンソン・バトン選手と記念撮影
記念写真ダウンロード(約12MB)


F1世界選手権の開幕戦は、3月15日(日)決勝のオーストラリアGPです。皆さま、McLaren-Hondaを一緒に応援してください!

このページの先頭へ