検索
「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」report
日時:2014年2月7日(金) 17:30~20:00

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」

Hondaウエルカムプラザ青山では、2014年シーズンにHondaが参戦するモータースポーツ活動の主要ライダー・ドライバーによる「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」を開催しました。

当日は、12:00から入場整理券を配布。総勢28名のHondaを代表するライダー・ドライバーをゲストとして迎えた当イベントには、多くのモータースポーツファンの方がご来場されました。

また、会場には二輪と四輪のレーシングマシンを特別に展示。さまざまなカテゴリーのレース車両が並び、来館された皆さまの目を楽しませていました。

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」

豪華なイベントがスタート

17:30から、いよいよファンミーティングがスタート。ピエール北川さんと平山みゆきさんが司会を務め、トークショーがはじまりました。

最初のゲストは、昨シーズンMotoGPクラスデビューにして史上最年少チャンピオンに輝いたマルク・マルケス選手と、MotoGPクラスで総合3位の戦績をおさめたダニ・ペドロサ選手。ビックネームの登場に、会場の皆さまは一斉にカメラのシャッターを切っていました。

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」

トップライダーが語る昨シーズンと今シーズン

弱冠20歳で偉業を達成したマルケス選手は「昨シーズンを振り返るとうれしい気持ちでいっぱいです。MotoGPに出場が決まったときは、とにかくレースに慣れればよいと思っていましたが、優勝できて夢がかなった気分です」と喜びの声を聞かせてくれました。

ピエール北川さんの「次のシーズンはどんなシーズンにしたいですか?」という質問に対し、ペドロサ選手は「テストでも感覚がよく、レースのスタートが楽しみです。気持ちも高揚しているのでいいシーズンになると思います」と頼もしいコメントを残しました。

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」

二輪・四輪 夢の共演

マルケス選手とペドロサ選手に続いて壇上招かれたのは、WTCCで活躍する「Castrol Honda World Touring Car Team」のガブリエーレ・タルクィーニ選手とティアゴ・モンテイロ選手。MotoGPライダーとWTCCドライバーの共演に、会場は一層の盛り上がりをみせました。

控え室で話が弾んでいたという4人は、ステージ上でも楽しいトークを展開。「マシンをスイッチしてイベントをやろう」という話も飛び出し、会場はにぎやかな雰囲気に包まれました。

3組目のゲストは、「Team HRC」の方々。2週間で8434kmを走破した「ダカールラリー2014」に参戦したライダーに加え、今シーズンから各二輪カテゴリーで、新しくTeam HRCに加わる選手たちの登場に、館内は大きな拍手で包まれました。

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」

SUPER GTの選手が大集合

次に登場したのは、SUPER GTシリーズGT300クラスの選手たち。皆さまには、今シーズンの意気込みやGT300で使用される「CR-Z GT」の魅力を語ってもらいました。

続いてステージへ上がったのはGT500クラスに参戦する10名の選手。2名体制で行われるレースの新しい組み合わせの紹介や、今シーズンからGT500に使用されるマシン「NSX CONCEPT-GT」の解説をしてくれました。

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」
「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」

ファンからのサプライズプレゼント!

大勢のゲストを迎えた本イベントの最後に登場したのは、今年からF1の登竜門と呼ばれるGP2 シリーズに「ART Grand Prix」から参戦する伊沢拓也選手と、昨シーズンのインディカー・シリーズで、悲願の初優勝を飾った佐藤琢磨選手。世界を舞台に活躍する日本人ドライバーを迎え、館内からは大きな歓声が沸き起こりました。

初めてフランスに住む伊沢選手に対し、海外生活の長い佐藤選手がアドバイス。日本食がある町の話や、引っ越しのアドバイスなど、プライベートな話題も飛び出しました。また、伊沢選手は「レーシングドライバーとして今が一番いい時期だと思います」と、2014年の挑戦に向けて、期待が高まるコメントを残してくれました。

参戦4年目にして念願の初優勝を果たした佐藤選手には、会場から「優勝おめでとう。待ってました」という声が届けられました。佐藤選手は昨シーズンのレースを振り返るとともに、「今年は、昨シーズン優勝を逃したインディ500でもリベンジしたいです」と、今年の目標を語りました。

最後に、海外で活躍する2人のドライバーに、ファンの皆さまがメッセージを書き込んだ応援パネルがプレゼントされ、和やかな雰囲気のなかイベントは幕を閉じました。

「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」 「2014 Honda Motorsports ファンミーティング」
 
  ■ゲスト  
     
  MotoGP マルク・マルケス選手、ダニ・ペドロサ選手(Repsol Honda Team)  
     
  WTCC ガブリエーレ・タルクィーニ選手、ティアゴ・モンテイロ選手(Castrol Honda World Touring Car Team)  
     
  ダカールラリー エルダー・ロドリゲス選手、ホアン・バレダ選手(Team HRC)  
     
  モトクロス世界選手権 イブジェニー・バブリシェフ選手、マキシミリアン・ナグル選手(Team HRC)  
     
  全日本モトクロス選手権(IA1) 成田亮選手、小方誠選手(Team HRC)  
 
 
  全日本モトクロス選手権(IA2) 富田俊樹選手、田中雅己選手(Team HRC)  
     
  SUPER GT GT300 中山友貴選手、野尻智紀選手(チーム 無限)、高木真一選手、小林崇志選手(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)  
     
  SUPER GT GT500 ヴィタントニオ・リウッツィ選手、松浦孝亮選手(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)、塚越広大選手、金石年弘選手(ケーヒン リアル レーシング)、山本尚貴選手、ジャン・カール・ベルネ選手(ウイダー モデューロ 童夢レーシング)、中嶋大祐選手、ベルトラン・バゲット選手(エプソン・ナカジマ・レーシング)、小暮卓史選手、武藤英紀選手(チームクニミツ)  
     
  GP2 伊沢拓也選手(ART Grand Prix)  
     
  INDY 佐藤琢磨選手(A.J. Foyt Racing)  
 

※今回撮影した記念写真は、下のリンクよりダウンロードしていただけます。

MotoGP、WTCCの選手と記念撮影 記念写真ダウンロード(約3.66MB)

Team HRCの選手と記念撮影 記念写真ダウンロード(約3.46MB)

SUPER GTの選手と記念撮影 記念写真ダウンロード(約3.52MB)

伊沢拓也選手、佐藤琢磨選手と記念撮影 記念写真ダウンロード(約3.61MB)

Hodnaを代表するライダー・ドライバーが一同に会する、豪華なイベントとなりました。2014年もHonda勢の応援をよろしくお願いいたします!

このページの先頭へ