インアクショントップへ
belt-inaction  
ワンダードッグトップへ

Action 31 地引網で遊ぶ

生シラスからイルカまで
湘南の海は福袋だ!

 網を入れてから2時間、海の男たちの引くロープが地引網の先端を示すブイを波打ち際まで引き寄せてきた。ブルーシートを浜に拡げ、網をその上に引き上げていく。上げるごとにまさに「ピチピチ」と跳ねる魚が見えてきた。最先端はシラスを取るための袋になっているので、オケに開けるまで何が入っているか分からない。福袋を開けるワクワク感がある。
 今回、マックとやってきたのは湘南の辻堂海岸。サーファーなみに「海が好き!」なマック、あいにくの雨模様にも文句はない。飼い主はというと、辻堂に住む友人・小畑さんの「地引網にシラスが入り始めた」の知らせに入れ込んでのドライブだ。
 犬連れのドライブには、夏の湘南はちとツライ。普通の人が海に行こうとは思わない早春から梅雨の時期、もしくは秋から冬の手前がいい。で、その時期に始まり、そして終わるのが辻堂海岸の地引網なのだ。
 東京からほんのひと走りの辻堂、しかもサーファーだらけのあの海で、新鮮な生シラスが取れるとは意外だが、質量ともに有名なところ。
 さっそく網が開いたところを覗き込んでみよう。まず小さなシコイワシの群れがいる。その中で大きく跳ねるのは寿司屋の高級食材になる相模湾のシロアジ。長く銀色の肌を見せるタチウオもかかっている。そして、最後にオケにあけられるのが狙いのシラス。この日は潮が速く、オケ1杯の収穫で「遊びみたいなもん」と漁師さん。寄りと呼ばれる大漁時には用意したオケが足りないほど取れるという。
 そのシラスは水ですばやく洗って生や釜揚げとして直販もしてくれる。運がよければアジなども分けてもらえるとあって、朝6時前の網入れの時から地元の人が回りに集まって作業の行方を見守ることになる。マックは海で遊びたくて大騒ぎをしているが、ここで貢献すれば分け前にありつけるぞ、とオケやすくい網を運んでのお手伝いに精を出す。
 
五郎引丸
網を入れる五郎引丸。寄せる波を越えて行く様はマックも興奮する勇壮さ

曽我さん今回お世話になった網元の曽我さん。シーズン中、ひと網8万5千円から観光地引網もやってくれる。湘南で犬仲間のオフ会にいいかも
●五郎引き網 0466-34-0815
 

地引網
入れてから1時間半かけて浜まで引き上げられる地引網。この先端にシラスが入っているはず

とれたてシラス
魚には興味のないはずのマック、シラスのオケに突然顔を突っ込み大慌ての僕。今日のシラスは形がいいそう

タチウオを持つ小畑さん サカタザメの魚拓
手に持つのはタチウオ、魚拓はサカタザメ。その日によって取れる魚が違うから面白い、と本日の案内人・小畑さん(右)

出来立て釜揚げ
釜揚げの出来立てを味見。ゼッピン。1パック250グラム見当で500円は安い

いよいよシラスの試食
 
ワンダードッグへの道トップへ
オリジナルトップへ
・44 ドッグドックのススメ
・43 Honda菜園で遊ぶ
・42 九州で遊ぶ・宮崎編
・41 九州で遊ぶ・熊本編
・40 綱吉の湯で遊ぶ
・39 セスナで遊ぶ
・38 もてぎで遊ぶ
・37 紅葉で遊ぶ
・36 渓流釣りで遊ぶ
・35 富士山で遊ぶ
・34 座間味で遊ぶ2
・33 座間味で遊ぶ1
・32 六本木ヒルズで遊ぶ
・31 地引網で遊ぶ
・30 里山で遊ぶ
・29 スノーシューで遊ぶ
・28 ひばのくにで遊ぶ
・27 熱気球で遊ぶ
・26 カヌーで遊ぶ
・25 きのこ狩りで遊ぶ
・24 ラフティングで遊ぶ
・23 伊豆・静岡で遊ぶ
・22 ドッグ・スパで遊ぶ
・21 ドリームピアで遊ぶ
・20 トラベルドッグで遊ぶ
・19 樹海で遊ぶ
・18 ストリームで遊ぶ
・17 丹沢で遊ぶ
・16 アジリティで遊ぶ
・15 国営ドッグランで遊ぶ
・14 スキー場で遊ぶ2
・13 スキー場で遊ぶ1
・12 冬の海で遊ぶ
・11 ファミレスで遊ぶ
・10 秋の八ヶ岳で遊ぶ
・09 海外で遊ぶ
・08 広尾・表参道で遊ぶ
・07 高原で遊ぶ
・06 西海岸で遊ぶ
・05 ドッグランで遊ぶ
・04 川で遊ぶ
・03 お花見散歩で遊ぶ
・02 都会で遊ぶ
・01 雪と遊ぶ