検索

水素だからできること Hondaが目指すクルマの未来

水素で発電し、その電気で走る燃料電池自動車は、走行中にCO2や排出ガスを一切出さない究極のエコカーです。その水素を再生可能エネルギーから生み出せば、化石燃料に頼らないクルマ社会をつくることができます。

その可能性に着目したHondaは、燃料電池自動車の実用化に向けて、長年取り組んできました。そして生まれたのがクラリティ FUEL CELLです。

Hondaは、水素を「つかう」燃料電池自動車だけでなく、水素を「つくる」小型水素ステーションや、燃料電池自動車と「つながる」外部給電器を提案することで、水素エネルギー社会の実現に向けて、大きな一歩を踏み出しました。

「つくる」「つかう」「つながる」というコンセプトのもと、Hondaはどんなクルマの未来を目指しているのでしょう。その取り組みを紹介します。

Interview

三部 敏宏
株式会社 本田技術研究所 取締役 専務執行役員
本田技研工業 株式会社 執行役員

三部 敏宏

三部 敏宏

Hondaが水素に注目する理由

−Hondaが未来のために取り組んでいることは?
Hondaには、二輪、四輪、汎用という事業がありますが、そのほとんどの製品にエンジンが搭載されています。どんなに燃費が良いエンジンでも、燃料を燃やせばCO2(二酸化炭素)が出ます。1年間に3000万台弱のエンジン付き商品を世に送り出している世界最大のエンジンサプライヤーとしては、CO2を減らしていく、あるいはCO2を出さないことは、なんとしても実現しなければならない課題です。そのためにも、できるだけ早く化石燃料に頼らない社会、カーボンフリーを実現したいと考えているのです。
−どんな方法でCO2を削減するのですか?
Hondaの次世代クリーンカーの考え方
Hondaは、電気自動車やプラグインハイブリッド車、そして、水素を使って走る燃料電池自動車などが有効な手段だと考えています。
Hondaの次世代クリーンカーの考え方
−そのなかでHondaが水素に注目する理由は?
水素がカーボンフリー社会を実現するうえでキーとなる元素、キーとなる技術だからです。“周期表”の左上にある水素は、一番小さくて軽い元素です。その水素は酸素と結びついて電気を発生しますが、そのときに出るのは水だけです。また、水素は地球上に無数に存在していますし、電気のかわりにエネルギーを一時的に貯めておくことができますから、うまく使えばとても便利なエネルギーになるわけです。
将来、水素エネルギーを使ったクルマが必ず走るようになると考えたHondaは、1980年代後半から燃料電池の基礎研究を開始し、燃料電池自動車の研究・開発に取り組んできました。そして、2008年にはFCXクラリティを発表し、進化させ、2016年にこのクラリティ FUEL CELLを世に送り出しました。
−クラリティ FUEL CELLの特徴は?
先代にあたるFCXクラリティは技術的に優れたクルマでしたが、大変高価で一般のお客さまが購入するにはほど遠かった。また、水素と酸素から電気をつくる燃料電池スタックがキャビンにあり、普通のセダンのように5人乗ることができませんでした。そこで、クラリティ FUEL CELLでは、一般のお客さまが購入できる価格までコストを抑えることや、普通のセダンと同じキャビンスペースにするために燃料電池スタックをフロントフード下に収めて5人乗りにすることを目標に開発しました。そのために、燃料電池スタックの効率を高めて、小型化を図ったのです。その結果、パッケージングを含めて、通常のクルマと同じ使い勝手を実現したという意味では、さらに良いクルマになったと思います。
−燃料電池スタックの小型化により、セダン以外のバリエーション展開も考えられますね。
いまのところ明確なプランはありませんが、クラリティ FUEL CELLを1つ創って終わりではなくて、インフラの状況を見ながら、今後の展開を検討していくつもりです。そのために、ボンネットの中にパワープラントを収めたわけです。いまの段階でもV6エンジンのクルマなら搭載可能ですから、応用範囲は広いはずです。

「つくる」「つかう」「つながる」へ

−Hondaは燃料電池自動車だけでなく、水素をつくるスマート水素ステーション(SHS)を手がけましたが、それはなぜ?
あたりまえの話ですが、燃料電池自動車は水素がないと走れません。現在、日本は政府を中心に水素社会に向けて強力に政策を進めていて、まずは4大都市圏に水素ステーションを集中させる考えです。そういった商用の水素ステーションというのは、利用する燃料電池自動車の台数がある程度見込めないと事業にならないため、台数が少ない地域で利用するにはそれを補完するものが必要になります。それがHondaのパッケージ型のスマート水素ステーション、SHSです。
−自動車メーカーのHondaがそこまでする理由は?
水素社会の早期実現という観点で捉えると、クルマだけつくっていてもなかなか普及は難しいのです。水素ステーションがないからクルマが増えない。クルマが増えないから水素ステーションが増えない。ニワトリと卵のような議論をしていては前には進めません。それなら、自分たちの手で水素をつくることで燃料電池自動車を有効に活用しよう、普及を後押ししようと岩谷産業さんと共同開発を行うことで実現しました。
−さらにHondaは、クラリティ FUEL CELLから電気を取り出して使う可搬型外部給電器Power Exporter 9000を発表しましたね。

クラリティ FUEL CELLから取り出した電気を家庭用などの電源に変換するPower Exporter 9000を利用すれば、水素が満タンの状態なら、一般の家庭が1週間くらい過ごせる電気を供給することができます。Power Exporter 9000によってクラリティ FUEL CELLとつながることになれば、災害時などには有効に水素を活用できますし、もちろん、レジャーでもお客さまの工夫次第でさまざまな使い道が生まれるでしょう。

Hondaには二輪、四輪、汎用という事業があり、モビリティという枠の中で、それぞれが持つさまざまな技術を組み合わせれば、新しい価値が創造できる。それがHondaの強みです。

−燃料電池自動車普及への課題は?
クラリティ FUEL CELLで、ようやく一般のお客さまでも手が届くクルマになりましたが、さらに努力しなくてはならないと考えています。というのは、ご存じのとおり、クラリティ FUEL CELLを購入する際には補助金が支給されますが、本来はそういうものに頼らなくても販売できなければなりません。それには台数を増やす必要はあります。Hondaは現在GMと協力しながら次の燃料電池自動車を開発していますが、それにより台数のメリットが生まれると考えています。また、水素ステーション、とくに北米でのインフラ整備を進めるという意味でも、GMとの協力は大きな可能性を秘めていると思います。
−今後、水素技術の開発にかける意気込みは?

Hondaは、必ずしも水素技術を前面に出したいわけではなく、あくまで目指すのはカーボンフリー社会の早期実現です。CO2の排出を制限しても地球温暖化は止められません。それでも今日、明日は困りませんが、いま手を打たなければ私たちの子供たちにツケを回すことになります。そうならないために、Hondaが長年培ってきた水素技術を役立てたいと思っているのです。

最近よく耳にする言葉にCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)があります。Hondaが水素技術の研究開発を続けてきたのも、「企業としてやるべきことは何か」という観点から価値があると考えてきたからですし、継続しなければ新しい技術や社会は生まれません。利益の追求だけに走り、「ただ儲かればいい」などと口に出した瞬間、創業者の本田宗一郎さんが墓から出てきますよ(笑)

誰かがやらなければならいということを、これまでも一生懸命やってきたのがHondaです。それは今後も変わりませんし、それこそがHondaという会社の存在意義と信じています。

水素社会に向けた開発の歴史

水素社会に向けた開発の歴史

〜 Hondaが描く水素エネルギー社会 〜

Hondaが描く水素エネルギー社会」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。