汎用エンジン

世界が認めた、クリーン・低騒音・低燃費、そして高性能。世界最大クラス、V6 3.5L Honda4ストローク船外機。

EPA&国内自主規制を大幅にクリア

オイルタンク内のオイルを完全にミスト化し、エンジンを360度傾斜させても影響を受けないロータリースリンガーポンピング潤滑システムの開発で4ストロークエンジンの常識を塗り替えたGX22/31は、同出力帯の2ストロークエンジンとほぼ同じサイズと重量ながら、燃費は約半分、排出ガス中のHCも従来の2ストロークに比べ1/10にまで低減しています。そして、その高い性能はGX25/35へと引き継がれています。

  • GX25/GX35
  • OHCエンジン
  •  

全世界で年間約1000万台と言われるハンドヘルド(手持ち式)作業機の市場では2ストロークエンジンが大半を占めていた1997年、ホンダは超小型軽量4ストロークエンジン「GX22/31」を発表。Hondaが独自に開発した「ロータリースリンガーポンピング潤滑システム」などにより、エンジンの傾きによる影響を受けない「360度自在傾斜」を可能としています。また、「1駒OHV」や「ユニブロックシリンダー」などの採用により、2ストロークエンジンと同等の小型軽量を達成。さらに、Hondaの持つ4ストロークエンジン技術により、クリーンな排気を達成し、米国のCARB(米国カリフォルニア州大気資源局)/EPA(米国環境保護庁)の規制値をクリアし、実用燃費も2ストロークエンジンの約1/2に低減するなど、人と地球 に優しい特性としています。

その後、2002年4月には世界最軽量※(2.78kg)の360°自在傾斜4ストロークエンジン「GX25」(排気量25cc)を新開発。 「GX25」は、手持ち作業に最適なエンジンとして、「世界最軽量」「360°自在傾斜」「圧倒的な環境性能」をコンセプトに開発されました。油中タイミングベルトOHC構造の採用により、オイル室と動弁系室を合体させ、エンジンの大幅な軽量化とコンパクト化を実現。クラストップの低燃費、低オイル消費を実現しています。この超小型4ストロークエンジンGX25、35シリーズは、低震動、低騒音などとあわせてトータル性能のバランスが高く、刈払機や動力噴霧機などのハンドヘルド作業機の動力源として作業が効率的に楽に行える最適なエンジンです。

※Honda調べ

4ストローク船外機BF225

360度どのような方向でも運転を可能とするため、オイルの供給・回収・流出防止の三つに機能分割し、どのような傾斜状態でも確実に機能するように設計。重力の影響から逃れるためにオイルタンク内は回転式のスリンガーで強制的にすべてミスト状態とし、これをクランクケースのポンピング気流で運び、バルブ駆動室に供給するシステムを採用しています。

搭載機種例

刈払機

製品ページへ


  • UMK425(U字ハンドル)

  • UMK425(ループハンドル)

  • UMR125(背負式)

水ポンプ

製品ページへ


WX10