検索

次世代小型スクーター用エンジン eSP

乗り物を操る面白さと、日々の暮らしの中での利便性を同時に満たしてくれる二輪車にいつまでも乗り続けることができるようにするために、私たちにはしなくてはならないことがあります。そうしたことの一つが走行時のCO2排出量の低減です。

次世代小型スクーター用エンジン eSP

この課題への取り組みの一環として、私たちは次のような目標を定め、次世代小型スクーター用グローバルエンジン「eSP」を開発しました。

  • 実用性を重視した力強い出力特性と耐久性のさらなる向上
  • 次世代のグローバルスタンダード・エンジンにふさわしい燃費性能
  • グローバルモデルに採用することによる地球規模でのCO2低減への寄与
  • お求めやすい価格の実現

私たちはeSPを2012年発売のPCXをはじめとして世界各地のお客様にそれぞれの地域ごとに、その地域に最も適したタイプのスクーターに搭載してお届けしていきます。

次世代小型スクーター用エンジン技術の成果

2012年に発売されたeSP搭載新型スクーターは2006年の同等クラスのスクーター(当社製110cc)に対し最高出力約20%※1、最大トルク約27%※1向上を図ったうえ、燃費が約33%※2向上しました(アイドリングストップ使用時)。

※1 数値はHonda調べ
※2 ECE R40モード(排出ガス測定に用いられる走行・停止を繰り返す走行パターン)。

CO2を減らすには

ガソリン1Lが燃える際に発生するCO2の量は一定です。これを変えることはできません。したがってCO2を減らすということはガソリンの使用量を減らすこと、つまり燃費を良くするということなのです。しかし一定量のガソリンから取り出すことのできるエネルギーも一定です※。 どうしたらバイクの走行に必要十分なエネルギーを取り出し、かつ燃費を向上させることができるのでしょうか?

※ ガソリンは50~500種類もの炭化水素の化合物です。このため、ガソリンが1L燃えた際に得られるエネルギー量と発生するCO2の量は含まれる成分によって若干異なりますが、CO2の排出量を計算する際にはそれぞれ 2,320g/L、34.6MJ/Lで計算するよう定められています(環境省発行 温室効果ガス総排出量算定方法ガイドライン平成23年10月発行版による)。

ガソリンの持つエネルギーは何に消費されている?

※ 摩擦抵抗や慣性抵抗など、抵抗によるエネルギーロス。

ガソリンエンジンはガソリンの持つエネルギーを100%使い切っているわけではありません。未だ多くのエネルギーが無駄に失われています。この無駄を削減していくこと、エネルギーの利用効率を高めていくことが燃費の向上につながります。eSPはこうした効率向上のための数多くの研究成果の集大成です。

燃費性能を向上させるには

エンジンの燃費性能を向上させるため、eSPには以下のような技術を投入しました。

  1. 燃料と空気の割合を最適化する
  2. 日常よく使う速度でエンジンの回転数を抑える
  3. エンジン内部で生じるフリクションを減らす

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

~ eSP編 ~

Honda テクノロジー図鑑 eSP編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。

感想を送る

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

~ eSP編 ~

Honda テクノロジー図鑑 eSP編」をご覧いただきありがとうございます。現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

感想を送る