検索
HondaTechnologyAutomobileVCM
ゆとりある走りと低燃費を両立するHondaのVCM 2003年6月発表の情報

コンテンツ1スタート

まずはじめに、

VCM(ブイ・シー・エム:可変シリンダーシステム)とは
何かをご紹介しましょう。

VCM(Variable Cylinder Management)とは、

 

走行状態によって
自動的に
エンジンの「3分の1、半分」を休ませ(=気筒休止)
ガソリンを節約する技術です。

エンジンを3分の1、半分休ませるため、小さなエンジンのクルマでは
充分なパワーが得られません。したがってVCMは、

 

UP

DOWN
コンテンツ2スタート

燃焼を止めて、気筒休止。

VCMは6気筒エンジンに搭載されていて、
6気筒のうち、1/3の2気筒、半分の3気筒で
燃焼を止め
気筒休止
を行います。

 

6気筒燃焼〜4気筒燃焼〜3気筒燃焼を走行状態によって切り替えるのです。

気筒休止するということは、VCMが働いたときは
排気量の少ない、小さなエンジンで走るのと同じ。
だから、ガソリンが節約され、CO2の排出も少なくなります。

UP

DOWN
コンテンツ3スタート

VCMはどんなときに働くか。

VCMは、市街地走行から日常的に働きます。
また、特に高速道路のロングドライブで働かせると、
大きく燃費低減に貢献することが期待できます。

VCMは、上級セダンのゆとりある
走りの楽しさをそのままに、優れた燃費を実現。
環境性能と経済性を向上させるテクノロジーです。

 

UP

編集後記 次へ




Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

〜 VCM編 〜

Honda テクノロジー図鑑 VCM編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。
<< *印の項目は必須です >>
Q1
性別

Q2
年齢

Q3
ご職業

Q4
Honda テクノロジー図鑑」への訪問頻度は?

Q5
Honda テクノロジー図鑑」をどこで知りましたか


Q6

Honda テクノロジー図鑑 VCM編」の感想をお聞かせください。

(a)
満足度

(b)
わかりやすさ

Q7
Q6の(a)で「どちらでもない」「あまり満足しなかった」「まったく満足しなかった」を選択された方におたずねします。その理由を、下記よりお選びください。

Q8
Honda テクノロジー図鑑」についての御意見・ご感想、とりあげてほしいテーマや技術等あればご記入ください。<最大全角250文字>


※ご質問・ご依頼等への対応は行っておりません。
 ご質問・ご意見等でHondaからの回答をご希望の方は「お問い合わせ窓口」へご記入ください。→こちら