検索

「バック駐車」と「縦列駐車」
スマートパーキングアシスト
システムの2つのモード

Hondaのスマートパーキングアシストシステムは、駐車時のハンドル操作をアシストしてくれる機能です。「バック駐車」と「縦列駐車」を行う時に、ハンドルが自動で回転し、車両を駐車スペースの白線の枠内へと導いてくれます。バック駐車でも縦列駐車でもハンドル操作は自動ですが、前進と後退のシフトチェンジ、ブレーキ、アクセルの操作などは、運転者が行います。
バック駐車では、駐車スペースに面した通路幅をナビゲーションのカスタマイズで設定できます。縦列駐車では、通路幅の初期設定をする必要はありません。

  • バック駐車
  • 縦列駐車

スマートパーキングアシスト
システムを
使えるのはこんな時

スマートパーキングアシストシステムは、次のような場合に使用できます。バック駐車では、駐車スペースに面した通路幅が、ごく一般的な道路幅である5m以上あること。あらかじめ、ナビ画面のカスタマイズ設定から「広い(6m)」、または「狭い(5m)」の2通りから適した道幅を選択します。縦列駐車の使用条件は、道路幅が4.5m以上あることです。
どちらのケースでも、周囲の車両がきちんと枠内に駐車されていることが最も重要です。これらの条件を満たしていれば、ほとんどの場合、スマートパーキングアシストシステムを使用することができます。

スマートパーキングアシスト
システムが使える時

通路幅、道路幅が
十分にある場合

5m以上の通路幅(バック駐車)

5m以上の通路幅(バック駐車)

4.5m以上の道路幅(縦列駐車)

4.5m以上の道路幅(縦列駐車)

スマートパーキングアシスト
システムが使えない時

通路幅、道路幅が
足りない場合

5m未満の通路幅(バック駐車)

5m未満の通路幅(バック駐車)

4.5m未満の道路幅(縦列駐車)

4.5m未満の道路幅(縦列駐車)

周囲の車両が枠内に
停車されていない場合

操作中に注意が
必要な場合は?

停止枠を超えた場合

停車しないでバックし続ける

停車しないでバックし続ける

運転者がブレーキ操作をしないと停止しないため、障害物に接触するおそれがあります

駐車経路内に障害物がある場合

  • 経路前方に障害物がある場合 周囲の安全は運転者が確認してください

    経路前方に障害物がある場合

    運転者がブレーキ操作をしないと停止しないため、障害物に接触するおそれがあります

  • 経路前方に障害物がある場合 周囲の安全は運転者が確認してください

    経路前方に障害物がある場合

    運転者がブレーキ操作をしないと停止しないため、障害物に接触するおそれがあります

  • 経路側方に障害物がある場合 周囲の安全は運転者が確認してください

    経路側方に障害物がある場合

    運転者がブレーキ操作をしないと停止しないため、障害物に接触するおそれがあります

~ スマートパーキングアシストシステム ~

Honda テクノロジー図鑑 スマートパーキングアシストシステム」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。