検索
HondaTechnologyAutomobileVTEC
エンジン百年のジレンマを解決し、常識を覆したVTEC。
コンテンツ1スタート

まずはじめに、

VTECとは何かをご紹介しましょう。


エンジンが生まれて百年、

VTECが登場するまで、

 エンジンは“不器用”でした。

“不器用”とは、

「あちらを立てれば、こちらが立たず」ということ。

VTECが登場するまでのエンジンは

日常の使い勝手を立てると、スポーツ性が立たず、

スポーツ性を立てると、日常の使い勝手が立たず

ジレンマにおちいる状況だったのです。

そのエンジン百年のジレンマを解決

「日常の使い勝手」と「スポーツ性」を両方立たせ

“器用”なエンジンにする技術。それがVTECです。

UP

DOWN
コンテンツ2スタート

“器用”なエンジン、VTECの新発想

エンジンは、「吸気」「圧縮」「燃焼」「排気」を繰り返して動力を生み出します。

VTEC以前のエンジンは、「吸気」「排気」を行うバルブと呼ばれる弁の開きが常に一定でした。


だから、日常よく使う低回転でちょうどよく「吸気」できる

《少なめ》のバルブの開きにすると、

スポーツ走行で多用する高回転でちょうどよく「吸気」できる

《多め》のバルブの開きにできないため、

“不器用”なエンジンだったわけです。

 

そこで、バルブの開きが常に一定という常識を覆し、

VTECエンジンの動作イメージ

低回転で《少なめ》、高回転で《多め》にバルブの開きを切り替え、

両方ともでちょうどよく「吸気」させる。それがVTECの新発想です。

UP

DOWN
コンテンツ3スタート

バルブの開きを《少なめ》と《多め》に切り替える

VTECのメカニズム。

従来の機構とVTECの機構

そのしくみは簡単。

バルブを押し下げるカムとロッカーアームを従来の1種類から2種類にし、バルブの開きを《少なめ》と《多め》に切り替えるのです。

真ん中が切り離されているロッカーアーム

その切り替えは、真ん中が切り離されているロッカーアームの中のピンを油圧で動かして行います。


低回転時は、ピンが引っ込んでいるので、真ん中のロッカーアームが空振りします。

バルブは、両端のカムの小さな突起で押し下げられ、開きが《少なめ》となります。


高回転時は、油圧でピンを動かしてロッカーアームをひとつにつなげます。

するとバルブは、真ん中のカムの大きな突起で押し下げられ、開きが《多め》となるのです。

「油圧でバルブを押し下げるカムの種類を切り替える」

それがVTECのメカニズムです。

つまりVTECは、

エンジン誕生百年の常識を覆す新発想で

「日常の使い勝手」と「スポーツ性」を両立させ、

世界ではじめて“器用”なエンジンをつくり上げた技術です。



最新のHondaのVTECテクノロジーについての広報発表はこちら

1989年、VTECエンジンをはじめて採用した

インテグラXSi/RSi。量産自然吸気エンジン初の

排気量1リッター当り100馬力の高出力と

日常の使い勝手のよさを両立した。

(1.6リッターDOHC VTEC

最高出力160PS/7600rpm[ネット値])



Hondaで最も排気量の大きな3.5リッターの

VTECエンジンを搭載した2004年登場のレジェンド。

300馬力の高出力と日常の使い勝手のよさを両立。



UP

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

〜 VTEC編 〜

Honda テクノロジー図鑑 VTEC編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。
<< *印の項目は必須です >>
Q1
性別

Q2
年齢

Q3
ご職業

Q4
Honda テクノロジー図鑑」への訪問頻度は?

Q5
Honda テクノロジー図鑑」をどこで知りましたか


Q6

Honda テクノロジー図鑑 VTEC編」の感想をお聞かせください。

(a)
満足度

(b)
わかりやすさ

Q7
Q6の(a)で「どちらでもない」「あまり満足しなかった」「まったく満足しなかった」を選択された方におたずねします。その理由を、下記よりお選びください。

Q8
Honda テクノロジー図鑑」についての御意見・ご感想、とりあげてほしいテーマや技術等あればご記入ください。<最大全角250文字>


※ご質問・ご依頼等への対応は行っておりません。
 ご質問・ご意見等でHondaからの回答をご希望の方は「お問い合わせ窓口」へご記入ください。→こちら