engine technologyへ
このコンテンツは、2003年の情報をもとに作成されています。
DOHC i -VTECに独自の直接噴射燃焼テクノロジーを融合。
65:1の超希薄燃焼を実現したHonda初のガソリン直噴エンジン。
line
DOHC i-VTECにHonda独自の
直噴テクノロジーを融合した
次世代型クリーン・スポーツエンジン
2.0L DOHC
i-VTEC I エンジン
「ストリーム アブソルート 2.0L」に
採用されています。
2.0L DOHC i-VTEC I エンジン
直噴エンジンとは・・
筒内直接噴射エンジンのこと。通常は吸気ポート内で燃料を噴射し、空気とガソリンの混合気をシリンダー内に吸い込みます。直噴エンジンは、まず空気だけを吸い込み、圧縮した空気にガソリンを直接噴射して燃焼させるエンジンです。
希薄燃焼を可能にし、低燃費化に貢献します
line

胸をときめかせる爽快な走りと、低燃費・クリーンなど高い環境性能の両立。Hondaは、独創の可変バルブタイミング・リフト機構「VTEC」や、VTECにVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を組み合わせ高知能化した「i-VTEC」システムなど先進のエンジンテクノロジーを投入し、スポーツ性と環境性能の両立に挑戦し続けています。
2003年に、動力性能に優れたDOHC i-VTECエンジンに独自のセンターインジェクションシステムを融合させることで、低燃費、排出ガスのクリーン化と高出力を高次元で両立するHonda初のガソリン直噴エンジン「2.0L DOHC i-VTEC Iエンジン」を開発。進化した次世代型クリーン・スポーツエンジンとして、送り出しました。
新開発のガソリン筒内直接噴射式エンジン「DOHC i-VTEC I」は、VTECエンジンを高知能化し、バルブ休止機構やVTCによる最適なバルブ制御を行なう「i-VTEC」システムと、Honda独自のセンターインジェクション方式による筒内直接噴射システム、ピストン上部に独特の窪みを持つキャビティピストンなどを融合した革新的な直噴エンジン。これらの組み合わせによって、従来の直噴エンジンにおける空燃比※1(空気/燃料の重量比率)およそ40:1を大きく超える65:1の超希薄燃焼を可能とし、スポーティな走りを実現しつつ低燃費を達成しています。※1 EGR含む。
さらに、高精度EGRバルブを用いた燃焼制御と新開発の高性能触媒の採用で、超希薄燃焼直噴エンジンながら「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」をもクリアしています。(ストリーム アブソルート 2.0L)

 
 
 
 
 
2.0L DOHC i-VTEC I エンジン
■2.0L DOHC i-VTEC I
 
 
i-VTEC I エンジン構造説明CG
■i-VTEC I CG
拡大表示
 
キャビティピストン部
■ キャビティピストン部
 
65:1の超希薄燃焼を実現。Honda独自のガソリン直接噴射燃焼テクノロジー。
従来からの直噴エンジンの概念を変えた、次世代型スポーツ・クリーンエンジン「2.0L DOHC i-VTEC I」。その超希薄燃焼を実現する鍵となるのが、Honda独自のセンターインジェクションシステムです。これは、従来のガソリン直噴エンジンにみられるシリンダー斜め上方からの燃料噴射とは異なり、シリンダーの中央にインジェクターを配置し、ピストンに向かって垂直に燃料を噴射するシステム。シリンダー側壁への燃料付着を防ぐと同時に、ピストンの位置に関わらず、つねにピストン上面のキャビティ(窪み形状)に向かって燃料を噴射できるため、噴射タイミングを自在に設定でき、最適化を実現できます。
ピストンの中心部に独自の窪みを持つキャビティピストンは、センターインジェクションの真下に窪みを設定することで、高濃度の混合気をつくり出すことが可能となります。さらにi-VTECならではのVTEC1バルブ休止による強スワール(旋回流)の効果とあいまって、さまざまな運転状況でもシリンダー内に理想的な混合気をつくり出し、これまでの直噴エンジンの空燃比40:1を大きく上回る、65:1の超希薄燃焼を実現しています。
  DOHC i-VTEC Iエンジンに投入した主な技術拡大表示
 
Honda独創の高知能なバルブコントロール技術、「i-VTEC」。
DOHC i-VTEC Iエンジンに投入した主な技術
「VTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)」と、運転状況に応じて吸気バルブタイミングを連続的に最適制御する「VTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)」を融合。高効率吸気や急速燃焼を可能とし、出力・トルク、燃費、クリーン性を高度に両立。これまでの直噴エンジンにはない、走りに歓びを感じる次世代型クリーン・スポーツエンジンを実現しています。
 
2次バランサー機構を採用、優れた静粛性を実現。
2次バランサー
DOHC i-VTEC I エンジンの特性に合わせて専用チューンを施した2次バランサー機構を採用し、エンジンマウントラバーも専用に改良。アイドリングから高速走行時まで、すっきりした乗り心地をもたらし、ハイレベルな静粛性を実現しました。
 

搭載車種ストリーム(2003〜2006)

このコンテンツは、2003年の情報をもとに作成されています。