検索
  chassis technologyへ
このコンテンツは、2000年の情報をもとに作成されています。
「走る楽しさ」と「操る喜び」、スポーツカーのために
開発した世界初のステアリング機構、VGS。
line
line
世界初の車速応動可変
ギアレシオステアリング
VGS

S2000 type Vに
採用しています。

「 S2000 type V ステアリング 」
VGSとは
Variable Gear ratio Steering
(バリアブル・ギアレシオ・
ステアリング)

VGSは、低速走行時から高速走行時まで、車速と舵角に応じてステアリングのギア比を無段階に変化させ、さまざまな運転状況において気持ちにフィットする理想的なハンドリングを実現する世界初の車速応動可変ギアレシオステアリング機構です。ワインディングではハイレスポンスなハンドリングを、高速走行時には安心感のあるハンドリングを提供します。

line
line

もっと一体感あふれる走りを。もっと気持ちにフィットするステアリングレスポンスを。Hondaがより理想的なスポーツハンドリングのために開発した、世界初のステアリング機構、VGS。ステアリングの最大回転量を示すロックトゥロックは、従来のクルマの約半分の1.4回転に設定。ワインディングロードではステアリングをきりはじめた瞬間から、レスポンスよくクルマの向きが変わる極めて応答性に優れたハンドリングを実現しました。そして高速走行時など車速が高い領域では、敏感すぎないスムーズなステアリングギア比となるので、安心感のあるハンドリングとなります。VGSは、リアルスポーツカーの新しい操る喜びを提供する技術です 。

 

 
VGS(車速応動可変ギアレシオステアリング」
車速と舵角に応じてギア比が変化。
フォーミュラカー感覚のハイレスポンスとリニアなフィールを実現。
たとえば低速域においては、舵角の大小にかかわらずクルマはクイックに、高速域においては、小さな舵角では緩やかに、大きな舵角ではクイックに応答。そのため、ドライバーがコーナーをクリアしたいと思うラインを予測しながらステアリングを切ると、ギア比がバリアブルに変化し、クルマはラインをトレースするように俊敏かつ正確に追従します。その一連のモーションが、ドライバーにリニアなフィールを感じさせるのです。
 
 
 
通常のものよりステアリングを切る量が少なく、レスポンスよくクルマの向きが変わるので、ワインディングロードなど連続するコーナーで、よりスポーティで軽快な走りが楽しめます。
 
 
大きな舵角を与えた場合、よりハイレスポンスとなるためコーナリング中の切り増しの操作感が向上。スポーティな走りが楽しめます。
 
 
高速走行時、微少舵角のステアリングレスポンスは通常のステアリングシステムと同様のため高速道路のレーンチェンジやカーブを曲がるときには、安定した操作が可能です。
取り回し性の向上
発進や車庫入れなど、低速時のステアリング操作量を軽減することにより、取り回し性が向上。
  回避性能の向上
大きなステアリング操作をした場合、ハイレスポンスとなるため回避性能が向上。
取り回し性の向上 回避性能の向上
 
 

搭載車種はS2000(2000〜2009)

このコンテンツは、2000年の情報をもとに作成されています。