検索
HondaTechnologyAutomobileSH-AWD
クルマに“2つめの曲がる力”を与えた革新技術SH-AWD。
コンテンツ1スタート

まずはじめに、

SH-AWDとは何かをご紹介しましょう。

クルマが生まれて百年、SH-AWDが登場するまで

クルマは曲がる手法に対して“一途”でした。

 


一途”とは、

ひとつの手法一本槍だったということ。

クルマは、誕生以来百年、

ステアリング操作で曲がっていたのです。

 

 

クルマを前進させる「タイヤが路面を蹴る力」=駆動力

曲がるために活用し、4輪の駆動力を自在にコントロールする

世界で初めての4WD機構。

それがSH-AWD=スーパーハンドリング・オールホイールドライブです。

UP

DOWN
コンテンツ2スタート

駆動力でクルマを曲げるSH-AWDの新発想。

4つのタイヤでクルマを前進させる4WDは、

力強く前進する様子を、4本の足で走る動物にたとえられます。

その動物の走りをよく観察すると、曲がろうとする外側の

後ろ足を内側よりも強く蹴っていることがわかります。

 

SH-AWDは、実は外側の後ろ足を強く蹴って

自在に曲がる動物の走りから発想された

クルマの曲がる性能を飛躍的に高める技術なのです。

 

曲がろうとする外側の後ろのタイヤで

路面を強く蹴って曲がるイメージは、身近な例で

わかりやすくたとえると手漕ぎボートで

外側のオールを強くかいて曲がるのと同じです。

 

UP

DOWN
コンテンツ3スタート

曲がろうとする外側の後輪で

内側より強く路面を蹴るSH-AWDのメカニズム。

SH-AWDは、4輪に与えられる駆動力を

リアの左右にある、一対の電磁クラッチで

自在に制御しています。

 

電磁クラッチのつながりを強くした分、

駆動力がその先にある後輪に“流れる”わけです。

その分、前輪の駆動力が減り、結果として

4輪の駆動力が制御されることになります。

 

曲がるときは、外側になる後輪の電磁クラッチを

より強くつなげばその後輪に多く駆動力が“流れ”

強く路面を蹴ってくれるわけです。

この簡単な原理によって、

前輪70%:後輪30%〜前輪30%:後輪70%、

後輪左右では、左100%:右0%〜左0%:右100%

の範囲で駆動力を自在に配分します。


SH-AWDにより、2つめの曲がる力を与えられたクルマは、

カーブを曲がる性能が飛躍的に高まります。

その性能アップによりドライバーは、従来より楽に、安定して

思い描いたラインを狙い通りに曲がることができます。


SH-AWDは、クルマの走りにともなう

走行中のクルマの安定性を高めて、操る楽しさを飛躍的に向上させる

世界初の四輪駆動力自在制御システムです。

UP

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

〜 SH-AWD編 〜

Honda テクノロジー図鑑 SH-AWD編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。
<< *印の項目は必須です >>
Q1
性別

Q2
年齢

Q3
ご職業

Q4
Honda テクノロジー図鑑」への訪問頻度は?

Q5
Honda テクノロジー図鑑」をどこで知りましたか


Q6

Honda テクノロジー図鑑 SH-AWD編」の感想をお聞かせください。

(a)
満足度

(b)
わかりやすさ

Q7
Q6の(a)で「どちらでもない」「あまり満足しなかった」「まったく満足しなかった」を選択された方におたずねします。その理由を、下記よりお選びください。

Q8
Honda テクノロジー図鑑」についての御意見・ご感想、とりあげてほしいテーマや技術等あればご記入ください。<最大全角250文字>


※ご質問・ご依頼等への対応は行っておりません。
 ご質問・ご意見等でHondaからの回答をご希望の方は「お問い合わせ窓口」へご記入ください。→こちら