検索

Tech ViewsVol. 10: フランジレスタンク&チタンタンク

Vol. 10 フランジレスタンク&チタンタンク

カッコ良さや軽さだけじゃない──。
フランジレスタンクとチタンタンクを
採用したHondaのタンクへの拘り。

HondaはCB1100EX / RSにフランジレスタンクを、
そしてCRF450R、CBR1000RR SP / SP2にチタンタンクを採用した。
そのワケは? 開発に隠された苦労は?
それらのタンクは、ライダーに何をもたらすのだろう?
モーターサイクルジャーナリストの松井 勉さんが、フランジレスタンクとチタンタンクを開発・製造した“Honda製オートバイのマザー工場”である熊本製作所を訪ねた。
そこにはHondaのタンクへの拘りがあった。

  1. フランジレスタンク —— それはカッコいいタンク造りへの拘りと挑戦だった。
    フランジレスタンク — それはカッコいいタンク造りへの拘りと挑戦だった。 なぜフランジレスタンクだったのか?
    そこには、趣味性や質感をあげる計画があった。
    まず、フランジレスタンクとは何だろう。
    そのタンクをCB1100EX / RSに採用するきっかけは? 製作工程は難しいのか?
    色々な疑問を設計、デザイン、生産の各担当者にぶつけてみた。そして製造工程を見せてもらった。
    本文を読む
  1. チタンタンク —— 魅惑の素材をどうやって使いこなしたのか?
    チタンタンク —— 魅惑の素材をどうやって手の内にしたのか? アルミやカーボンに匹敵する軽いチタン素材。
    市販モデルの燃料タンクにチタンを、何故採用したのか?
    チタンと言えば、軽く高性能化に貢献する素材という認識がある。
    だが反面、高価で製造が難しいというイメージだ。
    CRF450R、CBR1000RR SP / SP2にチタンタンクを採用した背景には何があるのか?
    ライダーへのメリットは?
    本文を読む
松井“ベン”勉

松井 勉モータージャーナリスト

1963年東京生まれ。日本のモーターサイクル・ジャーナリスト。
1986年から、インタビュー、試乗インプレッション記事、レース参加リポート、などを雑誌、バイク専門誌に寄稿。ラリー経験も豊富でDAKARラリー、SCORE BAJA1000にも参加している。Africa Twin DCTで、アメリカ西海岸、バハ・カリフォルニア半島もAdventure Touring している。