Enjoy Honda Sports How to Do! Driving Meeting TOP Sportscar web TOP Hondaホームページへ Sportscar web TOP
Spirit of Honda SportsEnjoy Honda SportsLet's try! Sportscar DrivingHow to Do! Driving Meeting
How to Do! TOP123
●3車種一緒だからこそ楽しい! 新生ドライビング・ミーティング Report(前篇) 1/3
これまで各車種ごとに開催していたミーティングが、2004年からS2000・インテグラタイプR・シビックタイプRの3車種のオーナーが集う合同開催となりました。名称も「Hondaドライビング・ミーティング」に。
そこで、新たにスタートしたHondaドライビング・ミーティングの模様をレポートしてきました。取材を行ったのは、5月30日(日)にツインリンクもてぎで開催されたアドバンスド・コースです。
S2000、インテグラタイプR、シビックタイプRが並ぶ新鮮な光景
ミーティングと言えば、それぞれの車種のオーナーがそれぞれの車種のミーティングに集う。そんな“サーキットに集うのは同じ車種”というこれまで見慣れた光景が変わりました。3車種が集って同じコースを走行するシーンは実に新鮮。
新鮮だったのはレポーターだけでなく、参加者も同様だったようです。雰囲気が、これまでより楽しそう。同じ車種の集いだと、見る側にもある種の緊張感が伝わってきましたが、今回は和気あいあい度がグッと高まっていたように感じました。オーナーにお話を伺うと・・
「なんか、いろんな車種がいるから単純に楽しいですね。他の車種をじっくりと見たり、ましてやサーキットの走りを見ることは少ないですから」
「刺激がありますね。同じ車種だとたしかにライン取りとか参考になりますが、他のクルマで違う走りをしているのを見たり、そのオーナーと話したりするといままでにない刺激を受けます」
チーフアドバイザーを務めるプロドライバーの岡田秀樹氏が、南コースの参考として出したタイムが、S2000:52秒55、インテグラタイプR:52秒58、シビックタイプR:51秒96ですからほとんど同じ。フリー走行で混走しても、クルマ的にはまったく問題ないわけです。
NEXT
How to Do! TOP123
フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ