検索

イベント情報

東京スイソミル

News & Topics

もっと見る

人・Honda・暮らしがつながるスマートコミュニティへ

安心・安全・快適・便利・楽しい(Fun)な社会を実現するためには、
電気自動車や燃料電池自動車などの「次世代パーソナルモビリティ」と、地域の電力供給網、
家庭や地域で創り出す「エネルギー」が重要と考えます。
さらには機器をIT技術でつなぎ、
マネジメントしていくことがコミュニティの理想的な未来像であるとし、
Hondaはこのシステムの実現へ向けて日々研究開発を進めています。

まずは再生可能エネルギーの活用を前提とし、
各家庭のスマートエネルギーで「家産家消」を実現しCO2排出を低減する。
これにより社会全体がつながることが、新しいクルマと暮らしのシステム「Honda Smart Community」であると考えます。

スマートコミュニティを実現させるHondaからの提案

Hondaの取り組み

実用化

実証実験

グローバル展開

Hondaの考えるエネルギー社会

水素 電気

水素で「つくる」「つかう」「つながる」

水素による再生可能エネルギーの“地産地消”を可能とし、
クルマを通してエネルギー分散型社会の実現を目指しています。

SHS (スマート水素ステーション) クラリティ FUEL CELL (燃料電池自動車) Power Manager (SeMM+V2H対応 DC普通充電器) Power Exporter 9000 (V2L対応 可搬型外部給電器)

水素エネルギー関連製品についての詳細は、下記コンテンツでご覧いただけます。

Hondaが描く未来の水素エネルギー社会

電気で「つくる」「つかう」「つながる」

地球環境にやさしい再生可能エネルギーをバッテリーに蓄え有効活用することで、
暮らし全体のCO2低減とエネルギー最適化の実現を目指しています。

自然の力を利用して電気をつくる 小型電動モビリティや家電などで電気をつかう 電気を蓄えたモバイルバッテリーでつなげる

スマートコミュニティ関連製品

エネルギー

IT

モビリティ

※上記製品は、法人・自治体向けリース販売、または実証実験中の製品となります。(モンパルを除く)

Honda Smart Communityについて
興味のある
企業の方、自治体の方からの
ご連絡をお待ちしております。

メールで問い合わせる
トップへ戻る

水素をつくる

水素で、新たなエネルギーの時代を創る。

SHS(スマート水素ステーション) パッケージ型水素製造・貯蔵・充填装置

スマート水素ステーションは、Honda独自の高圧水電解システム「Power Creator」により、コンプレッサーを使用せず、再生可能エネルギーなどの電力から、CO2フリーの高圧水素ガス製造・貯蔵・充填を可能にします。

SHS(スマート水素ステーション)

Power Creator(高圧水電解システム) コンプレッサー不要の水素製造システムをSHS内に搭載

閉じる

閉じる

水素をつかう

夢の力で、水素社会を切り拓け。

クラリティ FUEL CELL (燃料電池自動車) 燃料(水素)と発電システムを搭載

水素をガソリンのように燃やすのではなく、静かに化学反応させて発電。発電した電気で電気モーターを動かしてパワフルに、静かに走行。

クラリティ FUEL CELL (燃料電池自動車)

閉じる

閉じる

水素とつながる

モビリティと暮らしをつなぐ。未来へつながる。

Power Manager (SeMM+V2H対応 DC普通充電器) モビリティと家庭をつなぐパワーコンディショナー

家庭や公共施設(学校や公民館など)から電気自動車への充電はもちろん、燃料電池自動車や電気自動車からの電力供給も可能です。

Power Manager (SeMM+V2H対応 DC普通充電器)

閉じる

閉じる

水素とつながる

クルマとつながる。暮らしへひろがる。

Power Exporter 9000 (V2L対応 可搬型外部給電器) モビリティから電気をとりだすインバータ

外部給電機能を備えた車両の電気を、家庭用電源に変換。災害時の非常用電源として、また平常時でも屋外イベントなど様々な場所で活躍します。

CEATEC AWARD 2015 グリーンイノベーション部門グランプリ受賞 米国メディアパネルイノベーションアワードTransportation部門受賞

Power Exporter 9000 (V2L対応 可搬型外部給電器)

閉じる

閉じる

電気とつながる

電気を蓄えたモバイルバッテリーパックでつながる

天候などに左右される再生可能エネルギーを、モバイルバッテリーパックへ電気を蓄えておけば、必要な時に必要な分だけ使うことができます。モバイルバッテリーパックをモビリティに取り付けると、排気ガスを出さない「電動モビリティ」で移動ができます。充電が少なくなれば、充電ステーションで満充電のモバイルバッテリーパックに交換でき、時間の掛かる充電を待つ必要がありません。

モバイルバッテリーパック+クレードル

停電を気にせず、必要なときに
必要な場所で電気が使える

モバイルバッテリーパックをクレードルにセットし、家庭での利用や様々な機器の
電源として使うこともできます。

Power Exporter 9000活用の
外部給電システムコンセプト

複数のモバイルバッテリーパックをPower Exporter 9000と連系させることにより、大容量で高品質な電力の供給を行います。

充放電クレードル

モバイルバッテリーパックと充放電可能なクレードルを組み合わせ、様々な機器の電源として活用を想定しています。

モバイルバッテリーパック

充電ステーション

モバイルバッテリーパックを充電・保管する充電ステーションです。再生可能エネルギーを活用することで、インフラの整っていない地域に設置することも可能です。また、ガスエンジンで発電と給湯が可能な「コージェネレーションシステム」のバッテリーとして組み合わせると、余剰電力を有効に活用できます。

閉じる

閉じる