• Hondaの車検・点検 トップ
  • アフターサービス トップ
  • 車検のお申し込み
  • 車検に必要なもの
  • 車検の作業内容
  • 点検のお申し込み
  • 定期点検項目
  • 車検・定期点検の基礎知識

車検・定期点検の基礎知識

  • 車検とは
  • 車検を受ける時期
  • 車検の種類
  • 法定費用
  • 点検料・検査料
  • 定期点検とは
  • 車検と定期点検の違い

車検とは

車検とは法で義務づけられた定期的な車両検査です。24ヶ月点検項目とクルマの使用状況に基づき、継続してスムーズな走行が可能であるか、環境基準をクリアしているか、アクセサリー類は保安基準に適合しているかなど、厳しくチェックされます。

※車検はあくまでもその時点でのクルマの状態を検査するもので、合格したからといって、次回車検までの安心な走行が保証されるものではありません。

車検を受ける時期

車検は一定期間ごとに受けなくてはなりません。自家用乗用車の新車の場合は、まず購入後3年目に、それ以降は2年ごとに車検を受け、
自動車検査証(車検証)を交付してもらいます。車検を受けられるのは、車検満了日の1ヶ月前からです。

※車検満了日の1ヶ月前に車検を受けても、次の車検が1ヶ月短くなることはありません。
※軽貨物車の場合は、購入後2年目と、それ以降は2年ごとに車検を受けます。

車検の種類

ディーラー車検

ディーラー内に設けられた国の認証または指定を受けた整備事業場で行う車検のことです。お客様からの依頼を受け、点検の結果必要な整備を実施し、安全面、公害防止面を十分に確認した上で車検を行います。法定24ヶ月点検・整備を車検と併せて行うため、車検だけでは気づかない故障なども直すことができます。

ディーラー車検

ユーザー車検

車の所有者が車両を直接、国の検査場(陸運局)または支局に持ち込み車検を受ける方法です。自分で車を点検・整備し※、車検場に持っていく手間がかかるため、時間のある人に向いています。

※法定24ヶ月点検は車検の前後どちらかに行わなければなりません。

ユーザー車検

代行車検

車の所有者に代わって代行業者が国の検査場に持ち込み車検を受ける方法です。
代行業者は整備事業者ではありませんので一般的に整備は行われないため、法定24ヶ月点検は自分で行う必要があります。

代行車検

ユーザー車検/代行車検の注意点

・ユーザー本人、または、代行業者にある程度の知識が必要となります。

・ユーザー車検の場合、陸運局での受付や手続きが通常平日の夕方までとなるため、注意が必要です。

・定期的に点検整備を行っていないと、車検に合格したといっても、その直後に トラブルが発生するケースもあります。「故障した後での整備」 で費用がかかる場合がありますので、注意が必要です。

・車検に失格してしまうと、整備してから再検査に持ち込まなくてはならないため、手間が余計にかかってしまう場合があります。

法定費用

自賠責保険料(自動車損害賠償責任保険料)

一般的に強制保険と呼ばれている保険料です。
公道を走る全ての自動車に加入が義務づけられています。

※乗用車(自家用)、軽自動車(自家用)の例です。

※沖縄県、離島など一部地域については右記保険料例と異なります。

保険料例
軽自動車
(自家用)
15,600円(12か月契約)
16,500円(13か月契約)
26,370円(24か月契約)
27,240円(25か月契約)
36,920円(36か月契約)
37,780円(37か月契約)
乗用車
(自家用)
16,350円(12か月契約)
17,310円(13か月契約)
27,840円(24か月契約)
28,780円(25か月契約)
39,120円(36か月契約)
40,040円(37か月契約)

(平成26年4月改訂)

自動車重量税

クルマの車種・重量に応じて課税される国税です。車検の有効期間年数分を先払いすることになっています。

※車種により右記税額と異なる場合があります。

※適用車種に関しましてはHonda販売店にお問い合わせください。

自動車重量税額 (2年分の場合)
区分 平成27年度
燃費基準
+5%達成車
平成27年度
燃費基準
+5%未達成車
13年経過車 18年経過車
乗用車
(自家用)
車両重量
0.5tごとに
5,000円
車両重量
0.5tごとに
8,200円
車両重量
0.5tごとに
11,400円
車両重量
0.5tごとに
12,600円
軽自動車
(自家用)
1台につき
5,000円
1台につき
6,600円
1台につき
8,200円
1台につき
8,800円

※適用期間は平成29年4月30日までの継続検査時となります。
(平成28年4月改訂)

印紙代(自動車検査登録印紙代)

検査を受け、自動車検査証の交付(検査登録)を受けるため、国へ納める手続料です。

自動車検査登録印紙代
工場区分 小型 小型以外
認証工場 1,700円 1,800円
指定工場 1,100円

点検料・検査料

24ヶ月点検基本料金

クルマの基本性能や環境保全に関する状態をチェックするため、法定点検として義務づけられている項目の点検を行う料金です。車検ごとの24ヶ月点検時に必要となります。

継続検査料

安全性や環境保全の観点から、クルマが国の定める保安基準に適合しているかを検査するための料金です。

検査代行手数料

お客様に代わって陸運支局(車検場)などに出向き、車検証更新手続きを行うための料金です。

定期点検とは

正式には「定期点検整備」といい、自動車の故障を未然に防ぎ、その性能維持を図るために行う予防点検です。自動車の使用者は、定められた期間ごとにこの定期点検整備(12ヶ月点検・24ヶ月点検)を行うことが義務づけられています。点検整備は法令上使用者が行うものとなっていますが、12ヶ月点検と24ヶ月点検の点検項目には整備のプロではないと難しい分解整備作業が必要となるので、一般的にディーラーなどの認証整備工場や指定整備工場に委託することになります。

車検と定期点検の違い

車検は基本的に、外観や安全面、公害対策面などが保安基準に適合しているかどうかをチェックするものです。あくまで保安基準に適合しているかを確認する検査であって、整備や劣化した部品の交換を目的とするものではありません。
一方、法令により定められている定期点検は、自動車の各部の損耗や劣化の状況などをチェックし、必要な予防的整備を行うことにより、その後の車の保安基準適合性(安全性)を確保するために行うものです。いつも安心してクルマに乗るためには、どちらも欠かすことはできません。

お近くのHondaのお店を検索する

より快適なカーライフと、
クルマのコンディション維持のために、
車検・点検はHondaのお店におまかせください。