検索
HONDAロゴ
menu

埼玉製作所の取り組みについて

環境保全活動

基本理念

地球環境保全を最重要課題とする社会の責任ある一員として、Hondaはすべての企業活動を通じて、人の健康の維持と地球環境の保全に積極的に寄与し、その行動において先進性を維持することを目標として、その達成に努めます。

環境マネジメントシステム

ISO14001

環境マネジメントシステム

Honda環境宣言のもと環境保全活動を推進するとともに1998年1月22日にISO14001 を認証取得し、環境負荷低減活動の向上につなげています。

副産物の分別リサイクル

分別回収とリサイクル

分別回収
リサイクル

資源の有効活用を目的に2000年には廃棄物の埋立ゼロ化を達成。2002年より副産物の分別回収の精度向上を目指し、回収BOXを設置しました。そして、さらなる分別精度向上を図るため、2005年から各部門の事務所や厚生施設にも分別ゴミ箱を設置し、リサイクルの効率アップを図っています。

排水処理システム

排水処理装置

排水処理装置

工業排水の集中管理と適切な処理を目的に、1984年に総合排水処理場を設置し、排水の浄化を行っています。
また排水の水質は、下水道法の基準値より40%低減させた管理をしています。

地域との共生活動

狭山市環境フェアに出展

狭山市環境フェアに出展

狭山市の主催にて、地域の皆様に環境への関心と理解を深めることを目的とした「狭山市環境フェア」に2012年から出展しています。
環境保全活動の紹介、電気自動車、ダンボールアシモの展示などを行い多くの方が関心を寄せられています。

ふるさとの森づくり

ふるさとの森づくり

「ふるさとの樹による、ふるさとの森づくり」を合言葉に、1976年6月に従業員ひとりひとりが植林しました。今では野鳥の憩いの場になっています。

新エネルギーシステム

コージェネレーション発電システム

コージェネレーション発電システム

エネルギーの効率的利用とCO2低減目的の都市ガスを燃料としたガスタービン発電機です。また廃熱を熱交換し蒸気として利用しています(2000年〜2002年の間に2基、設置しました)。
※省エネとして原油換算5000KL削減できます。

ソーラー発電システム

ソーラー発電システム

Hondaソルテック製のソーラー発電システムを2010年に設置し、自然エネルギーを有効活用しています。 (最大出力54kw)