安全運転のポイント「クルマ編」 苦手をなくす
縦列駐車
ハンドルを切る位置、移動目標をつかんでおくと、縦列駐車はラクになります。
縦列駐車も、慣れないうちはハンドル操作とバックを別々に行いましょう。簡単に正確に車を思い通りの場所に入れることができます。
全長の1.5倍が、縦列駐車に必要なスペースの目安です。

イラスト

縦列駐車の仕方 縦列駐車の一連の動作をFLASHムービーにてご覧になれます。”START”ボタンを押してください。

イラスト1
1 車を止める
横に約1m間隔をあけ、隣の車よりやや前に止まる。
  イラスト2
2 まっすぐバック
後方の安全確認をしながら、まっすぐバック。
後ろのバンパーが隣の車と同じ位置になったら止まる(同サイズの車なら、自分の車の運転席が、隣の車の運転席と同じ位置に)。

3 ハンドルを切って、目標位置までバック
止まったまま、ハンドルを左いっぱいに切る。
バックし、右側ボディがA点の延長線上にきたら止まる。
  イラスト2
4 タイヤがまっすぐになるようにハンドルを戻してバック
止まったまま、タイヤがまっすぐになるようにハンドルを戻す。
ゆっくりとまっすぐバックし、右の後輪が白線にきたあたりで止まる(直接目で見るか、右のバックミラーを下げて位置確認)。
左前のバンパーの位置と、前車の間隔をチェック。

5 左に車を寄せる
ハンドルを右いっぱいに切って、後ろの車の前面に向けてゆっくりとバック。
路肩と車体が平行になる前に、タイヤがまっすぐになるようにハンドルを戻して、後ろの車にぶつからない位置で、路肩と平行に止める。
後続車の動きに注意して、落ちついて操作しましょう。
縦列駐車をするのは車が流れている町中の道路。後続の車が気になったり、あせったりしがちです。落ちついて操作しましょう。
ハンドル操作は止まったままで
縦列駐車も、慣れないうちはハンドル操作とバックを別々にするのがポイント。この方法では、止まる位置(ハンドル操作する位置)は3カ所。ハンドル操作は、左右いっぱいに切るか、まっすぐにするかの3通りで、微妙な操作は不要。止まる位置と次の移動目標を覚えておけば、確実に車を駐車スペースに入れられます。
バックで曲がるときの「外輪差」を知っておきましょう。
バックするときはどうしても、後方に気をとられがちです。曲がりながらバックをしていたら、車の前の部分をこすってしまった、ということはありませんか?バックで曲がるときに注意したいのが「外輪差」です。前輪は後輪が通るラインよりも外側を通ることをイメージしながらハンドル操作をしましょう。さらにバンパーはその外側を通ります。参考までに、曲がりながら前進するとき注意したいのは「内輪差」。左折するとき、左前方に気をとられていると、左横のボディを電柱などにこすることになります。

Hondaでは初心者を対象としたカリキュラムを、全国6箇所のHondaドライビング・スクールで開催しています
  Hondaドライビング・スクール スクール概要