安全運転のポイント「クルマ編」
運転姿勢
  安全ドライブの基本は正しい運転姿勢です。
運転に必要な操作を無理なく、確実にできる姿勢、それが正しい運転姿勢です。
疲れにくく、とっさのときにも的確なハンドル操作やブレーキ操作ができる運転姿勢をとることが安全につながります。

  正しい運転姿勢のとり方 1
シートに深く座り、腰と背中をシートにぴったりつけ隙間をあけない。

2
ブレーキペダルを右足で(マニュアル車はクラッチペダルを左足で)いっぱいに踏み込んだとき、膝がのびきらず、少し余裕がある位置にシートを前後させて合わせる。フットレスト※がある場合は、左足をフットレストに置き体を安定させる。

※フットレスト:オートマチック車はブレーキペダルの左側、マニュアル車はクラッチペダルの左側にある足を載せる台


3 背中
背中をシートにつけたまま両手でハンドル上部を握り、ひじに少し余裕ができる角度にシートバックを合わせる。チルト機構がある場合は、ハンドルの高さも調整する。シート高さ調節機構がある場合には、シートの高さを調節する。

4
調節機構つきの場合は、耳の中心とヘッドレストの中心の高さが合うようにする。

5 シートベルト
シートベルトのページ参照

イラスト
  【その他の注意事項】
・シートバック(背もたれ)は必要以上に倒さないでください
・運転者は正しい運転姿勢がとれる範囲でシートを後ろに下げてください
・助手席同乗者には、インストルメントパネル※に近づきすぎないよう、シートを後ろに下げさせてください
※インストルメントパネル:メーターやスイッチ類を配置した計器盤。

運転姿勢は、腰、足、背中の順にきめてください
シートと腰、足、背中をうまく調和させるのが正しい運転姿勢のポイントです。イラストのように、腰、足、背中の順できめていきます。
ヘッドレストの調節もあわせて行います。
ミラーをきちんと合わせる、これも運転の大切な基本
イラスト 正しい運転姿勢でシートに座り、シートベルトを着用してからミラーの調節を行いましょう。ルームミラーはリアウインドウがミラーの中央にくるように調整すると、後続車の位置が確認しやすくなります。ドアミラーは左右後方の道路が映り、そこに自分のクルマの一部が映り込むように調整すると、後続車との距離感がつかみやすくなります。
ミラーに映らない死角をチェックしておくこと
イラスト 車にはミラーを使っても見えない「死角」があります。車の真横や左右のすぐ後ろを走る車やバイクはミラーには映りません。進路変更や右左折をするときは、ミラーだけでなく、直接目で見る確認を忘れずに。

正しい運転姿勢のメリットは、操作のしやすさだけではありません。
イラスト 運転の初心者に多いのが、ハンドルにしがみつくタイプ。背中とシートに隙間があくので体が固定されず、不安定な 姿勢になります。また、SRSエアバッグに近すぎるので、作動した際に強い衝撃を受けるおそれもあります。
逆に寝そべり型の姿勢も問題です。腕がのびきった状態では的確なハンドル操作をしにくく、また、衝突のときにシートベルトの下に滑り込んでしまい、重大な傷害を受けるおそれもあります。
正しい運転姿勢は疲れにくく、もしものときに、SRSエアバッグやシートベルトの効果を十分に発揮させることができます。

Hondaでは初心者を対象としたカリキュラムを、全国6箇所のHondaドライビング・スクールで開催しています
  Hondaドライビング・スクール スクール概要