トラフィック・バリアフリー
安全啓発小冊子「トラフィックシリーズ」
トラフィック・バリアフリー

知ろう・実行しよう・輪を広げよう

ドライバー、ライダー、歩行者、自転車など、すべての人々が バリア(障壁)のない安全快適な交通社会を望み、実現していこうと すること、それをHondaはトラフィック・バリアフリーと呼びます。


監修:徳田克己
(筑波大学助教授・障害理解研究会代表)

CONTENTS

はじめに

【1】 道を歩く「視覚に障害のある人と駐車車両」
    「停まっている車によくぶつかってしまう」ということ

【2】 車いすで歩く「車いす歩行者と交通」
    「見えますか?人ごみの中や見通しの悪い交差点の車いす歩行者を」

【3】 車に乗る「身障者と駐車場」
    「身障者用駐車スペース」の幅が広い理由(わけ)

街でみかけたら…「できることの第一歩」
トラフィック・バリアフリー トラフィック・パートナー トラフィック・シニア トラフィック・マナー トラフィック・コミュニケーション トラフィック・タウン トラフィック・サイクル