中・高校生の皆さまとご両親へ 実際に起きた事故事例から学ぶ自転車利用のルール

交通社会の一員として、責任ある乗り方が必要

自転車は手軽に使えるとても便利な交通手段。通学や友達との遊び、習い事などに、自転車を利用する機会も多くあることでしょう。でも、中高生の自転車での交通事故が多いのも事実。ちょっとした不注意で加害者や被害者になる可能性があります。ここでは、実際の事故事例をもとに自転車に乗る際に知っておきたい交通ルールを紹介しています。交通社会の一員として、日頃の自分の乗り方を見直すきっかけにしていただければと思います。

知っておきたい交通安全のお話

事故事例から学ぶ、自転車の危険走行

チェック!指導者の皆さまへ 中学生・高校生への自転車教育指導マニュアル

関連リンク

トラフィック・サイクル   自転車は車両だって知ってましたか?

詳しくはこちら 詳しくはこちら モノクロ出力はこちら 中学・高校生年代に多い自転車の交通事故 自転車は車両?それとも歩行者? 自転車が加害者となり、多額の賠償金を支払うことも! 自転車のルール、理解していますか?