Hondaの考える交通安全とは Safety for Everyone すべての人の安全をめざして 交通安全への取り組み

Hondaは、クルマやバイクに乗っている人だけでなく、
道を使うだれもが安全でいられる「事故に遭わない社会」をつくりたい。
その実現に向け、安全の知識や運転技術をたくさんの「ヒト」に伝えること、
安全に関わる「テクノロジー」の開発、さらには安全情報を伝えあう
「コミュニケーション」を推進する活動に力を尽くしていきます。

その「ヒト」の領域において、人に焦点を当てた「人から人への手渡しの安全」と
危険を安全に体験する「参加体験型の実践教育」を基本として
活動の三本柱、人づくり・場づくり・ソフトウェアの開発に積極的に取り組んでいます。

  • 人づくり

    交通安全を伝える
    指導者を養成しています。

  • 場づくり

    交通安全を考え、学ぶための
    「場」と「機会」を提供しています。

  • ソフトウェアの開発

    学習効果を高めるための
    「教育プログラムや教育機器」を
    開発しています。

1970年に運転者教育からスタートした私たちの活動は現在、
運転者だけでなく子どもから高齢者まで、交通社会に参加するすべての人を対象とした活動へと拡がっています。
今後も交通社会の変化やお客様の幅広いニーズをふまえ、さまざまな立場の交通参加者に対して
実践的な活動となるよう、内容の充実、強化に努めてまいります。

ヒト/テクノロジー/コミュニケーション 事故(遭わない/遭わせない/無くしたい)


Honda サステナビリティレポート