リキさんのレーシング日本史
マイ・ワンダフル・サーキット
浅間から鈴鹿、そして世界のHondaへ
プロフィール

Hondaは、1959年のマン挑戦をもって世界のバイクレースに進出し次々と金字塔を打ち立てた。しかしマン島以前に、その源流となる闘いの場があった。1955年、群馬県北軽井沢の「浅間」を起点に、日本のロードレースの歴史がスタートする。

日本のレースは、後に映画化される名著『汚れた英雄』の舞台となるそのダートコースから始まり、鈴鹿サーキットに受け継がれて育っていく。浅間は、Hondaのモータースポーツを語る上で欠くことのできない存在なのだ。

日本のモータースポーツの黎明期を、その成長と共に生きた大久保力さんにお話を伺いながら、浅間から鈴鹿、そして世界に進出してゆくHondaの時代を振り返る。


photo by Heiji Mizunuma

<1> 戦前のレース状況から、アサマまで
第1回 人間って、すごいものを創りだしたな!
第2回 リキ少年、脱・自転車を果たす
第3回 リキ少年、“クラブ活動”を開始する
第4回 《浅間以前》の日本のレース
第5回 富士登山から浅間へ
第6回 サンパウロからマン島へ
第7回 浅間高原レース
第8回 浅間ふたたび---ついに、浅間にコースができた
第9回 新設パーマネント・コースのナゾ
第10回 集結した観客、何と6万5000人
<2> アサマ以後の流浪の時代
第11回 第3回の浅間レースはどうなる?
第12回 モーターサイクル・クラブの全国的な「連盟」が誕生
第13回 豪雨の浅間、クラブマンの奮戦!
第14回 激動の1958〜1959年
第15回 いよいよマン島へ
第16回 そして“最後のアサマ”へ
第17回 最後のアサマを飾った人々
第18回 アサマのレースは、日本のバイクを変えた!
<3> 鈴鹿という巨大なステージの登場
第19回 清原飛行場 〜 幻の舗装路レース
第20回 ジェフ・デュークがやってきた!
第21回 これは“完全舗装”じゃない!
第22回 「え? 米軍基地が使える?!」
第23回 Hondaの逆襲始まる
第24回 Hondaが《世界》から還ってきた!
第25回 《世界》の技術を「雁ノ巣」に持ち込む!
第26回 レーシング・マシンとレーシング・ライダーの誕生
第27回 クラブマン・レースの時代とは
第28回 動きが遅すぎる、……なら俺がつくる!
第29回 Hondaからの贈りもの――鈴鹿サーキット
―ロードレース創世記の項・完―
マイ・ワンダフル・サーキット 第2章『鈴鹿から世界へ』は、
こちらでご覧いただけます。