検索

Me and Honda 卒業おめでとう。

鹿児島県の離島にある種子島高校。電車がなく、
バスも少ないこの離島の高校では、
家の遠い生徒は、毎日原付バイクで通学しています。

その中でも多くの生徒が乗っているのがスーパーカブ。
親から子へ、卒業生から兄弟や後輩へ。
そうして受け継がれるうちに、
やがて学校の駐輪場は古いカブ、新しいカブ、
思い思いのカブでいっぱいになっていったといいます。

カブが好きな理由をたずねてみました。
「長くて急な坂道をのぼっても平気なところ」
「海風にも強くて頑丈なところ」
「お父さんが乗っていたカブだから」

2018年3月。そんなカブ乗りの高校生たちの卒業式の日。
3年間カブを愛してくれてありがとうの気持ちを込めて、
卒業のお祝いとエールを綴った新聞を届けました。

カブで通学する。
3年間の、カブとの時間。
ちょっと大変で、少しだけ孤独な時間。
少しだけ孤独だけど、自由で、風のようなその時間が、
種子島高校生活の素晴らしい思い出になりますように。

卒業おめでとう。

新聞をうれしそうに眺める笑顔。
これからもずっと、その笑顔が続いていきますように。
もう一度。卒業おめでとう!
みんなのカブも、また次のだれかに
受け継がれていくのでしょうか。

2018年は、スーパーカブ生誕60周年。
2017年には世界生産累計台数1億台を達成しました。
Me and Hondaでは、これからも世界中のカブライダーにありがとうを込めて、
カブにまつわるさまざまなストーリーをお届けしていきます。