絶景も楽しめる!
標高1,650mにある穴場キャンプ場

更新日:2016.09.30

サイコーに気持ちいい穴場キャンプ場の写真サイコーに気持ちいい穴場キャンプ場の写真
こいしゆうか
今回は、年間利用者約600人という、
超穴場キャンプ場へ行ってきました!

みなさん、こんにちは!
こいしゆうかです。
今回から始まりました本企画では、ワタクシこいしゆうかが、おすすめのキャンプ場や、こいし流のキャンプの楽しみ方などをご紹介していきます。実際にキャンプ場でキャンプをして、おすすめのポイントをレポートしていきますので、どうぞお楽しみに!

さて第1回目となる今回は、長野県にある「宮田高原キャンプ場」に行ってきました。このキャンプ場は、なんと標高が1,650m!
天気がよければ場内の展望台から、南アルプス、中央アルプスが一望できる絶景が魅力です。
しかも、こんな絶好のロケーションなのに、年間利用者は約600人しかいない(2016年9月時点)という、まさに知る人ぞ知る穴場キャンプ場なんです。

ちなみに、標高1,650mといっても、クルマで登れますのでご安心を。

今回は、おともだちでフードスタイリストの「ひなちゃん」と一緒に行ってきました。
雑誌やテレビでのフードスタイリングや、自分で料理教室を開催したりしています。

究極の癒しの散歩道!?
それは行くしかない!

道中の寄り道もキャンプの醍醐味のひとつ、というキャンパーは多いです。
かくいうワタシもそのうちのひとり。だってキャンプ場までの道中って、はじめて立ち寄る場所も多くて、新しい発見がいっぱい!
寄り道して見たもの、食べたものって、結構印象に残っていたりするんですよね。
クルマから見えたところへフラ~っと立ち寄ってみるのも楽しいですが、今回はせっかくなので、役場の方に「宮田高原キャンプ場」周辺の魅力を聞いてみました。

宮田村役場の方に、このエリアの魅力を聞いてみました

宮田村役場の保科さんのイメージイラスト
こいしさんのセリフ

宮田高原キャンプ場に行く前におすすめな場所ってありますか?

役場の方ののセリフ

黒川清流のこもれ陽の径、ですかね。究極の癒しの散歩道です。

究極の癒し!?

こいしさんのセリフ

いやされたーい!
行きます!

役場の方ののセリフ

あと、やはり水がおいしいので、宮田村の大豆で作ったお豆腐屋さん、宮田とうふ工房さんにぜひ立ち寄ってみてください。おからを使ったヘルシーなスイーツが人気です。

こいしさんのセリフ

豆腐!おから!ヘルシー!
もう好きな響きしかない。行きます。

その枝豆は
わたしも育ててます。

宮田村村長さんのイメージイラスト
こいしさんのセリフ

村長!!(ひ~)

村長のセリフ

これからキャンプ場行くの?

7月はレンゲツツジでいっぱいになるんだけども、残念だったねぇ。

7月の風景

レンゲツツジの写真
こいしさんのセリフ

いえ、また来るので!!
来年。

村長のセリフ

あ、でもこの時期(8月)は、アサギマダラっていう蝶がいるかもしれないから、よく見ておくといいよ。

アサギマダラ

アサギマダラの写真

日本から南西諸島・台湾まで移動する大型の蝶。宮田村は旅のルートとなっているそうです。

村長のセリフ

キャンプ楽しんでね。

こいしさんのセリフ

御意!!
行ってきまーす!

早速、先ほど紹介してもらった、究極の癒しの散歩道こと「こもれ陽の径」へ。

こもれ陽の径の写真

平坦な散歩道にはウッドチップが敷きつめられていて、こもれ日を浴びながら、せせらぎをBGMにしつつのんびり歩くことができます。

こもれ陽の径で癒されるイラスト

そしてそして、気になっていたおとうふ屋さんへ!!

おとうふ屋さんの写真

噂のおからスイーツ発見!

おからスイーツの写真

おいしそう!

おからスイーツを楽しむ写真

おから塩ドーナツをいただきます!!

何これ~幸せすぎる~ぬを!ふわふわもちもち!!うまっ

宮田とうふ工房から徒歩3分でスーパー(ニシザワ宮田食彩館)もあるので、買い出しついでに、ぜひ立ち寄ってみてください。

まるで天上の国!
管理人さんに声をかけたら穴場の場所を
案内してくれました

車で移動している写真

キャンプ場に到着!

キャンプ場全景

キャンプ場全景の写真

残念ながらあまりお天気はよくないけれども、さすが街から離れているだけあってとても静か。
自然の音しか聞こえません。
標高が高いから、地上よりもずっと風も涼しくすごしやすい。

サイトの写真

トイレはサイトのすぐ近くにあり(ちなみに和式です)。
シャワー室も完備しており、5分200円で利用できます。

水場

水場の写真

水場も広く清潔です。
この日は村のこどもたちが何かを作っていました。

テントサイト

テントサイトの写真

今回は、一般のテントサイトより奥にある、高台の景観が良い場所を案内してもらいました。
普段はゲートが閉まっていて入れないのですが、管理人さんに声をかければこの場所を貸してくれるそうです。とにかく大自然を満喫したい!という方におすすめです。
※ただし、トイレと水場が遠いので要注意。

見渡すかぎりの大自然の写真

この穴場のサイトは高台にあるため、360°見渡す限りの大自然。
管理棟などの建物も目に入りません。
この日は雲が多かったこともあり、まるで天上の国に来たみたい!

キャンプ場内にハイキングルート
異国風なポイント発見!!

早速、友人のひなちゃんとキャンプ場内のハイキングルートを散策。

いろんなコースがある中から、視界の開けたコースで展望台へ向かうことに。

その道中…

ここ、風がきもちいいわ。。。自分に酔ってるイラスト

なんだか異国風な場所を発見。

異国風な場所の写真

しかもこっちはブランコが付いていました!

ブランコの写真

もちろん、

ブランコで遊ぶ写真

童心にかえって遊ぶひなちゃん。

そして、

この木に素敵すぎるんで名前をつけましょう!!わーこの子可愛いけどアホだー
うーん、エドワードとルーシー?素敵!!

命名「エドワードとルーシーの木」

素敵すぎるこの場所、「宮田高原キャンプ場」を訪れた際は、絶対に足を運んで欲しいです!

展望台に到着!
目の前に広がった景色は…

展望台からの風景

残念…。

せっかくここまで読んでいただいたのに、これでは申し訳がないので、役場の方から写真をいただきました。

天気がよければ見えるはずだった景色

天気がいい日の展望台からの写真その1
天気がいい日の展望台からの写真その2

うわーん!!

この絶景を見るために、絶対リベンジしてやるぞうーーー!!

おまけ

標高1650m付近の山に向かってこぐ、天井のブランコがあります。朝一に試してみました。最高!!※寝起き五分のブランコ

空を飛んでいるような気分になりました。

本日のキャンプ飯

役場の方に地ビールをいただいたので、フードスタイリストのひなちゃんが、ささっとおつまみを作ってくれました。
とっても美味しかったので、みなさんもぜひ試してみてください!

ジャガイモのカリカリガレット

千切りにしたジャガイモにコンビーフを混ぜ合わせ、チーズを加えて焼くだけの簡単料理。チーズのかりっとした食感とジャガイモのほくほく感が絶品で、おつまみにも最適です!

この料理のレシピを見る

道中で購入していたドナルドソントラウトをお刺身にして、一緒にいただきました。

今回ご紹介したキャンプ場

宮田高原キャンプ場
〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村宮田高原
TEL:0265-85-2683
http://kankou.vill.miyada.nagano.jp/

※雪による道路規制の関係で冬季休業の時期があります。
営業期間の詳細は、キャンプ場のホームページ等でご確認ください。

宮田村役場産業振興推進室
0265-85-5864(平日8:30~17:15)

※このコンテンツは、2016年9月の情報をもとに作成しております。