キャンプ道具の上手な積み方
ヴェゼル

ヴェゼルでキャンプをするイメージ写真ヴェゼルでキャンプをするイメージ写真

タイプ:HIBRID Z・Honda SENSING 
ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール

※メーカーオプション装着車

※当ページで積載しているキャンプ道具は、親子4人(大人2人と小学校のお子さま2人)で1泊2日の屋外キャンプへ行くことを想定した一例です。
あくまでも参考としてください。

デッドスペースになりがちな空間も、かしこく活用!フォルムからは想像できないほどの
大きな荷室で、機能的な積載が可能!

車でキャンプをするイメージ図 車の荷台に積み込んだキャンプ道具一式の写真 実際に荷物を乗せた写真 荷室高830mm 荷室幅(最大)1180mm 荷室長800mm※数値はHonda測定値 荷室高830mm 荷室幅(最大)1180mm 荷室長800mm※数値はHonda測定値

積んだキャンプ道具の一覧を見る

積んだキャンプ道具一覧

親子四人親子四人
車に積んだキャンプ道具一式の写真
  1. テントテント
  2. タープタープ
  3. ポールポール×6
  1. クーラークーラー
  2. LEDランタンLEDランタン
  3. キッチン用テーブルキッチン用テーブル
  1. 焚火スタンド焚火スタンド
  2. ラックラック
  3. テーブルテーブル
  1. テント内用テーブルテント内用テーブル
  2. チェア×4チェア×4
  3. トライポッドトライポッド
  1. 焚火台焚火台
  2. テント内照明テント内照明
  3. オイルランタンオイルランタン
  1. ガスランタンガスランタン
  2. ケトルケトル
  3. 調理器具調理器具
  1. バーナーバーナー
  2. 食器/バケツ食器/バケツ
  3. ウォータータンクウォータータンク
  1. クッカークッカー
  2. コンテナコンテナ
  3. ゴミ箱×3ゴミ箱×3
  1. マット×4マット×4
  2. 枕×2枕×2
  3. 大人用の寝袋×2大人用の寝袋×2
  1. 子ども用の寝袋×2子ども用の寝袋×2
  2. ブランケットブランケット

閉じる

キャンプ道具の上手な積み方

はじめての方は、ココからチェック!どのクルマでも使える積み方の基本テクニック

STEP.1長くて重い荷物を積み込もう!

長くて重い荷物を積み込もう!

後席背面の斜めになったスペースに、まずは長くてバラけやすいポールを積み、続いてその手前にテントを積む。こうすることで斜めのスペースの隙間を埋め、かつポールがバラけるのを防ぐことができる。

ワンポイントアドバイス

汚れの防止にマットやシートを敷こう!

キャンプ道具は、土などで意外と汚れるもの。クルマの掃除を少しでも楽にするために、汚れ防止のマットやシートを先に敷いておこう。

STEP.2床面のスペースを平らに埋めよう!

床面のスペースを平らに埋めよう!

SUVやワゴンタイプの広い荷室では、テーブルやラックなど、平べったく頑丈なものは平行に置き、スペースを平らに埋めることを意識しよう。平面のエリアを多く保つほど、上のスペースを有効に使うこと ができ、他の荷物が積みやすくなる。ラックのように少しグラつくものも、下にラグなどをかませることで、平行を保つことができる。

ワンポイントアドバイス

デッドスペースも有効活用!

ホイールハウスの出っ張り部分には、シュラフを緩衝材代わりに包むように配置しよう。手前にランタンを置いても、壊れやすいガラス面をカバーすることができる。

STEP.3クーラーは最後に入れよう!

クーラーは最後に入れよう!

テーブルなどの長い荷物を奥のテントの上に積み、コンテナは平面のスペースに載せる。あとは空いたスペースに残りの荷物を積んでいこう。クーラーは、蓋の上に荷物を置かず、常に取り出しやすい位置に置くのがベスト。キャンプ場までの道中で買い出しした食材や飲料も、すぐにクーラーに入れることができる。

ワンポイントアドバイス

その後の行動を考えた上で配置を決めよう!

同じ種類の荷物は、なるべくまとめて置いておこう。数が一目瞭然になり、忘れ物を減らせる。またチェアなどは取り出しやすい位置に置いておけば、キャンプ場に着いたらすぐに広げて座ることができ便利。

積んだキャンプ道具で
こんなキャンプサイトが完成しました!

  • ※安全のため、走行の際は後方視界をしっかり確保してください。
  • ※荷物は、必要に応じてラゲッジベルトなどでしっかり固定してください。
  • ※シートアレンジの各操作は、異物を挟んでいないか確認の上、無理に力をかけずに確実に行ってください。
  • ※各キャンプ道具は撮影のため用意したもので、形状等により積める量が異なる場合もあります。あくまで参考としてください。
  • ※当コンテンツ内にて掲載されているクルマのタイプ・ボディカラーが販売されていない場合がございます。
    詳しくはそれぞれの車種サイトでご確認いただくか、販売会社にお問い合わせください。
  • ※このコンテンツは、2016年10月に撮影を行ったものです。